夜行バスでもしっかり足を伸ばして眠りたーーい! という人に、ウィラー「リボーン」 3列・シェル型シートや車内設備を解説 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

夜行バスでもしっかり足を伸ばして眠りたーーい! という人に、ウィラー「リボーン」 3列・シェル型シートや車内設備を解説

WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)の「リボーン」は、上質な眠りの環境を提供するために様々なサービスや設備を備えた高速バス。しっかり足を伸ばせ、プライベート空間も保てる独特な構造のシェル型シートで、ぐっすり眠りながら移動できます。そんなリボーンのシートの詳細や車内設備などを紹介します。

新型コロナウイルス感染症対策として、リボーンには新型コロナウイルスへの有効性確認済の深紫外線LEDが搭載された空間除菌消臭装置「Aeropure」が1両あたり2台搭載されました。
詳細 ウィラーの高速バス「リボーン」搭載車両で最先端技術の新型コロナウイルス対策として「Aeropure(エアロピュア)」を設置


2017年2月より運行を開始したリボーン。現在は「東京~大阪」「東京・千葉~名古屋」「東京~仙台・福島」「東京~新潟」の4路線で運行しています。

車両はグレーを基調とした落ち着いた外観が印象的です。

リボーン2.jpg
リボーン1.jpg

車内はアイボリーと木目調をベースにした内装に、あたたかみのある色味の照明。まるでリビングにいるかのようにほっとくつろげる雰囲気です。座席は3列シートの全18席です。


眠りのための最適な環境を備えた高速バス「リボーン」

リボーン4.jpg

1番の特徴はなんといっても、パーテーションで仕切られたゆったりサイズのシート。眠りのための最適な環境を備えたシェル型シートです。

リボーン3.jpg
リボーン5.jpg

シートサイズは、幅が59cm、前後とのシート間隔が158cmと一般的な高速バスに比べてかなり広々としています。

電動ゆりかごリクライニングの最大傾斜は156度。レッグレスト、フットレストを備えており、フットレスト部分に足を入れれば、しっかりと足を伸ばすことができ、フラットに近い形で眠りにつくことができます。

レッグレストを横から見た状態
レッグレストを横から見た状態
レッグレスト&フットレストで無理なく足を伸ばせます
レッグレスト&フットレストで無理なく足を伸ばせます

枕は稼働式なので、寝心地の良い位置に調整できます。

可動式の枕
可動式の枕

また、シェル型シートは、リクライニングの高さに関わらず、隣の人の顔が見えないようになっており、プライベートな空間を保てる構造です。

リボーン20.JPG


便利な設備も充実

シートの寝心地が良いだけでなく、設備も充実しています。

まず、座席上の荷物棚ですが、各座席にあるのでちょっと荷物が多めというときでも安心。スペースに余裕があり他の乗客の荷物と混ざってしまうということもありません。また、フットレスト下のスペースには靴を収納できる仕組みになっています。

各座席ごとにある荷物棚
各座席ごとにある荷物棚
フットレストの下には靴を収納できます
フットレストの下には靴を収納できます

リクライニングとレッグレストの高さは、座席右側にあるリモコンで調整可能。ボタンを押せばシートが勝手に倒れてくるので、とってもラクちんです!

リモコンとコンセント。編みポケットにスマホを入れられるのも便利
リモコンとコンセント。編みポケットにスマホを入れられるのも便利
ドリンクホルダー
ドリンクホルダー

その他に、右側のアームレストにコンセント、枕元の左側に読書灯、座席左側にドリンクホルダー、座席前にはA4の資料を開けるサイズのテーブルが備えられています。

読書灯
読書灯
テーブル
テーブル

また、座席の上にブランケット、座席横の網ポケットには袋に入ったアイマスクがそれぞれ1つずつ用意されています。

ブランケットとアイマスク
ブランケットとアイマスク

リボーンでは、車高が高いスーパーハイデッカー車両とシェル型シートにより、車内で発生する音を軽減。就寝時には車内の明るさが、月あかりの中のような優しい明るさに変化し、照明にもこだわるなど、シート以外でも心地良い眠りのために配慮されています。


リボーン昼行便ならウィラーシアターで映画見放題

リボーン・ウィラーシアター.jpg

また、昼行便では、映画見放題の「WILLER THEATER(ウィラーシアター)」の利用が可能です。

専用アプリ(iOS・AndroidOS対応)をダウンロードして、車内のFree Wi-Fiに接続するだけで、スマートフォンやタブレット端末で人気映画やバラエティ、オーディオブックなどを視聴できます。もちろん通信費や利用料はかかりません。


■運行路線

リボーンを運行しているのは以下の路線です。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2020年3月時点で運行されている路線です
※設備は都合によって変更されることがあります


※本記事は、2019/08/23に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    2,300円 3,500円
    2,000円 2,700円
    1,950円 2,300円
    2,500円 3,000円
    1,700円 2,700円
    3,000円 3,000円
    5,000円 6,000円
    東京 → 福岡
    --- 9,000円
    2,000円 3,500円
    3,000円 3,800円
    2,000円 2,700円
    2,000円 2,300円
    2,000円 3,000円
    2,100円 2,700円
    3,200円 3,800円
    5,000円 6,000円
    福岡 → 東京
    --- 9,000円
    3,300円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/26~5/2のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ