ウィラーのカノピー付き高速バス「リラックス」で東京・横浜から「ナガシマリゾート」へ直行! 乗り心地や到着地周辺をレポート | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

東京・横浜から「ナガシマリゾート」への直行ウィラー高速バスが運行開始! 到着地周辺での早朝おすすめな過ごし方は?

アウトレット、天然温泉露天風呂、そして日本最大級の遊園地が楽しめる「ナガシマリゾート」。なんと12月より東京・横浜からウィラーの直行バス運行がスタートしました! 本記事では気になる直行バスの乗り心地、バス下車後の周辺情報、早朝に利用できる施設についてまとめました。

ざっくり、こんな乗車記・スポット紹介

  • カノピー付き座席でぐっすり
  • 到着後は足湯が楽しめる!
  • モーニング&朝風呂を利用できる施設も


横浜&池袋からナガシマリゾートへの直行バス・気になる乗り心地は?

乗車したのは、大手バス会社「WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)」が運行する夜行バス「L952便 リラックス(のびのび9列)」。このバスの出発地は横浜駅(23:10発)と池袋サンシャインシティ文化会館(24:40発)です。

バス外観
バス外観

早速乗車してみました。座席は4列のゆったりシート。残念ながらトイレはありませんが、ウィラーエクスプレスならではの寝顔が隠せるカノピー付きで、安心してぐっすり眠れる空間です。

座席は2席×2席の4列シート
座席は2席×2席の4列シート

座席にはブランケットがあります
座席にはブランケットがあります
フットレストを倒すとこんな感じ
フットレストを倒すとこんな感じ
壁側の席はコンセントがフットレストの隣に
壁側の席はコンセントがフットレストの隣に
通路側は肘掛けの下にあります
通路側は肘掛けの下にあります

Wi-Fiの利用はできませんでした。しかし、乗務員の方が直接「乾燥しているのでどうぞ」とマスクを手渡ししてくれる優しいサービスも。

マスクをいただきました!
マスクをいただきました!


休憩は3回! それぞれ15分程度

前述したとおり、車内にトイレは設置されていませんが、休憩は合計3回ありました。
1回目は海老名サービスエリアで2:00ごろ、2回目は静岡サービスエリアで3:55ごろ、そして刈谷サービスエリアは6:25頃です。

それぞれ15分前後の休憩で、休憩時は出発時刻がバス車内前方に表示されるので、安心です。

車内前方の様子
車内前方の様子
刈谷サービスエリア
刈谷サービスエリア

そして8:30ごろ、ナガシマリゾート凱旋門前バス停に到着です。

バス停
バス停


到着後のバス周辺情報(トイレ・待合室・コインロッカー)

到着後、トイレはバス停を降りて左側、三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島の入り口付近にあります。パウダールームなどはなく個室数も少ないトイレですが、バス停から一番近いのでおすすめです。

トイレ
トイレ

そしてバス停付近には、待合室もあるため、ゆっくりくつろぐことも可能。

広々とした待合室
広々とした待合室

また近くにはセブンイレブンがあります。自販機コーナーもあるので、オープン前はここで飲み物をゲットすることもできます。

自販機コーナー
自販機コーナー

気になるコインロッカーですが、ナガシマスパーランド内に数カ所あります。基本的に西ゲートの外以外、どのコインロッカーも遊園地の営業時間内しか使用することができません。

コインロッカー
コインロッカー

コインロッカーは、西ゲート(内・外)、メインゲート外、ナガシマスパードーム前、メインゲート内、ジャンボバイキング下にあります。大型紙幣の両替はメインゲート案内所でお願いしましょう!

値段は、場所によって変動しますが、西ゲートの内側と外側にあるコインロッカーはSサイズ200円、Mサイズ300円、Lサイズ400円と、メインゲート内のコインロッカーに比べ200円ほど安いので、そこをチェックするのがおすすめです。

足湯でほっこり! 早朝使える施設情報

ナガシマリゾート内のナガシマスパーランドなどをご利用の方は、バス到着後から開園までしばらく時間が空くと思います。そんな方におすすめの施設をいくつかご紹介します。

■湾岸長島パーキングエリア

バス停から徒歩12分ほどのところにある「湾岸長島パーキングエリア」。ここには8:00から無料で利用できる足湯があります。

「湾岸長島パーキングエリア」の足湯
湾岸長島パーキングエリアの足湯

早朝の冷えて疲れた体を気軽にリフレッシュできるスポットのため、高速バスの運転士さんなども多く見かけました。

この時期は紅葉も見られてかなりリラックスできる空間に
この時期は紅葉も見られてかなりリラックスできる空間に

ちなみにこの足湯は天然温泉で、泉温は41度ほど。

着替えの場所もあるため、安心
着替えの場所もあるため、安心

また、早朝7:00からサービスエリア内のフードコートもオープンしており、朝食メニューはもちろんのこと、伊勢うどんなどの地元グルメを楽しむことができます。Wi‐Fiも設置されているのがうれしいポイント。ちなみに広いトイレもあるため、化粧をしたいという女性もこちらのトイレを使用するのをおすすめします。

広々としたフードコート
広々としたフードコート
トイレの様子
トイレの様子
ここだけのお土産もゲット!
ここだけのお土産もゲット!
桑名の名物の安永餅もここで味わえます!
桑名の名物の安永餅もここで味わえます!


湾岸長島パーキングエリア

三重県桑名市長島町松蔭393-2(下り) Google Map
0594-45-8588(下り) フードコート7:00~22:00(L.O21:30)、ショップ 7:00~22:00、足湯 8:00~20:00、レストラン11:00~21:00(L.O20:30)
Webサイト



■長島温泉 湯あみの島

ナガシマリゾート内の「長島温泉 湯あみの島」。温泉に入浴できるのは10:00からと少し遅めのスタートですが、岩盤浴エリアは9:30からオープンしている日も。この岩盤浴はかなりのハイレベルで、一日使ってじっくりと味わいたい素晴らしい施設なんです。(営業時間は時季によって異なります)

湯あみの島

岩盤浴の部屋は熱さやテーマ別に分かれており、たっぷり汗を流したい方は「燃」、リラックスした空間を楽しみたい方は「緑」、少し暗い空間で眠りたいという方は「星」、ヨガで体をストレッチしたいという方には「禅」などがあります。

「湯あみの島」岩盤浴

朝、サービスエリアで朝ごはんを食べた後に、湯あみの島の岩盤浴でリラックスしてから、遊びに行くのもいいかもしれません!

長島温泉 湯あみの島

三重県桑名市長島町浦安333 Google Map
0594‐45‐1111(ナガシマリゾート代表)
土日祝9:30〜23:00、平日10:00~23:00(受付22:00まで)※営業時間はシーズンにより変動あり
料金:一般入館券2,100円/岩盤浴セット券2,400円
Webサイト



まとめ

ナガシマリゾートの営業時間は時季によって異なりますが、だいたい平日10:00から、土日は9:30からオープンのため、バス到着後からだいたい1時間くらいは時間があります。周辺施設を上手に利用して、万全の体勢でナガシマリゾートを思う存分楽しみましょう!

※本記事は、2018/12/31に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    3,700円 4,000円
    3,700円 4,000円
    2,800円 2,800円
    2,800円 2,800円
    1,060円 1,060円
    1,060円 1,060円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/7~1/13のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ