女子にオススメ! ダイソー&ドラッグストアで買える旅の快適アイテム11選 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

【11選】プラスαで持っていきたい女子旅グッズ!さらに旅が快適になるアイテムまとめ

旅行の足にバスを選択する「バス旅女子」が増えてきています。しかし、長時間におよぶ移動には女子だからこそ必要なアイテムもあるはず。そこで、バス旅をする女子ならではの悩みを解決してくれる「安くてかわいくて機能的」なアイテムを11種チョイスして紹介します!


「どうしたら快適なバス旅に出かけられるの〜?」というバス旅初心者女子も安心して旅に出られる、「安くて可愛くて機能的」なお助けグッズは、実はダイソーやドラッグストアなど身近なお店で調達できます。これさえあれば超快適!

1:マスク

乾燥しやすいバス車内での必須アイテム筆頭は、やっぱり「マスク」でしょう。

風邪防止や花粉対策など、日常的に利用されている方も多いかと思いますが、ここで重要視すべきは、機能面です。デイリー使いなら小さめサイズなど顔とのサイズで選びたいものですが、バス旅では実は大きめサイズの方が実用的なんです。

なぜなら、さり気なくノーメイクの寝顔をカバーしてくれるという大役を担ってくれているから。ここでは、特にオススメの3点をクローズアップします。

下の写真の商品は最もベーシックなマスクですが、個包装されており便利。清潔面でも気になりにくいこちらがオススメです。旅先用、帰りのバス用など、必要な枚数だけ持っていけます。

個包装されているベーシックなマスク
個包装されているベーシックなマスク

匂いに敏感な方には、消臭効果の高いタイプがオススメです。
いくら清潔なバスでも、乗り物特有の匂いや他の乗客の香りが気になる場合もあるので、準備しておくことで「眠れない!」なんてことにならなそう。

消臭効果の高いマスク
消臭効果の高いマスク

乾燥が気になる方には、加湿タイプもオススメです。季節問わずスッキリした旅を楽しみたいという方に、特にオススメです。

加湿タイプのマスク
加湿タイプのマスク


2:アイマスク

夜行バスでは、光を遮断し快適な眠りへと導いてくれる「アイマスク」も必須ですよね。

ただ、できるだけ荷物を減らしたいバス旅では、使い捨てのタイプが超絶便利なんです。外国人観光客にも大人気のホットアイマスクなら、目元の乾燥を保護してくれるだけでなく、リラックス効果も絶大。自宅にいるような心地良い旅を叶えてくれます。

ホットアイマスクは、香り付きもあるので、好みの香りを選ぶのも旅の楽しみのひとつ。

香り付きのホットアイマスク
香り付きのホットアイマスク

寝付くまで映画やドラマを鑑賞したいという方には、目元に穴があいているタイプもオススメです!

目穴が空いているタイプのホットアイマスク
目元に穴があいているタイプのホットアイマスク


3:ネックピロー

より快適なバス旅を求めるなら「ネックピロー」も大事なアイテムです。

荷物を最小限にまとめるためには、畳めるタイプが賢い選択。さらに欲を言うなら、肌当たりが優しい素材を選ぶと、心地良い移動時間を過ごせます。
角が当たると痛いビニールタイプではなく、ベロア素材など肌に負担が少ない素材選びを意識して。

ネックピローは肌に負担のない素材選びを
ネックピローは肌に負担のない素材選びを


4:ジップロック

荷物をスマートに収納するなら、マスクや薬など、旅に持っていきたいアイテムをコンパクトにまとめられる「ジップロック」が便利です。

旅先で手に取ったショップカードや砂浜で拾った貝殻など、旅の思い出を詰め込むのにも役立つアイテムです。どんなシーンでもフレキシブルに対応してくれる万能タイプは、やっぱりスタンダードなジップロック。

ジップロック
ジップロック

旅気分を盛り上げるのは、今どき風なデザインアイテム。大きさ違いで数枚ずつ持っておくと、用途別に使えて便利です。

デザイン性の高いジップロック
デザイン性の高いジップロック


5:ウェットティッシュ

神社やお寺に参拝する時や食べ歩きシーンなど、ちょっと手を拭きたくなることって意外とありますよね。
そんなときこそ、女子力の高さの見せ所。ささっと「ウェットティッシュ」を取り出せたらスマートです。女子のたしなみとして準備しておきましょう。

自分や周りの気持ちが上がる、キュートなデザインを選んでみては?

ウェットティッシュも「かわいい」を優先!
ウェットティッシュも「かわいい」を優先!


6:水ボトル

知らない土地へ出向く時に、持っておくと意外と便利なのが水分補給用の「水ボトル」です。

移動中のバス内ではもちろんのこと、土地勘のない場所への旅では欲しい時に欲しいものが買えないシーンも予想されるので、より快適な旅を楽しみたいなら用意しておきましょう。

可能であれば、必要ない時には小さくたたんで持ち運べる折りたたみ式がベストチョイスです。

水ボトル
水ボトル


7:ノンワイヤーブラ

初めてのバス旅で心配なのは、ブラジャー選び。就寝時間と昼間の活動時間、両方のことを考えると、断然「ノンワイヤーブラ」がオススメです。

ナイトタイムにはつけたまま寝ても苦しくなく、デイタイムでも快適に過ごせるだけでなく胸の形も美しくキープしてくれます。特に、つけ心地の軽さから爆発的にヒットしているジニエブラや、アウターに響きにくいスロギーが人気です。
最近ではGUのブラフィットなども人気急上昇中なので、好みで使い分けるとより旅を楽しめそうですね。

ノンワイヤーブラ
ノンワイヤーブラ


8:メディキュット

長時間にわたる乗り物移動の際には、どうしても足のむくみがつきもの。いつの時代にも、意識の高い人が手放せないのは、やっぱり「メディキュット」でしょう。

最近では様々な商品があるので、人前でも恥ずかしくないようなキュートな見た目のものを選びたいですね。触れるだけで癒される、ソフトタッチなソックスタイプが特に人気です。

メディキュット
メディキュット


9:ハンカチやミニタオル

「ハンカチ」や「ミニタオル」は、手を拭く以外にも、旅の思い出として持ち帰りたい落ち葉や小石などちょっとしたものを包む時にも重宝します。

風呂敷がわりにも使えるので、あえてちょっと大きめのバンダナなどをストックしておくのも良さそうです。

ハンカチやミニタオル
ハンカチやミニタオル


10:多機能モバイルバッテリーなど

小トリップに持っていくべき「モバイルバッテリー」選びの基準は、「高機能」「急速充電可」「最軽量」の3ポイント。
できるだけコンパクトで、多機能のものを選ぶと安心です。スマートフォンの充電が何回できるのか、USBやtype-Cの変換用アダプターの可否など、自分に必要な機能が内蔵されているかを抜かりなくチェックしましょう。

【最小&最軽量】
商品名:モバイルバッテリー ケーブル内蔵 最軽量 9000mAh iPhone&Android&Type-C対応 急速充電可能 大容量 【PSE認証済】(ブラック)
金額:2,699円(税込み)
Amazonで見る


11:エコバッグ

最後にご紹介するのは、今回ご提案した全ての必須アイテムを詰め込めるだけでなく、不必要なときには小さく折りたたんでポケットにもしまえる「エコバッグ」です。

旅先で購入したお土産も難なく収納できる、その手軽さが魅力的。忘れずに用意しておきましょう。

エコバッグ
エコバッグ


まとめ

初めてのバス旅でも快適に過ごせる11種のアイテムをご紹介しました。今回ご提案したものは、ダイソーやドラッグストアをはじめ、身近なお店で簡単に手に入るものばかりです。

まずは、リーズナブルな旅アイテムを揃えて、私的ベスト旅グッズで充実した旅を楽しんでください!

※本記事は、2019/05/14に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    3,440円 2,300円
    3,440円 2,300円
    2,900円 2,000円
    3,000円 2,200円
    東京 → 新潟
    --- 2,600円
    4,500円 2,900円
    6,500円 4,500円
    東京 → 福岡
    --- 9,100円
    4,240円 2,300円
    5,800円 3,800円
    4,500円 2,300円
    2,960円 2,000円
    3,500円 2,300円
    新潟 → 東京
    --- 2,600円
    6,000円 2,900円
    7,000円 4,500円
    福岡 → 東京
    --- 9,100円
    6,800円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ