新アメニティ搭載の4列楽のびシート! 関東~関西間で運行する「VIPライナー103便」とは? 消灯後もスマホOK!? | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

新アメニティ搭載の4列楽のびシート! 関東~関西間で運行する「VIPライナー103便」とは? 消灯後もスマホOK!?

平成エンタープライズの「VIPライナー103便」は、関東~関西間を運行する4列楽のびシートの夜行バスです。コンセント・プライベートカーテンなどの基本的なサービスに加え、VIPライナーの中でも新しいアメニティが搭載されています。


ざっくり、こんな記事

  • VIPライナー103便は関東~関西間を走る夜行バス
  • バスでぐっすり眠りたい方必見の新アメニティ
  • 低反発の4列楽のびシートで快適!


VIPライナー103便は新アメニティ付きの4列楽のびシート

「VIPライナー103便」は4列楽のびシートの夜行バスです。走行ルートは王子・バスタ新宿~大阪梅田・なんば・堺東。1日1往復運行しています。女性専用車ではありませんが、女性の隣は必ず女性になるよう配席されるので、女性にもおすすめのバスです!

白を基調として水色のロゴやハイビスカスがポイント
白を基調として水色のロゴやハイビスカスがポイント
VIPライナー103便

トイレ付きの車両ではありませんが、2~3時間おきにトイレ休憩があるので安心。


VIPライナー103便は新アメニティで快適に眠れる…!

VIPライナー103便は新アメニティ「ピタっとピロー」が搭載された車両。このピタっとピローは、頭を固定してくれる優れものです。

夜行バスだと寝違えたり、頭がグラグラして起きてしまう…という悩みから解放されるかも!?

VIPライナー103便車内
VIPライナー103便車内
新アメニティ「ピタっとピロー」
新アメニティ「ピタっとピロー」

ぐらつく頭を固定してくれる!
ぐらつく頭を固定してくれる!

ピタっとピローが利用できるのは、VIPライナー103便のほか、2023年9月時点ではアクアスターとVIPライナー3便です。


VIPライナー103便の車内はどうなってる?

VIPライナー103便は低反発シートが採用されています。4列シートではありますが、長時間の乗車でも辛くない! リクライニングの最大角度は135度です。

ピタっとピローだけでなく、VIPライナー103便にはシートキャノピーも付いています。こちらは頭から被り、顔を隠せるシェードです。なんとこのシートキャノピーを利用すれば、消灯後もスマホを使うことが可能! VIPライナー103便を含め、一部のバスがこの「スマホし放題バス」となっています。

スマホを利用したい方も、ぐっすり寝たい方も助かるのがこのシートキャノピー。顔を隠せるので、寝顔を見られる心配もありません。プライベートカーテンがあるのも嬉しい!

シートキャノピーでスマホ利用もOK
シートキャノピーでスマホ利用もOK
リクライニングした状態
リクライニングした状態

前の座席にはドリンクホルダーや網ポケットあり。フットレストも付いていますよ。

前席の背面にドリンクホルダーなど
前席の背面にドリンクホルダーなど
フットレスト
フットレスト

そのほかの設備・アメニティも充実! コンセントは各席に付いています。移動中にスマホの充電は済ませておきたいですよね。

コンセント
コンセント
窓側席のコンセントは壁に配置
窓側席のコンセントは壁に配置

またブランケットや低反発ミニ枕は乗車前から座席に置いてあります! ミニ枕はネックピローのような感じで利用するのも良さそうでした。

大判のブランケット
大判のブランケット
低反発ミニ枕もあります
低反発ミニ枕もあります


安眠したい方や移動時間を有効活用したい方におすすめ

関東~関西間を走る夜行バス

VIPライナー103便の特徴は何といっても、新アメニティ・ピタっとピローが搭載されている点。移動中はがっつり寝て、次の日は観光や仕事に備えたいという方におすすめです。

寝ようとしてもなかなか寝つけない場合は、シートキャノピーを下ろしてスマホをいじってもOK。状況に応じて使い分けられる便利な車両です! 新アメニティのほかにもコンセント、プライベートカーテン、ブランケット、低反発ミニ枕など基本的なサービスも充実しています。

ぜひシートキャノピーを使って、ぐっすり眠ったり、周りの目を気にせずスマホでドラマや映画を観て過ごしてくださいね。

■運行情報

「VIPライナー103便」を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。

※設備は都合によって変更されることがあります
※繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります
※2023年10月時点で運行している路線です

※取材協力/平成エンタープライズ


※本記事は、2023/10/09に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    5,200円 4,800円
    5,200円 4,800円
    650円 650円
    990円 990円
    1,500円 1,000円
    2,200円 2,200円
    9,800円 9,800円
    12,400円 12,400円
    12,300円 12,300円
    10,500円 8,500円
    5,200円 5,800円
    5,200円 4,800円
    11,000円 11,000円
    6,600円 5,700円
    7,800円 6,000円
    7,700円 7,700円
    8,150円 7,810円
    3,500円 3,500円
    5,500円 5,500円
    2,000円 2,000円
    3,300円 3,300円
    2,600円 2,600円
    3,400円 3,400円
    3,500円 3,500円
    9,900円 6,600円
    3,120円 3,120円
    3,040円 3,040円
    4,320円 4,320円
    4,800円 4,800円
    5,200円 6,600円
    佐賀 → 難波(なんば)
    --- 6,800円
    7,500円 9,000円
    8,800円 8,800円
    9,500円 9,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング2/19~2/25のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ