染みわたる♪ 17km踏破後の生ビールを求めて! 季節限定運行・関越交通「尾瀬号」の夜行バスでハイキングに行ってみた | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

染みわたる♪ 17km踏破後の生ビールを求めて! 季節限定運行・関越交通「尾瀬号」の夜行バスでハイキングに行ってみた

山歩きで疲れた後に、冷た〜い生ビールを飲むのが最高の幸せ。そんな僕が、今回は関越交通の「尾瀬号」に乗って、ずっと行ってみたかった尾瀬への「0泊2日の弾丸ハイキング旅行」にチャレンジしてきました。“最高の一杯”を期待して、バスタ新宿を出発!

  • 2017.09.15(更新:2017.11.13)
  • 鈴木翔

ざっくり、こんな移動

  • 関越交通「尾瀬号」なら、日帰りで尾瀬ハイキングに行ける
  • 尾瀬ヶ原では、雄大な景色と湿地帯ならではの植物が見られる
  • ハイキングのあとの生ビールが美味すぎる!

山歩きで疲れた後に、冷た〜い生ビールを飲むのが最高の幸せ。

そんな僕が、今回は関越交通の「尾瀬号」に乗って、ずっと行ってみたかった尾瀬への「0泊2日の弾丸ハイキング旅行」にチャレンジしてきました。

“最高の一杯”を期待して、バスタ新宿を出発!


まさかの豪雨の中、バスタ新宿から「尾瀬号」が出発!

バシャバシャバシャ…。

マジかー、出発前の新宿は文字どおり、地面を叩くような土砂降り……。それでも明日の尾瀬の予報は「曇り時々晴れ」と出ているので、どうにか天気が崩れぬことを祈るばかり。

バスタ新宿の前はこのとおりの大雨
バスタ新宿の前はこのとおりの大雨

新宿ー尾瀬間を運行している関越交通の「尾瀬号」は、5月中旬から10月中旬までの季節限定のバス。6時台・7時台の朝便と、22時台の深夜便の1日3便が運行されています。

今回乗った深夜便は22時ちょうどにバスタ新宿を出発。
練馬区役所前と川越駅で追加の乗客を乗せたところで消灯し、関越道を経由して尾瀬へ。途中、「三芳SA」と「道の駅こもち」の2か所で休憩を挟む、という運行ルートです。


尾瀬号は22時にバスタ新宿を出発
尾瀬号は22時にバスタ新宿を出発
僕のほかにも登山ルックの姿が
僕のほかにも登山ルックの姿が


バスは、白い車体に赤いラインの入ったシンプルなカラーリング。
車内は2席×2列の配置のオーソドックスな4列シート。シンプルな造りのシートですが快適です。

なお、車内にトイレはないので、乗る前にしっかり済ませておきましょう。


尾瀬号の車内
尾瀬号の車内
リクライニング可能な4列シート
リクライニング可能な4列シート
シートには軽食やペットボトルが置ける程度のテーブルが
シートには軽食やペットボトルが置ける程度のテーブルが

この日はお盆連休の終わり頃とあって、席の埋まり具合はまばら。

休憩中に運転手さんに尋ねてみると、「名物のミズバショウが見頃の5月~6月と、紅葉シーズンの9月中旬からが混み合いますね」とのこと。


2度目の休憩地である「道の駅こみち」は、もちろん深夜なので閉まっていましたが、近くにコンビニのセーブオンを発見。

実はバスタ新宿で朝食と行動食を買おうと思っていたのですが、ファミマの行列に並んでる間に出発時間が…。
「こりゃ朝メシ抜きだ(泣)」と覚悟を決めていたのですが、ここでパンとカロリーメイトを購入し、事なきを得ました。

途中のサービスエリアで15分ほどの休憩が2度ある
途中のサービスエリアで15分ほどの休憩が2度ある

関越道を降りると停車所がいくつかありますが、ほとんどの人が尾瀬の玄関口である「大清水」と「尾瀬戸倉」のどちらかで降ります。
尾瀬ヶ原に行く場合は「尾瀬戸倉」、尾瀬沼に行く場合は「大清水」で降りるのが便利。

今回の僕の目的は尾瀬ヶ原ハイキングなので、シートを倒して十分な睡眠をとりながら「尾瀬戸倉」まで向かいます。


バスは3時30分に尾瀬戸倉に着くのですが、ここから尾瀬国立公園の入り口である鳩待峠に行くには、さらにミニバスへの乗り換えが必要。

そのミニバスの始発は4時40分なので「まさかこんな深夜に1時間以上も待ちぼうけ !?」と心配していたのですが、車内アナウンスで「大清水(3時50分着)まで一旦行き、そこからもう一度尾瀬戸倉に戻ってきますので、このままバスに乗っていてください」と案内され、ひと安心。

尾瀬号は、4時20分に再び尾瀬戸倉に到着しました。

標高1000m近い尾瀬戸倉は真夏でも肌寒い。屋根付きの休憩スペースや公衆トイレもある
標高1000m近い尾瀬戸倉は真夏でも肌寒い。屋根付きの休憩スペースや公衆トイレもある


まだ薄暗い中、尾瀬国立公園にゲートイン!

尾瀬戸倉のターミナルに降り立ったものの、まだ夜明け前なので周辺は真っ暗。
しばらくやることもないので、ここでハイキングに備えて準備体操。

そうして、窓口でチケット(980円)を買い、ミニバスで鳩待峠に向かいます。
ミニバスの中で、ようやく車窓の景色も朝ぼらけ〜な感じになってきました。

鳩待峠へのバスチケットを買う
鳩待峠へのバスチケットを買う
ミニバスは水芭蕉をあしらったデザイン
ミニバスは水芭蕉をあしらったデザイン


鳩待峠に到着したのは朝5時過ぎ。帰りの「尾瀬号」新宿行きの出発時刻は15時10分で、14時30分のミニバスで鳩待峠を出発したいので、国立公園に滞在できるのは9時間ほど。

途中に休憩も挟むと、ちょっとハイペースで尾瀬ヶ原を一周できるくらいのスケジュール。長い距離を歩くので、服装も靴もガチの登山モードです。


尾瀬ハイキング(トレッキング)スタート!

国立公園にあるマップから今回のコースを抜粋
国立公園にあるマップから今回のコースを抜粋

今回は、鳩待峠→山ノ鼻→牛首分岐→竜宮十字路→見晴→ヨッピ吊橋→牛首分岐→山ノ鼻→鳩待峠という、合計約17kmのコースを歩きます。

ちなみに、入園口の掲示板には「鳩待峠〜山ノ鼻でクマの目撃情報が増えています」の表示。
「ゲッ、熊鈴忘れた…」と思っていましたが、しばらくするとチリンチリンと鈴を鳴らしたファミリー御一行の姿が。
「すみません、便乗させていただきます」と心の中でつぶやきつつ、尾瀬国立公園にゲートイン!

まだ朝もやが漂うなか、1時間ほど山林の中に敷かれた木道を歩きます。

尾瀬国立公園の入場口
尾瀬国立公園の入場口
マイナスイオンをバンバン感じるハイキング
マイナスイオンをバンバン感じるハイキング
クマに人の歩行を知らせる鐘
クマに人の歩行を知らせる鐘
まだ早朝なので、山ノ鼻にはテントが
まだ早朝なので、山ノ鼻にはテントが


そしてビジターセンターのある山ノ鼻から先が、尾瀬ヶ原。
標高1400mの高地にあり、湿地帯の多彩な植物が見られる尾瀬ヶ原周辺は、初心者ハイキングの大人気コースです。


真っ青な青空とはいきませんでしたが、不安だった雨が降ることもなく、まずまずのハイキング日和。

きれいな景色は、言葉による説明は不要。ぜひ、写真でご覧ください。

いくつかの山がそびえる尾瀬の中で最高峰の燧ケ岳(ひうちがたけ)を望みながら歩く
いくつかの山がそびえる尾瀬の中で最高峰の燧ケ岳(ひうちがたけ)を望みながら歩く
川面に燧ケ岳が写り込んだ通称「逆さ燧」
川面に燧ケ岳が写り込んだ通称「逆さ燧」
尾瀬の雄大な自然を体感!
尾瀬の雄大な自然を体感!
ヨッピ吊橋に向かう途中、東電小屋周辺の景色
ヨッピ吊橋に向かう途中、東電小屋周辺の景色
木道の両脇には様々な植物が見られる。こちらはゴマナ
木道の両脇には様々な植物が見られる。こちらはゴマナ
オゼミズギク
オゼミズギク
レンゲツツジ
レンゲツツジ
ソバナ
ソバナ


独りぼっちのハイキングは、集中して淡々と歩くのもいいけれど、ベンチで一緒になった人たちと話をするのもおすすめです。

「どこから来たんですか?」や「きれいな場所ですよね」のようなとりとめない内容ばかりですが、「あそこの山が綺麗だったよ」なんて山好き同士のリアルな情報が得られることも。
普段接点のないような人と気軽にコミュニケーションが取れるのも、山歩きの楽しみのひとつ。


折り返し地点の見晴には山小屋やカフェが集まっている
折り返し地点の見晴には山小屋やカフェが集まっている
ひげくま喫茶のカレーライスでランチ♪
ひげくま喫茶のカレーライスでランチ♪
飲み物は山小屋で手に入る
飲み物は山小屋で手に入る
公衆トイレ(1回の使用につき100円)も各所にあるので安心
公衆トイレ(1回の使用につき100円)も各所にあるので安心

山小屋の集まっている見晴で折り返し、帰りは尾瀬ヶ原の北側を歩きながら山の鼻へ戻り、そして鳩待峠へ。
入園時は易しい下り道だったところも、帰りはちょっと厳しい登り道に。

15km以上歩いた膝はもう重いし、足の裏も痛い…。

それでも、「負けないで」と「サライ」を頭の中でループさせながら、ラストスパートをどうにか乗り切りました!


ついにお待ちかねの“最高の乾杯”!

さて、疲労困憊の体にエナジーを注入ということで、ついにお楽しみの乾杯(一人だけど…)の時間がやってきました♪

鳩待峠の食堂で生ビール。ん〜、キンキンのグラスに綺麗な泡がいい感じ!
鳩待峠の食堂で生ビール。ん〜、キンキンのグラスに綺麗な泡がいい感じ!

ぷはーーー、染みわたるぅ〜!

帰りは新宿まで直行なので、こんなんできちゃうのもバス旅のいいところです!

鳩待峠から尾瀬戸倉まではミニバスのほかに乗り合いタクシーも運行。峠の売店で買えるチケットはバス・タクシー共通。
15時10分の尾瀬号に乗るには14時30分のミニバスに乗るのが確実ですが、乗り合いタクシーも定員9人が集まったところで随時出発しています。

帰りも尾瀬号に乗って新宿まで直行!
帰りも尾瀬号に乗って新宿まで直行!

ビールでいい気分になったところで、帰りのバスでは乗車後すぐに睡魔が…。
19時30分にバスタ新宿に帰ってくるまで、ずーっと爆睡。

到着後、おぼろげなまま席を立ち上がろうとすると、キーンと早くもやってきた筋肉痛…。
足を引きづりながら、バスを降りたのでした。


※本記事は、2017/09/15に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    鈴木翔

    編集者兼ライター 30代 / 男性

    面白いことが大好きな編集者兼ライター。仕事やプライベートで世界各地を旅しているのでバスは常に欠かせない交通手段。これまで最高だったバス旅は、ペルーのチチカカ湖周辺からボリビアのラパスまでの「インカの聖地ルート」。最悪だったのはラオス北部の村から世界遺産のルアンパパーンまでの「12時間耐久・山岳酷道ルート」。最近、中野区から勝どきに引っ越して、なんちゃってセレブ生活を満喫中。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    1,500円 1,500円
    3,000円 3,000円
    3,000円 4,800円
    8,200円 8,200円
    6,100円 6,100円
    5,500円 5,500円
    4,400円 4,400円
    1,500円 1,500円
    3,450円 3,450円
    5,500円 5,500円
    5,500円 5,500円
    6,100円 6,100円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ