東京ディズニーランド史上最大規模開発! 4/15グランドオープン予定! 新たなアトラクションの詳細を紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

東京ディズニーランド史上最大規模開発! 4/15グランドオープン予定! 新たなアトラクションの詳細を紹介

東京ディズニーランドでは、史上最大規模で開発が進行中! 2020年4月15日(水)には、映画『美女と野獣』の世界が広がる「美女と野獣“魔法のものがたり”」をはじめ、多くのアトラクションやフード施設がオープン。このたび各施設の内容が正式に決定し公開されました!

各施設の イメージ(c)Disney
(c)Disney

ファンタジーランドを拡張して誕生するのは“ニューファンタジーランド”。大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」やおみやげショップ、フード施設などがオープンし、ディズニー映画『美女と野獣』の世界が楽しめます。また、屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」もオープンします。

トゥモローランドにはアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」やポップコーン専門ショップ、トゥーンタウンにはキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」などがオープン!


ファンタジーランド

■ディズニー映画『美女と野獣』をテーマにしたエリア

ファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』の世界を体感できるエリアがオープン。エリアはベルが住む村から野獣の棲む城がある森へと道が続いています。

村の入口にベルの父モーリスの家「モーリスのコテージ」(ファストパス(R)発券所)、その先の村の中心にはガストンの噴水やガストンの酒場をモチーフにしたレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」、ベルが訪れた本屋など映画に登場するお店をイメージしたショップ「ビレッジショップス」などが並び、まるで映画そのままのような風景。

各施設では映画の音楽も聞こえ、まるで映画の中に入り込んだような感覚になるエリアです。

映画『美女と野獣』をテーマにしたエリア
映画『美女と野獣』をテーマにしたエリア(c)Disney
02_md.jpg
(c)Disney
「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の内観
「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の内観(c)Disney
フレンチトースト・サンド セット1,140円/単品750円(c)Disney
フレンチトースト・サンド セット1,140円/単品750円(c)Disney
ハンターズ・パイ(ビーフシチュー)セット1,140円/単品750円(c)Disney
ハンターズ・パイ(ビーフシチュー)セット1,140円/単品750円(c)Disney
ビールをイメージしたソフトドリンク ベリーチアーズ 1杯450円(c)Disney
ビールをイメージしたソフトドリンク ベリーチアーズ 1杯450円(c)Disney

また、美女と野獣をモチーフとしたスペシャルグッズも発売される予定。

グラスセット2,600円、マグ1,500円、プレートセット2,900円、ポーチ3,000円(c)Disney
グラスセット2,600円、マグ1,500円、プレートセット2,900円、ポーチ3,000円(c)Disney
(左)ヘアバンド2,100円、(右)メロディライト・ローズ2,300円(c)Disney
(左)ヘアバンド2,100円、(右)メロディライト・ローズ2,300円(c)Disney

ロマンティックな映画の世界にたっぷりと浸れるエリア、期待大です。

■美女と野獣“魔法のものがたり”

高さ約30mの「美女と野獣の城」の中にある、大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画の名曲に合わせて揺れる魔法のカップに乗り、映画のストーリーに沿っていくつもの名シーンをめぐるアトラクションです。

「美女と野獣の城」の外観(c)Disney
「美女と野獣の城」の外観(c)Disney
「美女と野獣“魔法のものがたり”」の内観(c)Disney
「美女と野獣“魔法のものがたり”」の内観(c)Disney

ゲストを乗せた魔法のカップは、まるで生きているかのように動いたり回ったりしながら、映画の世界をめぐります。晩餐会のシーンではルミエールの歌声に合わせてたくさんの食器と共に踊るように、雪に覆われた庭でベルと野獣の心の距離を縮めていくシーンでは氷の上を滑るようにと、シーンに合わせて感情豊かに、ゲストを魔法に満ちたものがたりの世界へ連れていってくれます。

城の中はさまざまな仕掛けや驚きに満ちていて、何度訪れても新しい発見ができるでしょう。ロマンティックなものがたりの世界に浸れるアトラクションです。

■ファンタジーランド・フォレストシアター

ファンタジーランドの奥に位置し、おとぎ話に出てくるような森の中にひっそりと佇む「ファンタジーランド・フォレストシアター」は、東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアター。外装や内装などすべてが森のイメージに包まれており、大木でできたような柱やろうそく風のシャンデリアなどが見られます。また、ディズニー映画に登場する森の動物たちが描かれた美しいタペストリーや壁画も飾られています。

「ファンタジーランド・フォレストシアター」の外観(c)Disney
「ファンタジーランド・フォレストシアター」の外観(c)Disney
「ファンタジーランド・フォレストシアター」の内観(c)Disney
「ファンタジーランド・フォレストシアター」の内観(c)Disney

ファンタジーランド・フォレストシアターでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、音楽やダンス、圧倒的なパフォーマンスを繰り広げる「ミッキーのマジカルミュージックワールド」を公演します。

「ミッキーのマジカルミュージックワールド」(c)Disney
「ミッキーのマジカルミュージックワールド」(c)Disney


トゥモローランド

■ベイマックスのハッピーライド

トゥモローランドにオープンする「ベイマックスのハッピーライド」は、世界で初めてディズニー映画『ベイマックス』をテーマにした回転型のライドアトラクションです。ケア・ロボットのベイマックスから「心の幸せこそ健康の秘訣」だと学んだ若き発明家のヒロ・ハマダは、予測不能な動きとノリノリの音楽が特徴的なハッピーなライドを開発しました。

「ベイマックスのハッピーライド」(c)Disney
「ベイマックスのハッピーライド」(c)Disney

ヒロのお気に入りのアップテンポな音楽が流れると、ベイマックスの仲間のケア・ロボットたちは予測不能な動きでゲストの乗ったライドを引っ張り、ゲストはその動きに想像以上に振り回されます。

アトラクション体験中には、天井に取りつけられたスキャナーから光が放たれ、ゲストのハピネスレベルが測定されます。ゲストはサプライズいっぱいの動きに振り回され、笑顔があふれてハピネスレベルが上がること間違いなしでしょう。

また、「ベイマックスのハッピーライド」の隣に、宇宙をテーマにした東京ディズニーリゾート初となるポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」がオープンします。

「ビッグポップ」の内観(c)Disney
「ビッグポップ」の内観(c)Disney
25_md.jpg
(c)Disney


トゥーンタウン

■ミニーのスタイルスタジオ

トゥーンタウンには、東京ディズニーランドで初めて、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンします。この施設では、世界で活躍するファッションデザイナーであるミニーマウスが、季節ごとに異なるおしゃれな衣装に身を包みゲストを迎えてくれます。

水玉模様の大きなリボンが特徴的なこの施設は、ミニーマウスが衣装のデザインや制作、撮影などを行うスタジオです。スタジオに入ると、ミニーマウスが表紙を飾った雑誌のポスターなどが飾られたロビーや、デザイン画を制作するオフィス、衣装の縫製をするためのワークルームなどがあります。

部屋を見学したり道具に触れたりした後には、フォトスタジオへと向かい、季節にぴったりのおしゃれなコスチュームを着たミニーマウスと一緒に写真を撮ることができます。

また、「ミニーのスタイルスタジオ」でミニーマウスが着る、四季に合わせた4種のコスチュームがモチーフのスペシャルグッズを、季節ごとに販売。春には、カチューシャやぬいぐるみバッジなど8種類登場します。

カチューシャ 1,800円、ぬいぐるみ 5,100円、ぬいぐるみバッジ 2,300円(c)Disney
カチューシャ 1,800円、ぬいぐるみ 5,100円、ぬいぐるみバッジ 2,300円(c)Disney

新しいアトラクションに期待が膨らむのはもちろん、ディズニー映画の世界に浸れたり、多くのディズニーの仲間に会えたり、これまで以上に楽しい時間を過ごせそうな東京ディズニーランド。グランドオープンの日が待ち遠しいです!


東京ディズニーリゾートへは高速バス・夜行バスで直行

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーへの高速バス・夜行バスは、東北から四国まで広いエリアから直行便があります。

現在の2020年3月の最安値は、大阪からなら5,800円。名古屋からなら4,560円。仙台からなら4,320円です。

※2019年12月10日現在「バス比較なび」調べ


東京ディズニーリゾートへの高速バス・夜行バス


※本記事は、2019/12/19に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    730円 730円
    1,250円 1,250円
    2,000円 3,000円
    2,000円 3,000円
    2,000円 4,000円
    1,900円 2,500円
    2,500円 2,500円
    3,700円 3,800円
    2,500円 3,500円
    4,400円 4,800円
    2,800円 3,500円
    2,700円 2,500円
    900円 900円
    1,200円 1,200円
    2,850円 2,850円
    3,200円 3,600円
    2,000円 2,000円
    3,000円 3,000円
    2,000円 3,300円
    2,500円 3,500円
    3,800円 3,900円
    2,500円 3,500円
    2,300円 3,000円
    4,000円 3,500円
    4,400円 4,500円
    5,100円 4,000円
    5,800円 5,980円
    3,400円 5,300円
    5,900円 4,900円
    6,240円 5,600円
    6,240円 5,900円
    6,240円 5,600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/13~1/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ