染みわたる♪ 17km踏破後の生ビールを求めて! 季節限定運行・関越交通「尾瀬号」の夜行バスでハイキングに行ってみた | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

染みわたる♪ 17km踏破後の生ビールを求めて! 季節限定運行・関越交通「尾瀬号」の夜行バスでハイキングに行ってみた

折り返し地点の見晴には山小屋やカフェが集まっている
折り返し地点の見晴には山小屋やカフェが集まっている

24 / 29

< >
バスタ新宿の前はこのとおりの大雨
尾瀬号は22時にバスタ新宿を出発
僕のほかにも登山ルックの姿が
尾瀬号の車内
リクライニング可能な4列シート
シートには軽食やペットボトルが置ける程度のテーブルが
途中のサービスエリアで15分ほどの休憩が2度ある
標高1000m近い尾瀬戸倉は真夏でも肌寒い。屋根付きの休憩スペースや公衆トイレもある
鳩待峠へのバスチケットを買う
ミニバスは水芭蕉をあしらったデザイン
国立公園にあるマップから今回のコースを抜粋
尾瀬国立公園の入場口
マイナスイオンをバンバン感じるハイキング
クマに人の歩行を知らせる鐘
まだ早朝なので、山ノ鼻にはテントが
いくつかの山がそびえる尾瀬の中で最高峰の燧ケ岳(ひうちがたけ)を望みながら歩く
川面に燧ケ岳が写り込んだ通称「逆さ燧」
尾瀬の雄大な自然を体感!
ヨッピ吊橋に向かう途中、東電小屋周辺の景色
木道の両脇には様々な植物が見られる。こちらはゴマナ
オゼミズギク
レンゲツツジ
ソバナ
折り返し地点の見晴には山小屋やカフェが集まっている
ひげくま喫茶のカレーライスでランチ♪
飲み物は山小屋で手に入る
公衆トイレ(1回の使用につき100円)も各所にあるので安心
鳩待峠の食堂で生ビール。ん〜、キンキンのグラスに綺麗な泡がいい感じ!
帰りも尾瀬号に乗って新宿まで直行!

この写真の記事を読む

※本記事は、2017/09/15に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

鈴木翔

編集者兼ライター 30代 / 男性

面白いことが大好きな編集者兼ライター。仕事やプライベートで世界各地を旅しているのでバスは常に欠かせない交通手段。これまで最高だったバス旅は、ペルーのチチカカ湖周辺からボリビアのラパスまでの「インカの聖地ルート」。最悪だったのはラオス北部の村から世界遺産のルアンパパーンまでの「12時間耐久・山岳酷道ルート」。最近、中野区から勝どきに引っ越して、なんちゃってセレブ生活を満喫中。

このライターの記事一覧

このライターの最新記事

注目PICK UP

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 5月 6月
1,500円 1,300円
3,000円 3,000円
3,000円 3,000円
8,200円 8,200円
6,100円 6,100円
5,500円 5,500円
4,400円 4,400円
1,500円 1,300円
3,450円 3,450円
5,500円 5,500円
5,500円 5,500円
6,100円 6,100円
その他の路線を見る

週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

さらに表示

さらに表示

さらに表示

最新記事

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ