年60回高速バスに乗車したライターが選ぶ「2019年に乗った高速バス」ベスト3+番外編 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

年60回高速バスに乗車したライターが選ぶ「2019年に乗った高速バス」ベスト3+番外編

専用「クレイドルシート」が並ぶ「グランドリーム」車の車内

専用「クレイドルシート」が並ぶ「グランドリーム」車の車内

2 / 31

< >
西日本JRバス「グランドリーム」車
専用「クレイドルシート」が並ぶ「グランドリーム」車の車内
シートをフルリクライニングするとゆりかご状に変化
足元もゆったり
各座席はコンセントを完備
トイレは車内中央部に設置
名鉄バス「どんたく号」
名鉄バス「どんたく号」の車内。快眠シート「プレミアムワイド」が並ぶ
快眠シート「プレミアムワイド」
レッグレストとフットレスト(足置き台)
「プレミアムワイド」専用の読書灯
中央列座席専用の荷物棚
コンセントとUSBが使用できるデュアル電源環境
もちろんトイレも完備
西日本鉄道「はかた号」
車内は個室タイプ「プレミアムシート」と1人掛け「ビジネスシート」の2クラス制
個室タイプ「プレミアムシート」は電動式の本革シート
3列独立「ビジネスシート」は3点シートベルト付き
「プレミアムシート」のシートコントローラ、照明スイッチ、緊急ボタン
「プレミアムシート」専用の空気清浄機と小型ごみ箱
「ビジネスシート」のコンセント
フルリクライニングした状態の「プレミアムシート」
南紀白浜と首都圏を結ぶ「ホワイトビーチシャトル」(明光バス)
「ホワイトビーチシャトル」の車内。トイレ付き3列独立シートです
座席の前後を仕切ることができるカーテン
アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドで見られるジャイアントパンダ「桜浜」
とれとれ市場
新鮮な海産物や紀州の特産品が勢ぞろいのとれとれ市場
2019年6月に運行を開始した「北陸ドリーム四国号」(JR四国バス)
2019年12月に運行を開始した「百万石ドリーム広島号」は「グランドリーム」車で運行される(中国JRバス)

この写真の記事を読む

※本記事は、2019/12/30に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

須田浩司

ライター、「ひろしプロジェクトWEB」の中の人 男性

1973年釧路市生まれ、札幌市在住。自称高速バスナビゲーター。中学時代から高速バスに乗り続け、2018年2月9日に高速バス乗車1000回を達成。乗車記ブログ「ひろしプロジェクWEB」の中の人。雑誌、ネットニュースなどでライターの活動も。紙原稿、ネット原稿、同人誌、ブログなどでバス・鉄道を中心とした乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っている。運行管理者資格(旅客)/国内旅行業務取扱主任者資格所有。

このライターの記事一覧
このライターの最新記事

注目PICK UP

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 3月 4月
8,800円 7,900円
4,500円 3,000円
4,900円 3,500円
4,500円 3,000円
8,000円 7,650円
岡山 → 福岡市(博多・天神)
--- 7,540円
3,700円 3,700円
9,700円 5,600円
9,900円 9,900円
1,020円 1,000円
5,500円 5,500円
5,680円 5,500円
5,680円 5,680円
5,680円 5,680円
1,150円 1,150円
770円 770円
1,300円 1,700円
690円 690円
210円 210円
680円 680円
2,900円 2,900円
その他の路線を見る

週間ランキング3/23~3/29のアクセス数ランキング

さらに表示

さらに表示

さらに表示

最新記事

人気の記事まとめ

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ