車両によってトイレの違いはこんなにあった! 関東バスの4種の高速バス車両を全比較 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

車両によってトイレの違いはこんなにあった! 関東バスの4種の高速バス車両を全比較

関東バスが運行する高速バスは、4列や3列独立、2階建てバス、さらには完全個室型までさまざまです。今回は車両のシートや車内トイレなどの設備、サービスを比較紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

4列シート車両

ほの国号の外観
ほの国号の外観

まずは、4列シートをご紹介します。4列シートの車両は夜行バスの「新宿・豊橋エクスプレス ほの国号」や空港連絡バス(吉祥寺駅~成田空港または羽田空港)、吉祥寺駅~東京ディズニーリゾート線、土日限定で利用できる吉祥寺駅~お台場線の高速バスで運行されています。

ほの国号の座席は全部で40席
ほの国号の座席は全部で40席
バス後方から見た様子。8列目から後ろは女性専用席
バス後方から見た様子。8列目から後ろは女性専用席
座席前にスリッパがついています
座席前にスリッパがついています
足元にフットレストがあるので、靴を脱いでラクラクに
足元にフットレストがあるので、靴を脱いでラクラクに

座席前ポケットには冊子があるので、Wi-Fi情報などはここから
座席前ポケットには冊子があるので、Wi-Fi情報などはここから

ドリンクホルダー
ドリンクホルダー
ドリンクを入れたらこんな感じ
ドリンクを入れたらこんな感じ

リクライニングはそこまで倒れません。後ろの人が快適に過ごしやすいように配慮されているのかも
リクライニングはそこまで倒れません。後ろの人が快適に過ごしやすいように配慮されているのかも
4列ですが足元にゆったり感がありました。ふかふかのブランケット付き
4列ですが足元にゆったり感がありました。ふかふかのブランケット付き

ヘッドレスト
ヘッドレスト
位置はお好みで調整できます
位置はお好みで調整できます

座席上部には洋服掛けがあります
座席上部には洋服掛けがあります

また、一部の車両ではUSBポートが利用できます。

昼行便(空港連絡バス、吉祥寺駅~東京ディズニーリゾート線、吉祥寺駅~お台場線)は、可動式のヘッドレストや充電設備、ブランケット、スリッパがなくシンプルな4列シートです。トイレとWi-Fiは利用できます(吉祥寺駅~お台場線除く)。

■4列シート車両のバス便

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。


3列独立シート車両

続いてご紹介するのが、3列独立シート車両。東京駅〜羽後本荘駅間を移動できる「エクスプレス鳥海号」のほか、岡山~新宿間の「マスカット号」(※)で運行されています。

※マスカット号は、2021年11月18日(木)より、下津井電鉄・小田急シティバス運行のルミナス号と統合してルミナス・マスカット号として運行

エクスプレス鳥海号の外観
エクスプレス鳥海号の外観
車内は3列独立シート(エクスプレス鳥海号の70号車のみ最後尾が4列)。車内移動はB席とC席の通路を通るのがオススメ
車内は3列独立シート(エクスプレス鳥海号の70号車のみ最後尾が4列)
座席には厚手のブランケット
座席には厚手のブランケット
フットレストの裏面ポケットにスリッパがあります
フットレストの裏面ポケットにスリッパがあります

レッグレストとフットレスト、肘掛け下にはコンセント
レッグレストとフットレスト、肘掛け下にはコンセント

■3列独立シート車両の運行情報

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

東京→象潟・本荘(エクスプレス鳥海号) ※2021年11月現在運休中
新宿~岡山・倉敷(ルミナス・マスカット号)
東京ミッドナイトエクスプレス京都号 ※2021年11月現在運休中


2階建て車両

続いてご紹介するのは、2階建て車両。

新宿~天理・桜井・八木・大和高田・五條間の夜行高速バス「やまと号」では、2021年12月2日(木)より、スカニア社製・2階建てバスを運行。シートは2階席は3列シート、1階席は4列シートです(2階席と1階席では運賃が異なる)。

車両設備は、フリーWi-Fi、USB充電設備、1階車両中央部にトイレを完備。シートは2階席は3列の完全独立シートでフットレストとレッグレスト付き。1階席は4列シートです。

スカニア製・2階建てバス.jpg
スカニア製・2階建てバス
1階4列シート.jpg
1階4列シート
2階3列シート.jpg
2階3列シート
座席表.jpg
座席表


■やまと号(3列独立シート・4列シート)の運行情報

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。


2階建て車両は2020年3月まで「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」でも運行されていました。

※「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」の2階建て車両は、2020年3月で定期運行が終了。通常の3列独立シート車両で運行されています。また、2021年11月現在「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」は運休中です

東京ミッドナイトエクスプレス京都号の外観
東京ミッドナイトエクスプレス京都号の外観
2階席の3列独立シート。360度囲めるプライベートカーテンがついています
2階席の3列独立シート。360度囲めるプライベートカーテンがついています

1階には4席だけ2人がけのシートがあります。こちらのシートのみ1人で2席利用可能
1階には4席だけ2人がけのシートがあります。こちらのシートのみ1人で2席利用可能

フットレスト
フットレスト
肘掛け下のコンセント
肘掛け下のコンセント
アメニティはブランケットと車内用スリッパです
アメニティはブランケットと車内用スリッパです



個室型車両

東京~大阪間を運行する「ドリームスリーパー」は、業界初の完全個室型の車両です。車内には扉付きの個室が全11室あります。

ドリームスリーパーの外観
ドリームスリーパーの外観
扉付きの完全個室
扉付きの完全個室
心地よい姿勢で眠れるゼログラビティシート
心地よい姿勢で眠れるゼログラビティシート
足元は思い切り伸ばせるスペースがあります
足元は思い切り伸ばせるスペースがあります

アメニティグッズ(歯ブラシ・ウェットタオル・ホットアイマスク・耳栓など)。その他レンタルの部屋着もあり
アメニティグッズ(歯ブラシ・ウェットタオル・ホットアイマスク・耳栓など)。その他レンタルの部屋着もあり

■個室型シート車両の運行情報

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。


トイレ周りを比較してみよう

さて、ここからは車両ごとに異なるトイレ周りについてご紹介していきます。

4列シート車両のトイレ

トイレは一番後方にあります。一般的な車内トイレなので、着替えなどは難しそうでした。

「ほの国号」のトイレ。横、9列座席後ろ側にはゴミ箱があります
「ほの国号」のトイレ。横、9列座席後ろ側にはゴミ箱があります
トイレ内
トイレ内
手洗い場
手洗い場
上部には換気口もあります
上部には換気口もあります

扉にはカバン掛けも
扉にはカバン掛けも


2階建て車両(スカニア社製)のトイレ

トイレは車内1階の後方にあります。

2階建て車両のトイレ.jpg


3列独立シート車両のトイレ

車内C席側の前から4列目にあります。広いわけではありませんが、便座用のシートペーパーや手先消毒用のアルコールジェルなどが完備されています。

トイレ内
トイレ内
トイレの前には冷水とお湯が飲めるサービス
トイレの前には冷水とお湯が飲めるサービス


完全個室型車両のトイレ

トイレは車内中央に、独立洗面台は車内後方にあります。独立洗面台には、収納式の椅子とカーテンが付いているので、朝お化粧をしたい女性にはとても使い勝手がよくなっています。

ウォシュレット付きトイレ
ウォシュレット付きトイレ
独立洗面台
独立洗面台

収納式の椅子が用意されています
収納式の椅子が用意されています
※設備は都合により変更されることがあります
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります
※紹介しているシートは、関東バスの担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります


まとめ

夜行バスの設備・サービスをまとめると以下の通りです。
共通設備・サービス:トイレ、Wi-Fi、充電設備、ブランケット、スリッパ

路線 シートタイプ カーテン お茶サービス
新宿・豊橋エクスプレス ほの国号 4列 × ×
東京ミッドナイトエクスプレス京都号 3列独立
エクスプレス鳥海号 3列独立
やまと号 3列独立・4列 ◯(3列のみ)
ルミナス・マスカット号 3列独立
ドリームスリーパー 個室 - ×(※)

※アメニティにミネラルウォーターのサービスあり

以上、関東バスが運行する車両を比較してみました。4列シートでも3列独立シートでも、アメニティや設備などはほぼ同じでしたね。トイレはやはり完全個室バス「ドリームスリーパー」のものが豪華でした。独立洗面台がついているのはバスユーザーにとってかなり嬉しいポイントです。

もちろん路線によって金額は変わってきますが、関東バスの高速バスを予約する際に本記事が参考になれば幸いです!


※本記事は、2020/01/08に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    2,800円 3,800円
    2,700円 3,300円
    2,000円 2,400円
    2,000円 3,000円
    1,800円 2,400円
    3,000円 3,000円
    4,100円 4,400円
    8,000円 8,500円
    2,800円 3,800円
    3,200円 3,500円
    2,700円 3,400円
    2,000円 2,400円
    2,000円 3,000円
    1,800円 2,400円
    3,000円 3,000円
    4,400円 4,400円
    8,000円 8,500円
    2,800円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/29~12/5のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ