夜行バスで早朝着だからできる! 世界遺産「春日大社」で朝拝(ちょうはい)&巡拝(じゅんぱい) | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

夜行バスで早朝着だからできる! 世界遺産「春日大社」で朝拝(ちょうはい)&巡拝(じゅんぱい)

夜行バスを使って春日大社に朝早く到着したら朝一で参拝するのがオススメです。人の少ない静かな参道で鹿と触れ合いながら、本殿まで約20分の散策、そして朝9時から「朝拝(ちょうはい)」に参加。式年遷宮の今こそ、まさに訪れるべきパワースポットです。

ざっくり、こんな移動

  • 世界遺産 春日大社は20年に一度の式年造替中!今なら一般参加型の行事が豊富
  • 毎朝9時からの「朝拝(ちょうはい)」と「巡拝(じゅんぱい)」に参加しよう
  • おまいりのあと、小腹が空いたら茶屋で甘味をいただこう♪

こんにちは。ふじこです。
富士交通「ナイトライナーアルファ」で奈良までやってきました。
富士交通「ナイトライナーアルファ」に乗って新宿から奈良・春日大社へ♪ 女子も安心、乗換なしの快適移動

今回は、春日大社参拝編です。


(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)


式年造替中の世界遺産「春日大社」

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

奈良公園の南東に位置する世界遺産、春日大社は奈良の代表的な神社。春日大社は、約1300年前に創建されてから、20年ごとに社殿の造り替えを行ってきました。
伊勢神宮の式年遷宮と異なるのは、古い社殿の建っている場所に新しい社殿を造り替えるという点。造り替えの間、神様は御仮殿に遷され、新しい社殿の完成後に戻られます。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

現在、第60回目の式年造替が行われており(2015~2016年)、この式年造替にともなって、さまざまな行事・体験プログラムが催されています。まさに今、訪れるべきスポット!

春日大社

奈良県奈良市春日野町160 Google Map
0742-22-7788 6:00-18:00 
Webサイト

いざ、春日大社へ!駅からはバスで行こう

さて、路線バスに乗って「東大寺大仏殿・春日大社前」「春日大社参道」もしくは「春日大社本殿前」にて下車。ふじこが下車したのは「春日大社参道」。
バスを降りると、さっそく草原の鹿がこちらを見ています!

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

奈良といえば鹿。こちらの鹿たちは、春日大社の神のお使いなのです。人にとても慣れていますが、あくまでも野生動物。鹿せんべい(150円)を与える際などは十分ご注意を!
朝ごはんの取り合いで、ちょっとした小競り合いが繰り広げられていました。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)


参道を進むと、子鹿が!

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

案内に従って、参道を進んでゆきます。誰もいないかと思いきや、10名くらいぽつりぽつりと歩いています。参道では子鹿たちに会うことができました!
かわいい~♪

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

さらに進んでゆくと、二の鳥居。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

手水舎も鹿です!

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

手水舎の先は、道が二手に分かれています。どちらを通っても本殿へたどり着くことができます。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

「春日大社参道」バス停から本殿まで、ゆっくり歩いて20分くらいでした!


朝9時からの「朝拝」へ参加しよう

朝8時ですが、すでに10数名の参拝客がおられました。ふじこの目当ては、9時からの「朝拝」。「朝拝」とは朝のおまいりで、特別な神事のある日を除いて、毎朝欠かさずに行われているものだそうです。
平城遷都1300年を記念して、一般参加もできるようになったとのこと。祝詞を唱え、日本の平和と繁栄を祈ります。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

普段は参拝所となっている幣殿(へいでん)左の、直会殿(なおらいでん)へ集合します(参加無料)。春日大社のいわれや、神様についてのご説明もあります。
ちなみに、土日祝の6時半からは早朝参拝(~2015年10月)、毎月21日は旬祭講話、巫女プチ体験(2015年7~8月)、春日山練成会(年4回)も行われているそうです。詳しくは春日大社の公式Webサイトにてご確認ください!
春日大社公式Webサイト


「朝拝」あとは、「巡拝」へ!摂社・末社へおまいりしよう

「朝拝」が終わると、希望者は「巡拝」へ。「巡拝」では宮司のご説明を聴きながら、春日大社境内にまつられている摂社・末社をおまいりできます。
この日は平日でしたが「朝拝」は50名ほど、「巡拝」へは30名ほどが参加していました。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

ところで、春日の神様へは日本ひいては世界の平和と人々の幸せを祈るものだそうで、個人的なお願い事はしないのが一般的なのだとか。
お金のことやご縁のことなどをお願いしたいときは、それぞれを得意分野とする摂社・末社へ祈るんだそうです。
たとえば、こちらの三十八所神社は、「正しい勇気と知恵をお授けくださる神様」。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

一方、こちらの夫婦大国社は、「良縁・夫婦円満、福寿守護の神様」です。

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

すべての摂社・末社をおまいりするわけではありませんが、ボリュームたっぷり説明していただいて、10時半に幣殿前へ戻ってきて終了です。


「巡拝」が終わると、境内にはたくさんの参拝客が!

10時半にもなると、参拝客も鹿も増えてきます。朝の早い夜行バス人間は、そろそろ2度目の朝食が食べたくなるころです。
というわけで、「水谷茶屋」へ。純和風で趣があります。「くずきり(650円)」はつるつるっと、あっという間に食べ終わりました。
お抹茶やあんみつもおいしそうでした~!

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)

(世界遺産 春日大社で早朝参拝!)


水谷茶屋(みずやちゃや)

奈良市春日野町30 Google Map
0742-22-0627 10:00-16:00 4,5,10,11月無休 その他月曜定休
Webサイト

ほかにもこちらの茶屋も人気があります。
萬葉植物園正門横にあって、庭園で甘味が楽しめます。

春日荷茶屋(かすがにないぢゃや)

奈良市春日野町160 春日大社萬葉植物園正門横 Google Map
0742-27-2718 10:00-16:00 月曜定休
Webサイト

朝からお参りをして、とっても得をした気分です!

このあとは、奈良公園をブラブラしながら東大寺、興福寺へ向かいます。
次回もお楽しみに!


※本記事は、2015/08/17に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    ふじこ

    旅行愛好家 30代 / 女性

    キレイな景色と美味しいモノが大好き。旅のモットーは「どんな状況も楽しむこと」

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    3,600円 3,000円
    4,000円 4,800円
    1,250円 1,250円
    2,550円 2,550円
    6,100円 6,100円
    6,000円 6,200円
    6,100円 6,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/15~10/21のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ