TDLやUSJ旅行に使いやすいVIPライナー「アクアスター」! トイレ付き4列シートで快適に過ごせる設備が多い | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

TDLやUSJ旅行に使いやすいVIPライナー「アクアスター」! トイレ付き4列シートで快適に過ごせる設備が多い

数あるVIPライナーのバスの中で、唯一トイレ付きの4列シート車両。それがTDL~USJを結ぶ高速バス「アクアスター」です。正規料金でも4,500円からの格安価格でトイレ付きはとっても便利! フットレストや腰ピロー、大判毛布など、くつろぐための設備も満載。その魅力をご紹介します。


ざっくり、こんな記事

  • アクアスターだけの特徴は?
  • 4列シートなのにくつろげる! 座席周りの設備を紹介
  • 移動費を抑えながらなるべく快適に移動したい人に


VIPライナーで唯一のトイレ付き4列シートのバス「アクアスター」

アクアスターは関東~関西を結ぶ夜行バス。具体的には、東京ディズニーランド(TDL)・東京・横浜~京都・大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を結ぶ路線です。シートタイプは「4列スタンダードシート」、トイレ付き車両です。

VIPライナーのシートタイプは全部で6種類。そのうち半分が4列シートで、「4列電動バックシェルシート」「4列楽のびシート」「4列スタンダードシート」の3種類があります。この3種類の4列シート車両の中で、トイレ付きバスはアクアスターのみ。

アクアスター外観。白と水色で清楚なイメージ
アクアスター外観。白と水色で清楚なイメージ


アクアスターの車内の様子は…

アクアスターは横4列×縦11列。トイレがあるため4席分減り、座席は全部で40席です。そのうち1C・1Dはドライバーの仮眠席となるので、実際に乗客が乗車できるシートは38席。

アクアスター車内。横4列×縦11列(画像提供:平成エンタープライズ)
アクアスター車内。横4列×縦11列(画像提供:平成エンタープライズ)

座席リクライニングの最大角度は120度、シート幅は42cmです(アームレスト含まず)。それだけだと成人男性にはちょっとタイトめかな? という感じがしますが、シートの前後感覚が約88cmあり、一般的な4列シート座席よりも足元がゆったりしているので、むしろゆとりがあるように感じられますよ。

縦が11列ありながら座席の足元空間がゆったりしているのは、背周りのコンパクトさと快適さを同時に備えたシートならではです。

座席リクライニングを倒す前の状態(画像提供:平成エンタープライズ)
座席リクライニングを倒す前の状態(画像提供:平成エンタープライズ)
リクライニングを倒した状態(画像提供:平成エンタープライズ)
リクライニングを倒した状態(画像提供:平成エンタープライズ)


低反発シートとピタっとピロー

アクアスターの座席シートは、2023年に大きく進化! 座面が低反発シート仕様となり、頭が当たる部分には「ピタっとピロー」が採用されました。

低反発シートは、従来の座席の上にさらにシートを重ねる形。シートの座面だけでなく背もたれ部分まで覆っているので、全身ゆっくり低反発シートでくつろげるのです。もちろん、リクライニングも問題なく倒せます。

04_低反発シート1_先方拝借.jpg
シートの上に低反発シートが重なり、座り心地が大幅アップ! (画像提供:平成エンタープライズ)

またピタっとピローはその名の通り、頭にピタっとフィットする枕(ピロー)のように、頭を優しくホールドしてくれるシート設備。これによってシートのリクライニングを倒した後も頭の位置が自然と定まり、体がリラックスできるのです。

「ピタっとピロー」があれば頭が固定されくつろぎやすい! (画像提供:平成エンタープライズ)
「ピタっとピロー」があれば頭が固定されくつろぎやすい! (画像提供:平成エンタープライズ)

「スマホし放題」を可能にするシートキャノピーや充電設備など

また、2022年12月に新しく始まったのが「スマホし放題バス」。これまでの夜行バスでは「消灯後にはスマホはなるべく使わない」のがマナーでしたが、「スマホし放題」サービスのある便では、徹夜でスマホを扱ってOKとなったのです!

その秘密は、シートの頭部分を覆うシェードである「シートキャノピー」。自分で自由に開閉可能なこのキャノピーのおかげで、光漏れの心配なく手元でスマホを扱えるのです。

シートキャノピーを上げた状態
シートキャノピーを上げた状態
下ろした状態。肩下くらいまですっぽり覆われる
下ろした状態。肩下くらいまですっぽり覆われる

前座席の背面には透明ポケットも登場。目の前にスマホを固定しておけますよ。これは動画視聴などに便利!

前座席の背面ポケット。スマホを入れれば手ぶらで動画視聴OK! (画像提供:平成エンタープライズ)
前座席の背面ポケット。スマホを入れれば手ぶらで動画視聴OK! (画像提供:平成エンタープライズ)

コンセントは各座席に1つずつあるので、充電切れの心配もいりません。

コンセントはこの位置(シートはキャノピー・低反発シート装着前)
コンセントはこの位置(シートはキャノピー・低反発シート装着前)

フットレストやプライベートカーテン

座席の足元にはフットレストが、隣座席との間にはプライベートカーテンとアームレストがありますよ。これは4列シートには嬉しいポイント。

フットレストあり。靴を脱いで使いましょう
フットレストあり。靴を脱いで使いましょう
隣座席との間にはアームレストあり(シートは低反発シート装着前)
隣座席との間にはアームレストあり(シートは低反発シート装着前)
座席間にはプライベートカーテンも(シートは低反発シート装着前)
座席間にはプライベートカーテンも(シートは低反発シート装着前)


サービスやアメニティは…

各シートにはブランケットと腰ピローあり。また低反発ミニ枕も借りられます。特にブランケットはVIPライナーバス共通のシングルベッドサイズの大判毛布。身体の大きな人や身体をくるむように使いたい人も安心です。窓際席にはハンガーもあり。

なおVIPライナーでは、毛布や低反発枕、シートカバーなどはすべて毎日洗濯されていますよ。

クッションと毛布。毛布は大判・シングルベッドサイズ! (シートは低反発シート装着前)
クッションと毛布。毛布は大判・シングルベッドサイズ! (シートは低反発シート装着前)
窓際席にはハンガーも
窓際席にはハンガーも


トイレ設備は後方に

アクアスターはトイレ付きバス。また、走行時には夜中にSAでのトイレ休憩が3回挟まれます。車内トイレとSA休憩でのトイレ、どちらも選べるので安心ですね。

トイレは座席の最後方・バス前から向かって右側に。トイレ内には手すりと洗面所もあり。

トイレ位置は座席後方
トイレ位置は座席後方
トイレ内に洗面所あり
トイレ内に洗面所あり

トイレ休憩時には、車両ナンバーの書かれたカードが渡されるので、乗車していたバスがわからなくなる心配もなし。

トイレ休憩時にはアクアスターの車両カードを受け取れる
トイレ休憩時にはアクアスターの車両カードを受け取れる


TDLやUSJ旅行に使いやすい「アクアスター」

アクアスターの特徴は、何と言ってもVIPライナー4列シートで唯一のトイレ付き車両であること。正規料金でも4,500円からの格安価格で便利に関東~関西間を移動できる上に、車内トイレのある安心感まである車両なのです。

また格安4列スタンダードシートとは言え、フットレストで足を休められるし、低反発枕や大判毛布でしっかりくつろぎ体勢を整えることもできます。これはTDLやUSJ旅行の足として、旅費は押さえたいけどちょっとでも身体を休ませたい…なんて考えた時にぴったりですね。

ではでは、アクアスターで便利に東京・大阪旅を楽しんでくださいね。

■運行情報

「アクアスター」を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。

※設備は都合によって変更されることがあります
※繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります
※2023年10月時点で運行している路線です

※取材協力/平成エンタープライズ

※本記事は、2019/12/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。書籍「全国 大人になっても行きたいわたしの絵本めぐり」(GB出版)、「はっけん!鉄道NIPPON 地図と路線で知る47都道府県」(ヴィトゲン社/PHP研究所・画像提供)

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 4月 5月
    730円 730円
    1,300円 1,300円
    2,300円 3,600円
    2,000円 3,600円
    2,300円 3,600円
    2,100円 2,500円
    3,500円 3,700円
    5,100円 3,900円
    3,800円 4,000円
    7,560円 7,560円
    2,900円 2,900円
    3,000円 3,000円
    5,300円 5,300円
    2,300円 2,300円
    1,700円 1,700円
    2,200円 2,200円
    3,000円 3,000円
    3,200円 3,200円
    4,950円 4,950円
    2,700円 4,200円
    3,000円 4,200円
    4,500円 4,500円
    3,000円 4,200円
    2,300円 3,900円
    2,400円 3,100円
    4,400円 4,100円
    6,200円 7,100円
    4,500円 4,500円
    6,200円 6,700円
    9,300円 9,300円
    7,120円 7,120円
    7,000円 7,000円
    7,620円 7,620円
    7,700円 7,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/8~4/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ