東京~長野間が1,000円台! 格安でも快適な昌栄交通「どっとこむライナー」の高速バス旅に大満足! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

東京~長野間が1,000円台! 格安でも快適な昌栄交通「どっとこむライナー」の高速バス旅に大満足!

アームレストは上げ下げ可能
アームレストは上げ下げ可能

7 / 29

< >
鍛冶橋駐車場に停車した「どっとこむライナー」
午前9時に鍛冶橋駐車場を出発
コックピットもかっこいい
運転手さんの帽子には昌栄交通のエンブレム
4列シートの車内
足元もゆったり
アームレストは上げ下げ可能
どっとこむライナーではトイレ付き車両を増加中
座席上部の荷物置き
シートはリクライニング可能
ブランケットも乗車前に各席に用意
各席にあるUSBポート
バスタ新宿でしばしの停車
スタバもある三芳パーキングエリア
いつも綺麗に管理されているトイレ
三芳パーキングエリアの売店風景
無料のドリンクコーナーでほっと一息
車窓には次々と綺麗な山の稜線が見えてくる
横川サービスエリアで休憩
「たかべん」こと高崎弁当のロゴはやっぱりだるま
食堂にあるだるまのディスプレイ
売店にもやっぱりだるま
横川サービスエリアの売店
たかべんのだるま弁当
こちらに迫ってきそうな高岩の絶壁
軽井沢を越えると、長野市まではあと少し
再び美しい山の連なりが
どっとこむライナーが到着する長野市の東急シェルシェ前
地元では「善光寺さん」と親しまれる古刹・善光寺

この写真の記事を読む

※本記事は、2018/01/16に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

鈴木翔

編集者兼ライター 30代 / 男性

面白いことが大好きな編集者兼ライター。仕事やプライベートで世界各地を旅しているのでバスは常に欠かせない交通手段。これまで最高だったバス旅は、ペルーのチチカカ湖周辺からボリビアのラパスまでの「インカの聖地ルート」。最悪だったのはラオス北部の村から世界遺産のルアンパパーンまでの「12時間耐久・山岳酷道ルート」。最近、中野区から勝どきに引っ越して、なんちゃってセレブ生活を満喫中。

このライターの記事一覧

このライターの最新記事

注目PICK UP

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 5月 6月
1,000円 1,300円
2,000円 2,000円
3,600円 3,500円
3,300円 3,300円
5,200円 4,200円
2,200円 2,200円
2,000円 2,000円
1,500円 1,300円
500円 500円
4,650円 4,650円
1,030円 1,030円
3,190円 3,190円
その他の路線を見る

週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

さらに表示

さらに表示

さらに表示

最新記事

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ