快適リクライニングのバックシェル型シートでリラックス! VIPライナー「グランシアシリーズ」の車両を徹底解説 | 高速バス・夜行バス・バスツアーの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

快適リクライニングのバックシェル型シートでリラックス! VIPライナー「グランシアシリーズ」の車両を徹底解説

「リクライニングが後ろ座席へ倒れない」噂のバックシェルタイプ・スライディングシートを搭載する、関東~関西間の夜行バス「グランシアシリーズ」。全シートモニター付きで映画やゲームも楽しめる人気のバスです。今回はグランシアシリーズの3種類のバスタイプを写真つきでご紹介!

ざっくり、こんな記事

  • グランシアシリーズはバックシェル型シートのバス!
  • 「グランシア」「5便グランシア」「グランシアファースト」の3種類を写真で全解説
  • 一度乗ったら癖になる?! バックシェルタイプシートのおすすめポイント

目次


関東~関西間を走るバックシェル型シートバス「グランシアシリーズ」

VIPライナーの大人気シリーズであるグランシアシリーズは、関東~関西を結ぶバックシェルタイプ・スライディングシートのバス! そのラインナップは全部で3種類。「グランシア」「5便グランシア」「グランシアファースト」がありますよ(グランシアシリーズ以外では、「富山・金沢便」のみバックシェル型シートで運行しています)。

バックシェルタイプ・スライディングシートとは、リクライニングしても背もたれが後ろに倒れていかないシート。後ろの人に気兼ねせず好きなタイミングで好きなようにリクライニングでき、前席シートも倒れて来ないので前空間がゆったりと使える、人気のくつろぎシートなのです。

バックシェルタイプ・スライディングシートのフルリクライニング時。このゆったり感!(写真は5便グランシア)
バックシェルタイプ・スライディングシートのフルリクライニング時。このゆったり感!(写真は5便グランシア)

グランシアシリーズ3種類の中でも、「グランシア」と「5便グランシア」は4列楽のびシート、「グランシアファースト」が3列シートです。

「グランシアファースト」は銀色にグランシアファーストのロゴ+青いハイビスカス
「グランシアファースト」は銀色にグランシアファーストのロゴ+青いハイビスカス
「グランシア」「5便(グランシア)」は白にグランシアのロゴ+青いハイビスカス
「グランシア」「5便(グランシア)」は白にグランシアのロゴ+青いハイビスカス

ではでは各シートごとの違いをご紹介します。なおグランシアシリーズのバスには全車両ともトイレ設備はありません。

グランシアシリーズの4列シート:グランシア、5便グランシア

4列楽のびシートを搭載しているのが「グランシア」と「5便グランシア」。「グランシア」は千葉・TDL・東京・横浜~京都・大阪間を、「5便グランシア」は埼玉・東京・横浜~京都・大阪・神戸間を毎日1便ずつ往復しています。

「5便(グランシア)」車内。グランシアも椅子や左右の配置は同じ
「5便(グランシア)」車内。グランシアも椅子や左右の配置は同じ


グランシアと5便グランシアの違い

「グランシア」と「5便グランシア」の車内設備の違いは2つだけ。「グランシア」は横4列×縦8列・全30席(シートピッチ約118cm)で充電設備なし。「5便グランシア」は横4列×縦9列・全34席(シートピッチ約105cm)で充電設備あり。

i5便グランシアの足元。グランシアは+13cmと更にゆったり!
5便グランシアの足元。グランシアは+13cmと更にゆったり!
5便グランシアにはモニター部分にUSBポートあり。グランシアには充電設備なし
5便グランシアにはモニター部分にUSBポートあり。グランシアには充電設備なし

その2つの違いの他は、シートやモニター、アメニティ事情なども全て同じ。ではではその詳細をご紹介しますよ。

バックシェルタイプ・スライディングシートとは!

バックシェルタイプ・スライディングシートとは、シートの後ろが貝の殻のように丸くなって座席を覆っており、その中を座席がスライドする形でリクライニングするシートのこと。そのためシートをリクライニングさせても背もたれが後ろに倒れていかないのです。

シート・ノーマル時
シート・ノーマル時
リクライニング時。座席の座面ごと前へスライドする形
リクライニング時。座席の座面ごと前へスライドする形

リクライニング操作は全て電動式。操作音はバスの走行音に紛れてしまう程度で、周囲の安眠を邪魔する心配もありません。リクライニング角度は最大135度ですが、スライド時に座面が少し斜めに持ち上がるので、体感はそれ以上。

座席周りの設備

座席周りの設備はかなりの充実。レッグレスト・フットレストあり。隣座席との間のアームレストは可動式で、隣座席と逆側のアームレストにリクライニングの電動スイッチがあります。ヘッドレストも可動式なので自分好みの位置に調節可能。また隣座席とはプライベートカーテンで空間を区切れますよ。

レッグレスト、フットレスト
レッグレスト、フットレスト
電動リクライニングの操作ボタンはアームレストに
電動リクライニングの操作ボタンはアームレストに
可動式ヘッドレスト
可動式ヘッドレスト
座席を仕切れるプライベートカーテンあり
座席を仕切れるプライベートカーテンあり

各座席前には個別のモニターあり。車内注意や設備の説明を見られるほか、映画やゲームも楽しめますよ。ヘッドフォンも個別に用意。前座席が倒れてくることがないので、ドリンクホルダーも前座席後ろにあります。

モニターでは映画も観られる。ヘッドフォンあり。ドリンクホルダーもここ
モニターでは映画も観られる。ヘッドフォンあり。ドリンクホルダーもここ
モニターは角度調節ができる
モニターは角度調節ができる


サービスやアメニティは…

車内は無料Wi-Fiあり。各座席には腰当てクッションと、シングルベッドサイズの大判毛布が用意されています。窓際席にはハンガーあり。車内前方にはセルフサービスで歯ブラシも置いてあります。その他、USB型充電器の貸出しやイヤフォンの販売もあり。

VIPライナーの無料Wi-Fiはパスワード要らず
VIPライナーの無料Wi-Fiはパスワード要らず
各座席には腰当てクッションとブランケット
各座席には腰当てクッションとブランケット
窓際席のみ、ハンガーの用意あり
窓際席のみ、ハンガーの用意あり
歯ブラシはセルフサービスにて
歯ブラシはセルフサービスにて


■グランシアシリーズの4列シート車両の運行情報

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年12月時点で運行されている路線です

※設備は都合により変更されることがあります
※繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります


グランシアシリーズの3列シート:グランシアファースト

「グランシアファースト」はVIPライナーで最もラグジュアリーなバス! 3列シートのバックシェルタイプ・スライディングシート。横3列×縦7列・全20席というゆとりです。この座席数は、一般的な4列スタンダードシートの半分以下!(一般的な4列スタンダードシートの座席は4×11や4×12など)

走行ルートは埼玉・東京・横浜~大阪、1日1便ずつ往復運行しています。バスの床は落ち着きと気品のある木目調、手荷物預かりは2つまでOK。

「グランシアファースト」車内
「グランシアファースト」車内


グレードアップしたバックシェルタイプ・スライディングシート

座席は全てバックシェルタイプ・スライディングシート。リクライニングしても後ろへ倒れない仕様は「グランシア」「5便グランシア」と同じですが、「グランシアファースト」は更にラグジュアリーに!

「グランシアファースト」のシートは全て革張り、リクライニングの角度は最大145度へグレードアップ(「グランシア」「5便グランシア」は135度)。シートピッチは公開されていませんが、1列多い「グランシア」が約118cmであることを考えると、約130cmくらいありそうです。

シートノーマル時。座席の横幅もゆったり
シートノーマル時。座席の横幅もゆったり
ノーマル時の足元。広い!
ノーマル時の足元。広い!

シートの電動リクライニングは「グランシア」「5便グランシア」は背もたれのみでしたが、「グランシアファースト」では背もたれ・レッグレスト・フットレストの3カ所それぞれを電動で自分好みに調節可能。全てをマックスまでくつろぎ仕様にすると、下記状態まで倒せますよ!

シートリクライニング時。3カ所ともフルの状態
シートリクライニング時。3カ所ともフルの状態
寝そべってモニターを見るとこんな風
寝そべってモニターを見るとこんな風


座席周りの設備

シート周りの設備ももちろんグレードアップ。何より嬉しいのはレッグレストがほぼ水平まで持ち上がること! 足先が下がるか水平になるかは、足の疲れやむくみが驚くほど違ってくるポイントですからね。

リクライニング類の電動スイッチはアームレスト下。ヘッドレストは可動式、各座席はプライベートカーテンで空間を仕切ることができます。

レッグレスト、フットレスト。ほぼ水平まで持ち上がる
レッグレスト、フットレスト。ほぼ水平まで持ち上がる
電動リクライニングの操作ボタンはアームレストに
電動リクライニングの操作ボタンはアームレストに
可動式ヘッドレスト
可動式ヘッドレスト
隣座席との間を仕切れるプライベートカーテン
隣座席との間を仕切れるプライベートカーテン

モニターの大きさは10.5インチへ! 大体B5サイズ弱くらいの大きさです。配信コンテンツは「グランシア」「5便グランシア」と共通で、車内注意や設備の説明のほか、映画やゲーム、お笑いなど多数。ヘッドフォンももちろん個別に用意。USBポートはモニター裏側にあります。

モニターは10.5インチと大画面に。ドリンクホルダーもこちら
モニターは10.5インチと大画面に。ドリンクホルダーもこちら
モニターは角度調節可能。USBポートは裏側に
モニターは角度調節可能。USBポートは裏側に


サービスやアメニティは…

「グランシア」「5便グランシア」と共通となるのが、大判毛布、無料Wi-Fi、窓際席のハンガー、歯ブラシサービス。グレードアップしているのは座席アメニティで、クッションとブランケット、低反発ミニ枕が用意されていますよ。

なおVIPライナーでは、毛布や低反発枕、シートカバーなどはすべて毎日洗濯されています。

無料Wi-Fi、無線LANあり
無料Wi-Fi、無線LANあり
クッションと毛布、低反発ミニ枕
クッションと毛布、低反発ミニ枕
窓側席にはハンガーあり
窓側席にはハンガーあり
歯ブラシはセルフサービスにて
歯ブラシはセルフサービスにて


■グランシアシリーズの3列シート車両の運行情報

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年12月時点で運行されている路線です

※設備は都合により変更されることがあります。
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります。


関東~関西を走るバックシェルタイプシートの「グランシアシリーズ」

「グランシアシリーズ」は、関東~関西を走るバックシェルタイプ・スライディングシートの高速バス。その特徴であるバックシェルのお陰で「後ろ座席の人への声掛けが要らない」「前座席が倒れてこないので前空間が空いたまま」「寝そべったままモニターを見られる」など、このバスならではの特権が満載です。これらはちょっとしたことながら、一度体感すると思っていた以上にラク! と感じられるポイントですよ。

お値段は正規料金でも、4列の「グランシア」「5便グランシア」なら4,800円から、3列の「グランシアファースト」でも7,000円からの好料金。もちろん東京や大阪にあるVIPラウンジも乗車前後に無料で使えますよ。

「グランシアシリーズ」のバックシェルタイプシート、ぜひ一度体験してみてくださいね。

※本記事は、2019/12/18に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。書籍「全国 大人になっても行きたいわたしの絵本めぐり」(GB出版)、「はっけん!鉄道NIPPON 地図と路線で知る47都道府県」(ヴィトゲン社/PHP研究所・画像提供)

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 9月 10月
    3,000円 3,500円
    2,200円 2,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 2,000円
    2,900円 3,000円
    5,000円 6,000円
    東京 → 福岡
    --- 9,000円
    3,000円 3,500円
    3,400円 4,000円
    2,200円 2,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 2,000円
    1,700円 2,000円
    2,400円 3,000円
    5,200円 5,500円
    福岡 → 東京
    --- 9,000円
    3,400円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング9/13~9/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ