民泊って実際どうなの? 予約方法や料金設定、メリット・デメリットは? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

カプセルホテルよりも安い!? 最近気になる民泊の予約方法やメリット・デメリットを解説

最近よく耳にするようになった「民泊」。知ってはいるけれど、実際に使ったことがある人はまだ少ないのでは? そこで、ウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」を利用した民泊施設の予約方法や料金体系、民泊のメリット・デメリットを紹介します。大人数で宿泊すれば、カプセルホテルよりも安くなることも!?

ざっくり、こんな記事

  • そもそも「民泊」って何?
  • カプセルホテルよりも安い!?
  • 宿泊代だけではなくプラスでかかる料金は?

海外では、ホテル代わりに他人の家で過ごす“民泊”が主流になってきています。最近は日本でもCMが放映されているので、知ってる人も多いのでは。ホテルに泊まるよりも安く利用できることで人気の民泊。

今回は、予約方法やメリット・デメリットを解説します。これから民泊を利用してみたいと検討中の方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

d60ab97ec7e306ad30603ef4b8c3a223_s.jpg


そもそも「民泊」って何?

民泊とは、旅行者がホテルなどを利用せず、一般の民家に宿泊することを指します。最近では個人宅や、所有する部屋などの貸出も一般的になってきました。

民泊事業が徐々に日本に浸透してきた数年前は、従来の旅館業法で考えると、ほとんどのケースが要件を満たしておらず、実は、無許可の違法民泊も多くありました。

しかし2018年6月に住宅宿泊事業法が施行され、これまでに比べるとルールはかなり緩和されたことにより違法民泊の数も減少。現在の民泊は、利用者にとってより安心できるものとなりました。

ed6ccda376c276edb35cbc8af53d8c67_s.jpg


気になる予約方法は?

それではここからは民泊の気になる予約方法を解説していきましょう。今回は、民泊や宿泊施設を借りたい人のための大手ウェブサイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」の予約方法を見ていきます。

まず、Airbnbのトップページにアクセス。登録が済んでいない方は、Airbnbのアカウントを作成しましょう。Facebookからもプロフィールを作成できるので、とっても簡単です。

「Airbnbで探す」の「宿泊先」を選択します。

IMG_4020.PNG

上部の検索バーに宿泊したいエリアを入力し、予約日・フィルター(人数・価格帯・部屋のタイプなど)から希望条件に合わせて、設定していきます。

IMG_4021.jpg

すると、たくさんの検索結果がでてくるので、気になる物件を見つけたら、そのページをクリックしましょう。リスティングの注目ポイントという欄で、他の利用者の評価などをチェックできます。

03.png

リストの下には、スペースや、ゲストが立ち入れる範囲、設備などの説明が書かれてあります。注意事項が書かれている部分には、料金の計算方法が表記されていることもあります。

※民泊で注意しなくてはいけないのが、宿泊料だけでなく、清掃費やAirbnb手数料、保証金などが請求されること。ぜひ注意事項はよく読むようにしてください

もし、予約前にホストの方に質問したい場合は「ホストに連絡」というボタンがあるので、ぜひ利用してください。スーパーホストの方は約1時間以内に返信してくれるので、即予約したいと思っている方でも安心です。

※スーパーホスト…利用者から高い評価を受けているベテランホストのこと

04.png

気に入ったら、チェックインの日にち、チェックアウトの日にちを入れて予約ボタンを押しましょう。

05.png


普通のホテルとは違う料金設定とは?

カプセルホテルなどの一般的なホテルとは違って、気をつけなくてはならない点がいくつかあります。それは、料金の内訳。民泊のほとんどが、一泊の料金に清掃費やAirbnb手数料がプラスされます。また、部屋や物を破損させてしまった場合は、保証金が請求されることがあります。

もちろん物件によってルールは変わってきますが、料金トラブルにならないように、わからないことがあればすぐにホストに連絡するといいでしょう。料金の内訳は【予約】ボタンを押すと記載されているので、チェックを忘れないようにしてくださいね。

IMG_4017.jpg


民泊のメリット・デメリットは?

メリットは、やっぱりホテルよりも安く宿泊することが可能ということです。また、普段泊まることのできないような部屋で、地元民になった気持ちで宿泊できるのも魅力的ですね。短期間の旅行でも現地の生活を体感できるのは、民泊ならではのメリットだと思います。

続いてデメリットを挙げてみます。例えば、ホテルとは違って、アメニティが少ないこと。格安のお部屋の場合は、アメニティが一つも付いていないなんてことは普通にあります。また、立地が悪い場合もあります。予約してみて、いざ宿泊先に行ったら、夜道が真っ暗な場所にあった……なんてことも。また、海外の人が利用する場合は、言葉の壁なども問題になってきます。

まとめ

いかがでしたか? 民泊を利用するために必要な最低限の情報を今回はご紹介しました。普段とは違った経験もしてみたい!という方は、ぜひ利用してみるといいかもしれません。素敵な旅になるといいですね。

※本記事は、2018/11/01に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    2,300円 2,500円
    2,300円 2,500円
    1,900円 1,750円
    1,950円 2,300円
    1,700円 2,500円
    2,000円 2,530円
    6,500円 6,000円
    8,000円 9,100円
    2,200円 2,500円
    3,600円 3,800円
    2,200円 2,500円
    2,000円 1,750円
    1,890円 1,890円
    1,700円 2,500円
    2,100円 2,530円
    6,500円 6,000円
    8,000円 8,500円
    3,600円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/12~11/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ