名古屋バスの昼行バス「東名特急ニュースター号」乗車記【名古屋→東京】 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

名古屋バスの昼行バス「東名特急ニュースター号」乗車記【名古屋→東京】

東京バスと名古屋バスが運行する高速バス「東名特急ニュースター号」は、2018年3月30日から運行を開始した新しい高速バスです。昼便の同バスは観光にも帰省の際にもおすすめ。今回はバス車内のご紹介と乗車記をお送りします!

ざっくり、こんなバス

  • カラフルなバス車内でゴージャスな気分に!
  • 愛知県庁前バス停近くには観光名所アリ!
  • 休憩2回でお土産を買い忘れても安心


「東名特急ニュースター号」とは?

「東名特急ニュースター号」は名古屋~東京間を走り、片道は2,900円からと比較的安く移動できる高速バスです。前述したとおり、運行は2018年の3月30日からなので比較的新しいバスです!

「東名特急ニュースター号」外観
「東名特急ニュースター号」外観

気になる車内をチェック!

さて、ここからはバス車内をチェックしていきましょう。座席は4列シート。全部で49席あります。プラズマイオンクラスター(イオン発生機)が搭載されているので、車内浄化作用により空気がとってもキレイ。トイレは設置されていません。

前方からみた車内
前方からみた車内
中央座席からみた車内
中央座席からみた車内

座席周りにはフットレストやレッグレストがなく、リクライニングの角度は浅めです。

青と赤のシートがとってもカラフル!
青と赤のシートがとってもカラフル!
座席から見た前方の様子
座席から見た前方の様子
座席の柄(赤)
座席の柄(赤)
座席の柄(青)
座席の柄(青)
座席上部には空調設備があります
座席上部には空調設備があります
シートベルトは腰回りを締めるタイプ
シートベルトは腰回りを締めるタイプ
リクライニング前
リクライニング前
リクライニング後
リクライニング後
座席前ポケット。ドリンクホルダーもここにあります
座席前ポケット。ドリンクホルダーもここにあります
Wi-Fi完備。英語の冊子もあるので海外から来た方も安心
Wi-Fi完備。英語の冊子もあるので海外から来た方も安心

コンセントは窓側の座席のみ設置されています
コンセントは窓側の座席のみ設置されています

「東名特急ニュースター号」乗車記

私が乗車したのは、名古屋バスが担当する名古屋から東京に向かう便。16:05に愛知県庁前を出発する便です。愛知県庁前近くには、名古屋城もあるので、バス乗車ギリギリまで観光を楽しめました。

愛知県庁
愛知県庁
バス停周辺は秋だと紅葉が楽しめました!
バス停周辺は秋だと紅葉が楽しめました!
地下鉄でアクセスする場合は名城線の市役所駅を利用
地下鉄でアクセスする場合は名城線の市役所駅を利用
一番近い出口は3番です
一番近い出口は3番です

愛知県庁前バス停
愛知県庁前バス停

バスは16:00ごろにバス停へ入線。できればバス出発時刻の10分前にはバス停に来るのがオススメです。ちなみにバス停前には待合スペースのようなものはありません。

乗車後、名古屋栄や名古屋駅前を通って東京方面へと向かいます。夜行バスとは違い、カーテンが開いている状態なので、街の景色を楽しむことができました。バスで移動している事自体も観光として楽しめるのはとっても嬉しいポイントです。

18:10から20分間、浜松のパーキングエリアにて休憩がありました。

浜松パーキングエリア
浜松パーキングエリア

ここでは名古屋のお土産がゲットできたので、買いそこねた人でも安心です。2回目の休憩は20:10から15分間、足柄サービスエリアでした。

足柄サービスエリア
足柄サービスエリア

車内にトイレがないので、休憩時間では乗客のほとんどが下車しているように見受けられました。サービスエリアでは他の高速バスも何台か停車していたので、自分のバスを間違えないように注意が必要。

22:25頃、東京駅鍛冶橋駐車場に到着しました! 6時間以上の乗車でしたが、カーテンが開いていたことから、街の景色を楽しみながら移動できました。

東京駅鍛冶橋駐車場
東京駅鍛冶橋駐車場


まとめ

今回乗車してみて、やっぱりカラフルな車内が印象的でした! シート越しに窓から見える観光名所を撮影すると、まるで絵の額縁のような役割をしてくれるほど。シートのデザインで、こんなにもゴージャス感を味わえるバスもなかなかありません。

また、昼便は外が明るくカーテンが開いているため観光気分で街並みを見られますので、退屈な思いをまったくしませんでした。時間に余裕があって、比較的安く東京に移動したいという方におすすめのバス便です。

東名特急ニュースター号のバス便


※本記事は、2020/01/02に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    2,000円 2,500円
    2,100円 2,500円
    1,400円 1,500円
    870円 870円
    1,400円 2,000円
    700円 700円
    8,000円 6,900円
    福島 → 名古屋
    --- 8,500円
    栃木 → 名古屋
    --- 8,500円
    10,000円 ---
    2,060円 2,680円
    2,000円 3,100円
    4,740円 1,940円
    1,200円 2,200円
    4,750円 4,500円
    5,000円 5,000円
    2,790円 2,790円
    3,300円 3,300円
    3,000円 3,000円
    1,400円 1,400円
    1,260円 270円
    2,000円 1,100円
    4,200円 4,200円
    奈良 → 名古屋
    --- 2,700円
    6,900円 6,900円
    5,500円 5,890円
    8,500円 11,200円
    8,500円 11,200円
    4,100円 4,100円
    4,100円 4,100円
    4,100円 4,100円
    4,100円 4,100円
    7,500円 7,650円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/25~5/31のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ