プライベート空間になる3列シートから足元広々4列シートまで! 杉崎高速バスの車両紹介 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

プライベート空間になる3列シートから足元広々4列シートまで! 杉崎高速バスの車両紹介

杉崎高速バスの車両は、シート別に3列独立シートの「プライベート」、4列ゆったりシートの「リラックス」、4列シートの「スタンダード」があります。それぞれの車両のシートや設備を紹介します。

目次

スタンダードの車両外観
車両外観


スタンダード(4列シート)

4列シートのスタンダードは縦11~12列の車両です。
杉崎高速バスのシートタイプの中では、一番リーズナブルに利用できます。

スタンダードの車内
スタンダードの車内

ローコストながら、座席幅は一般的な4列より若干広めの仕様です。フットレストはありませんが、リクライニングの最大角度は135度と深めに倒れます。足元も広く、窮屈さはそれほど感じないかと思います。

リクライニング角度は130~135度
リクライニング角度は130~135度
足元には十分なスペースあり!
足元には十分なスペースあり!

※2022年1月現在、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、ブランケットの貸出は中止しています

各座席にはドリンクホルダーや充電設備(コンセントまたはUSBポート)も完備。

座席周り
座席周り
コンセント.jpg
コンセント

■運行路線

スタンダードの車両を運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。

※2022年1月時点で運行している路線です


リラックス(4列ゆったりシート)

リラックスは縦10列の4列シートで、スタンダードよりさらに足元ゆったりな車両です。

リラックスの車内
リラックスの車内

足元は次に紹介する3列独立シートのプライベートよりも広く、座席幅もプライベートと同じです。料金を抑えたいけど、車内の快適さも重視したい方にはおすすめですね。

リクライニングの最大角度は135度
リクライニングの最大角度は135度
フットレスト
フットレスト

※2022年1月現在、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、ブランケットの貸出は中止しています

座席周りには、ドリンクホルダーや充電設備(コンセントまたはUSBポート)があります。

ドリンクホルダー
ドリンクホルダー
USBポート
USBポート

■運行路線

リラックスの車両を運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。

※2022年1月時点で運行している路線です


プライベート(3列独立シート)

プライベートの車両外観
車両外観

3列独立シートのプライベートは、幅広シートで隣同士の間隔も空いています。窓側席には、仕切りカーテンがあり、他の高速バスではあまり見ない「フロントスクリーン」という間仕切りカーテンまで付いています。

隣席との仕切りカーテン
隣席との仕切りカーテン
シート.jpeg

フロントスクリーンは前座席に取り付けられ、遮光性のあるカーテンなので前からの灯りが漏れません。
前のカーテンと横のカーテンをしっかり閉めれば完全にプライベート空間になります。

仕切りカーテン02.jpg
仕切りカーテン.jpg

足元のスペースもゆったりです。レッグレストとフットレスト付きなので、足をグーンと伸ばせます。

レッグレスト・フットレスト付き
レッグレスト・フットレスト付き

※2022年1月現在、新型コロナウィルス感染拡大防止対策として、ブランケットの貸出は中止しています

座席周りには、USBポートとドリンクホルダーもあり。

USBポート.jpeg
USBポート
ドリンクホルダー.jpeg
ドリンクホルダー

■運行路線

プライベートの車両を運行しているのは以下の路線です。「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。

※2022年1月時点で運行している路線です
※東京・神奈川~名古屋線は運休中


一部の便には迷子防止カードあり!

便によっては、トイレ休憩時に「バスカード」が配布されます。バスカードはバスの外観やナンバー、緊急連絡先が書かれたカードで、休憩後の発車時刻を示すプレートと一緒に置かれています。

これを持って休憩に行けば、万が一迷子になってもバスを見つけやすいので安心です。

バスカード.jpg
バスカード
乗車中のバスのナンバーが書かれています
乗車中のバスのナンバーが書かれています
※設備・サービスは都合により変更されることがあります
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期の増発便、車両の整備点検などにより異なる車両タイプの運行となる場合があります

杉崎高速バスでは、プライベートな空間を作れる3列独立シートからリーズナブルに利用できる4列シートまで用意されています。複数のシートタイプで運行されている路線では、往復別の車両を利用し乗り比べてみてもいいですね!

※本記事は、2021/12/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    3,000円 3,800円
    2,900円 3,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,900円 2,500円
    2,900円 3,600円
    4,300円 4,900円
    8,500円 8,500円
    3,000円 3,500円
    3,400円 3,500円
    2,800円 3,300円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,900円 2,500円
    3,000円 3,500円
    4,300円 5,400円
    8,500円 8,500円
    3,300円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/10~1/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ