1日かけてゆったりと北海道へ! 快適すぎるフェリー「NEWさんふらわあ ふらの」&高速バス「みと号」の旅 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

乗車体験記

1日かけてゆったりと北海道へ! 快適すぎるフェリー「NEWさんふらわあ ふらの」&高速バス「みと号」の旅

9,280view

新幹線や格安LCCで、本州からのアクセスが便利になった北海道。こんなご時世にあえてバスとフェリーを利用し、1日かけてゆったりと北海道に向かうメリットとは? 東京駅からバス2本を乗り継いで茨城・大洗に向かい、フェリーで北海道・苫小牧に降り立ってみました!

ざっくり、こんな乗車記

  • 東京~水戸は「高速みと号」で移動、水戸駅では「北口」で降りましょう
  • 路線バスに乗って大洗フェリーターミナルへ
  • 展望浴場にビール!移動中も旅を満喫できる、苫小牧行きフェリー「NEWさんふらわあ ふらの」に乗船
  • 東京~北海道の各都市を結ぶ「高速バス+フェリー」、お得なきっぷが2018年3/31まで発売


東京駅八重洲南口から「高速みと号」で、ラクラク水戸駅へ

バスとフェリーを利用しての東京~北海道。まずは、東京駅八重洲南口から出発する「高速みと号」で水戸駅に向かいます。

1-1(高速みと号・外観)
関東鉄道運行の「高速みと号」車両。白地の車体が爽やか

「高速みと号」は、JRバス関東・茨城交通・関東鉄道の3社が共同運行する便です。

高速道路を降りてからのルートが異なるものの、どの便も終点は水戸駅南口。
なので、どのバスに乗っても平気です!

最初は「全て自由席だし、乗れなかったらどうしよう」と不安でしたが、14:00発の便では大丈夫でした。

ただ混雑していて予定していたバスに乗れなかったり、予測不能の渋滞に捕まったりする場合もあるので、余裕を持って行動することをオススメします。


チケットは「高速みと号」が発つ4番乗り場から100mほどの売り場にて購入します。

時間のない人は事前購入せずにバスに飛び乗っても、降車時に支払いができるので安心。
現金もしくはSuica、PASMOをはじめとする10種の交通系ICカードが使えますよ。(交通系ICカードはJRバス関東、関東鉄道の運行便のみ対応となります)

1-2(東京駅「JR高速バスのりば」看板)
4番乗り場から100mほどの場所にあるチケット売り場。

1-3(JR高速バスのりば・自動販売機)
自動販売機は7台ありました。
1-4(JR高速バスのりば・対面式売り場)
対面式売り場の窓口は4つありました。
1-5(行列@東京駅:赤いラインテープ)
「高速みと号」は、東京駅八重洲南口を出てすぐの4番乗り場から発車しています。
1-6(高速みと号・トランクルーム)
自席に入りきらないほど大きな荷物は、乗車の際に座席下のトランクルームへ預けます。


いざ、乗車!!

座席は4列シートのスタンダードなタイプです。

脚を投げ出しても、足元にはまだまだ余裕が。走行中も足を動かせるため、エコノミー症候群の予防にもなりますね。

1-7(鈴木さんの脚&前の座席)※左に挿入
脚を投げ出しても余裕のある足元。

車内にはトイレが付いています。
ちなみに東京駅八重洲南口の地下トイレはかなり混雑しており、13:30の段階では15分以上待たされました。

1-8(高速みと号・トイレ場所)※右に挿入
後部座席の右手にトイレ。

1-9(前座席&ドリンクホルダー)
前の座席にはドリンクホルダー。ポケットには冊子が。
1-10(高速みと号・冊子手持ち)
冊子の内容は「高速みと号」の時刻表やルート案内、フリーWi-Fiの説明でした。

スマホやパソコンなどの充電は各シートにて行えます。
コンセントは窓側と通路側に1ヵ所ずつ。座席のリクライニングスイッチも近くにあります。

1-11(高速みと号・窓側コンセント)
窓側のコンセントはこちらに。
1-12(高速みと号・通路側コンセント)
通路側のコンセントはこちらに。

車内ではフリーWi-Fiが使えました。
スマホなどで旅の情報収集などをすれば、長い乗車時間を持て余さずに有効活用できそう!

1-13(高速みと号・Wi-Fiリーフレット)
フリーWi-Fiの案内リーフレット。パスワードを入力して接続開始。

東京駅を14:00に出発した「高速みと号」は、無事に定刻の16:03に終点の水戸駅南口に到着。
さぁ、次は大洗フェリーターミナルに向かう路線バスに乗り換えますよ!


路線バスで水戸駅から大洗フェリーターミナルへ

苫小牧行きのフェリーに乗るため、水戸駅から大洗フェリーターミナルに向かいます。

私は終点の水戸駅南口で気づいたのですが、フェリーターミナル行きの路線バスは「北口」から発車します。
「高速みと号」は県庁ルートの便を除いて北口にも停まるため、終点まで行かずひとつ手前で降りると移動距離が短く済みますね。

1-14(水戸駅北口3番乗り場)
大洗フェリーターミナル行きの路線バスは、水戸駅北口3番乗り場から発車。
1-15(バス行き先の電光表示アップ)
行き先に「フェリーターミナル」の文字があるか確認しましょう。

路線バスに乗り、30分ほどで大洗フェリーターミナルに到着です。

運賃は現金後払いで610円。交通系ICカードの場合、茨城交通の「いばっピ」が使えます。


次ページでは、いよいよフェリーに乗車! 船内に大浴場が?

※本記事は、2017/09/24に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    さとちん

    フリーライター・ブロガー、女性 女性

    出産後、子育て情報誌の編集部に9年勤め、退職後はフリーライターとして旅とグルメのジャンルを中心に取材とライティングに励む。子育てが落ち着いた5年前から一人旅に目覚め、時間を見つけては国内各地を旅行。47都道府県の制覇が目標で、2017年9月頭現在、残り13県となりました。高速バスや電車代がお得になるチケット情報に目がなく、それらを活用しながら効率よく旅することを得意としています。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    600円 600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/16~10/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ