狭いと思ってたけど意外と足元にスペースあり。しずてつジャストラインの全国初64人乗り車両の乗り心地をレポート | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

狭いと思ってたけど意外と足元にスペースあり。しずてつジャストラインの全国初64人乗り車両の乗り心地をレポート

しずてつジャストラインでは、県内を運行する2路線にて従来の大型バスよりも増席した64人乗り車両を導入。シートの厚さを工夫し、充電用USBポートや車内Wi-Fiも完備。今回は気になるシートの仕様や乗り心地、車内設備などをご紹介します。

国内初! 64人乗り車両とは

2019年9月、静岡県静岡市に本社を構える「しずてつジャストライン」では、国内の大型バスとして初となる64人乗り車両の運行を開始しました。静岡駅~富士山静岡空港を結ぶ空港アクセスバス「富士山静岡空港静岡線」と、静岡市と牧之原市を結ぶ路線バス「特急静岡相良線」にて運行しています。

バス車両の外観はご覧のとおり。

「富士山静岡空港静岡線」車両外観
「富士山静岡空港静岡線」車両外観

全長は12m未満で、本当にごく普通の観光バスです。よく見かける縦11列の55人乗り観光バスより9席増やしたにもかかわらず、シートを極力薄くすることで車両重量の法令をきちんとクリアし64人乗りを実現させました(座席数は補助席を含む)。もちろんスーツケースの預け入れもOK。

さらに充電用USBポートや車内Wi-Fiも完備。一度に大勢の人々が乗車できます。

車内の様子、乗り心地はいかに!?

さて、それでは車内へ。一見すると車内もごく普通に見えますが、縦列のシート数を数えると13列。やはり55人乗り観光バスよりも2列多く並んでいます。

車内前から
車内前から

今までは補助席を含めても60人乗りが最大だった観光バス。「60人乗りは座席間が結構狭いのに、さらに多い64人乗りってどのくらいなんだろう…」と、シート仕様や乗り心地が気になります。

シートを見ると、通常の観光バスよりも厚みがなくストレート。全体的にすらりとした印象です。薄く軽量化したシートの幅は、一番厚いところでテレホンカードサイズより少し厚いくらい。

すらりとしたシート
すらりとしたシート
シートの厚さ
シートの厚さ

しかしそれらの工夫が実り、足元のスペースは縦12列の60人乗りバスよりも1.8センチほど広くなりました。シートの幅は特に狭さを感じることもなく、シート間の有効スペースも広がったんです!

ひざ下は足が組める広さ
ひざ下は足が組める広さ
シート背面部
シート背面部

ただし、一般的な4列シートの高速バスにもありがちですが、体格のいい人にとっては少し狭く感じるかも。

13列目の最後列は5人掛けシートで、補助席は前列から数えて11列目まで。最後列中央席の前に補助席がないのが、この車両のポイントの1つです。

補助席
補助席
補助席の最後は11列目
補助席の最後は11列目

実際の乗り心地は、路線バスのような感じでした。ある程度のクッション性はあり、新静岡バスターミナル・JR静岡駅から富士山静岡空港へ向かう程度なら、お尻が痛くなることはありません。

リクライニングはありませんが、そもそも乗車時間が短い路線での導入のため、あまり気にならないでしょう。

その他車内設備

遮光カーテン
遮光カーテン
手荷物は上部の棚へ
手荷物は上部の棚へ
パイプ状の手すり
パイプ状の手すり
ほぼフラットな床は落ち着いた木目調
ほぼフラットな床は落ち着いた木目調

補助席以外にはUSBポートがあり、車内Wi-Fiも完備です。

窓側USBポートは窓の下
窓側USBポートは窓の下
通路側USBポートは手すり付近
通路側USBポートは手すり付近
車内無料Wi-Fiの案内
車内無料Wi-Fiの案内
空調と読書灯
空調と読書灯

なお、ドリンクホルダーはついていないため、車内に持ち込む飲み物はペットボトルがオススメです。

空港アクセスバス「富士山静岡空港静岡線」

今回は、新静岡駅・JR静岡駅から富士山静岡空港までを移動しました。予約は不要で、運賃はおとな片道1,000円。降車時に運賃箱へ入れます。領収書の発行も対応可能です。

バス乗り場は、新静岡バスターミナルでは6番乗り場、JR静岡駅では北口の14番乗り場です。

新静岡バスターミナル6番乗り場
新静岡バスターミナル6番乗り場

基本的に走行中にはトイレ休憩がないので、乗車前に済ませておきたいところ。新静岡バスターミナルのトイレは2番乗り場と3番乗り場の間にあり、11月中旬から4月中旬までは、手洗いにお湯が出ます。嬉しい気配りですね。

バスターミナルには待合所のほかにもベンチがあり、自販機も設置されています。

富士山静岡空港の降車地は2番線で、こちらは降車専用。静岡行きの乗り場は3番線です。

空港降車専用
空港降車専用


「富士山静岡空港静岡線」の乗車時間は約50分。短い乗車時間ということもあり、64人乗り車両でも特に不便さは感じませんでした!

輸送力がアップすることでさらに利便性が高まるのではないでしょうか。


※本記事は、2019/12/09に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    麻生のりこ

    旅行ライター 女性

    静岡県在住。高速バスへ乗る度に懐かしさを感じている元バスガイド。旅先では西洋館めぐりとマンホールの蓋探し、パワースポット参拝が大好き。旅のスタイルは、ひとり旅・女子旅・姉妹旅・家族旅が主。夢は桜前線とともに北上し、初夏から初秋までを北海道で過ごして紅葉前線とともに南下することです。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    1,500円 1,000円
    1,150円 1,000円
    2,900円 2,900円
    2,900円 2,900円
    4,000円 3,600円
    2,500円 2,400円
    3,200円 2,400円
    500円 500円
    1,900円 1,900円
    3,600円 2,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/13~1/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ