アルピコ交通&京王電鉄バス運行の「新宿~松本線」乗車記 Sクラスシートの乗り心地をレポート | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

アルピコ交通&京王電鉄バス運行の「新宿~松本線」乗車記 Sクラスシートの乗り心地をレポート

「新宿~松本線」は、アルピコ交通と京王電鉄バスが共同運行する高速バスです。この路線では、プラス1,000円することで“Sクラスシート”と呼ばれる特別なシートに変更できます。一体全体、どんな乗り心地なの!? 気になったので乗車してみました。

ざっくり、こんなバス

  • ゆったりトイレや女性専用エリアもあり
  • ワンクラス上の乗り心地「Sクラスシート」でより快適に
  • 電車より断然お得

アルピコ交通と京王電鉄バスの共同運行で、新宿と松本を約3時間で結ぶ「新宿~松本線」。松本発は1日24便が運行されていますが、そのうち16便には “Sクラスシート”が装備されています。

Sクラスシートは“ワンクラス上の乗り心地”とうたわれており、運賃プラス1,000円で乗ることのできる特別シート。座席数は車両により4席、もしくは7席です。一体全体どんな乗り心地なの!? どきどきしながら、乗車してきました。


松本バスターミナルからいざ乗車

乗車したのは平日、松本からです。乗り場はアルピコプラザの1階にある「松本バスターミナル」で、11:20発の5922便です。

アルピコプラザは松本駅東口から徒歩3分
アルピコプラザは松本駅東口から徒歩3分
松本バスターミナル
松本バスターミナル
アルピコプラザの地下には物産店や休憩スペースあり
アルピコプラザの地下には物産店や…
休憩スペース
休憩スペースあり

無料の冷蔵コインロッカーもあって意外な穴場です
無料の冷蔵コインロッカーもあって意外な穴場です

バスが来ました~
バスが来ました~

Sクラスシートのあるバスは34人乗りと33人乗りがあるそうですが、今回は34人乗りのもの。前方の4席がSクラスシートでした。ちなみに通常シートには、中央部分に女性専用席があります。こちらは全便に設置しているそうで、女性も安心です!

アルピコ交通・高速バス・松本~新宿 車内はこんな感じです
車内はこんな感じです

トイレは着替えや化粧もできる、広々パウダールーム付き
トイレは…
アルピコ交通・高速バス・松本~新宿 パウダールーム
着替えや化粧もできる、広々パウダールーム付き


気になるSシートの乗り心地は……?

さて、気になるSクラスシートはというと――。通常の席は4列シートですが、こちらは3列独立シート。厚めのクッションが使われたワイドシートでゆったり座れる上に、可動式枕、レッグレストまで付いていました。

じゃーん、幅広! レッグレスト付き!(Sクラスシート)
じゃーん、幅広! レッグレスト付き!(Sクラスシート)
こちらは通常シート
こちらは通常シート
Sクラスシートのみ、毛布とスリッパが付きます
Sクラスシートのみ、毛布とスリッパが付きます
ふかふか枕
ふかふか枕
ドリンクホルダーと荷物かけ
ドリンクホルダーと荷物かけ
コンセントはアームレストの脇に
コンセントはアームレストの脇に
車内にWi-Fiが飛んでます
車内にWi-Fiが飛んでます
自由に閉められるカーテン
自由に閉められるカーテン

バスは定時に出発進行。すぐに、ルートや休憩場所の説明、シートベルト着用・禁煙・携帯電話はマナーモードなどの注意事項の放送がありました。

松本バスターミナルから乗り込んだのは15人ほどで、その後「松本インター前」で5人が乗車。つづいて「長野道神林」「長野道広丘野村」「長野道みどり湖」の各停留所で数人ずつが乗り込み、最終的に8割がたの席が埋まりました。ちなみに通常シートでも十分快適だからか、Sクラスシートは4席中2席のみの乗車で、セレブ感が高まっています……!

休憩は「双葉SA」で1回。12:45に到着して、10分間でした。

こぢんまりした双葉SA
こぢんまりした双葉SA
「武田信玄」推しの土産物コーナー
「武田信玄」推しの土産物コーナー

ペ、ペッパーくんまで……!?
ペ、ペッパーくんまで……!?

そんなこんなで東京都へ突入、「中央道日野」で数人が下車したのち、終点の「バスタ新宿」へは14:38の定刻より10分ほど早く到着しました。

中央道日野ではボタンを押して降りるシステムです
中央道日野ではボタンを押して降りるシステムです
バスタ新宿に着いたー。下車時に乗車券の回収があるのでしかと保管を!
バスタ新宿に着いたー。下車時に乗車券の回収があるのでしかと保管を!

Sクラスシートでの移動は、むちゃくちゃ快適だった~! ふだん4列シートしか乗ったことのない人間には快適すぎて、それからまた4席しかない(うち2席しか乗っていない)というセレブっぷりに、ちょっと落ち着かないくらい……。と、そわそわしていたのもつかの間、心地よすぎて寝てしまい、3時間がほんとうにあっという間に感じました。

Sシートに乗っても、電車より断然お得

松本と新宿間はJR特急スーパーあずさを使うと、約2時間半で約6,400円です。30分の違いさえ気にならなければ、バスは通常シートで基本3,500円(往復割引券や回数券使用で3,050円)なので、プラス1,000円でSクラスシートに変更しても4,500円(4,050円)と、電車より安く移動できます。

バス便は意外と多いので使い勝手も悪くないし、なにより乗り心地ばつぐん! もちろん通常シートの乗り心地も悪くないのですが、疲れていてゆっくり寝ていきたいとき、移動中に仕事を片付けたいとき、Sクラスシートは強い味方って感じがしました。
というか、一度あの快適さを覚えちゃうと、なんでもないときにも奮発して乗ってしまいそう……。Sクラスシートは、かなり満足度の高いシートだと思います!

※本記事は、2018/10/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • 予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    520円 520円
    2,010円 2,010円
    2,270円 2,500円
    2,270円 2,500円
    2,300円 2,570円
    2,000円 1,780円
    1,890円 1,890円
    3,870円 3,900円
    2,370円 3,010円
    2,810円 3,210円
    2,500円 3,000円
    2,000円 2,400円
    1,400円 1,400円
    950円 950円
    520円 520円
    1,650円 1,650円
    1,900円 1,900円
    1,650円 1,650円
    1,400円 1,400円
    1,300円 1,300円
    1,750円 2,500円
    2,110円 2,530円
    3,800円 4,000円
    2,110円 2,530円
    2,300円 2,570円
    3,150円 2,400円
    4,100円 4,100円
    6,700円 6,700円
    3,500円 3,000円
    3,900円 3,510円
    6,500円 6,000円
    9,000円 6,500円
    9,000円 6,500円
    7,500円 8,000円
    6,900円 6,900円
    6,000円 5,200円
    6,900円 5,800円
    7,000円 6,000円
    8,000円 8,500円
    9,800円 9,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/12~11/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ