トイレ付き&ネックピローで快適移動! 片道3,900円~で北陸とTDRを結ぶ「中日本ツアーバス」の車両を紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

トイレ付き&ネックピローで快適移動! 片道3,900円~で北陸とTDRを結ぶ「中日本ツアーバス」の車両を紹介

石川県金沢市に本社を置く「中日本ツアーバス」は、福井県・石川県・富山県といった北陸地方と東京・東京ディズニーランドを結ぶ高速バスを運行しています。運賃は3,900円~4,900円とリーズナブルなのに車内設備はとっても充実! 本記事で詳しく紹介していきますね。

ざっくり、こんなバス

  • 高速バスには珍しい、ネックピローを完備
  • トイレ、Wi-Fi、充電用USBポートあり
  • リーズナブルな価格ながら、充実の車内設備が最大の魅力!


中日本ツアーバスの外観からご紹介!

まず、中日本ツアーバスの外観から紹介していきますね。

目立つイエローの車体に明るいグレーで「NAKANIHON HIGHWAY BUS」というロゴが入っています。青空が似合う爽やかな配色である上に、夜中のサービスエリアでも目立ってすぐに見つけやすそうなカラーリングではないでしょうか?

中日本ツアーバス 車両外観

車体側面にはトランクがあり、40✕50✕100cm、重さ30kgまでの荷物を、乗客1名につき1つまで預かってもらえます。大型のスポーツ用品・家具・精密機器・楽器・危険物・動物などの積み込み、車内持ち込みは不可ですが、自転車については折り畳んだ上で、袋に入れて上記サイズに収まれば積み込み可能です。

中日本ツアーバス 車両外観

後方には英語で「CENTRAL JAPAN TOUR」と記載されています。車体の右下には衝突被害軽減ブレーキ搭載のシールが貼られていましたよ。

中日本ツアーバス 車両外観


車内設備を写真でじっくり紹介!

次に、車内設備を紹介していきます。

座席数は40席で、右手最後尾にトイレがあります。

中日本ツアーバス 車両内観

後方から前方を見ると、ヘッドレストの大きさと厚みがよく伝わってきますね!

中日本ツアーバス車両内観

では、シート周りをじっくり見ていきましょう。シックなブラウンの座席にピンクのヘッドレストが映えます。カーテンは遮光になっているので日中は日焼け防止になり、夜間は外の明かりを気にすることなく眠れます。

中日本ツアーバス車両シート

ヘッドレストはこの通り、頭の位置に合わせて調整できるのが嬉しい!

ヘッドレスト

各席にはブランケットとネックピローが用意されています。ブランケットはよくあるサービスですが、ネックピローはなかなか珍しい! ネックピローは意外とかさばるので、乗車便で用意があれば最高のサービスではないでしょうか。

ネックピロー&ブランケット

足元には幅広のフットレストがあるので、靴を脱いでくつろげますよ。

中日本ツアーバス車両シート

リクライニングさせるとこの通り、背もたれが深く倒れて長時間の移動でもゆったりくつろげます。さらにネックピローやヘッドレストで頭部を固定したら、あっという間に眠りに落ちそうですね。

リクライニング

着席すると荷物掛けに編みポケット、テーブルがありますよ。

網ポケット

テーブルを引き出すと、奥行きは約15cmといったところ。ドリンクホルダーが2つ付いています。

テーブル

編みポケットにはスリッパとエチケット袋が入っており、スリッパは持ち帰り可能だそうです。

スリッパ

また、無料Wi-Fiサービスの接続方法が書かれたシートも入っています。

無料Wi-Fi

アームレストの下にはUSBポートがあるので、スマホの充電ができますよ。乗車の際には、自分のスマートフォンに対応したUSBケーブルをお忘れなく!

アームレストの下にはUSB充電

シート上部には読書灯があります。また、空調の風向きを変えられるようになっているので、好みに合わせて調整してくださいね。

読書灯&空調調整

最後に、その他の設備を紹介していきますね。

座席上部にある荷物収納棚は、高さ約20cmでした。コートなど、かさばる荷物はこちらに収納しちゃいましょう。

荷物収納棚

座席上部には降車ボタンが付いています。

降車時ボタン

客室の右手奥には、トイレがあります。

右手奥にトイレ

渋滞時や繁忙期でサービスエリアのトイレが混みあう時期に、トイレ完備のバスは安心ですよ!

トイレ

前方座席上方には、ドライバーに異常があった時の為のブレーキボタンがあります。

非常ブレーキ

おまけで普段はなかなかじっくり見ることのない、ドライバーシートも公開!

ドライバーシート

右手にずらりと並ぶスイッチは、ほとんどがライトの調節をするものだそうです。

ドライバーシート

車内に搭載されている装置などもご紹介しますね。ダッシュボードの上には、万が一に備えてドライバーの居眠りを検知するセンサー、ドライブレコーダー、降車サインを示すディスプレイが付いていました。

安全装置


中日本ツアーバスの魅力は、充実した車内設備!

以上、中日本ツアーバスの車両をご紹介しました。リッチな設備を実際に体験するべく、北陸方面に行く時には私も乗ってみたいと思います! 運行路線は下記の通り、旅の行き先に合わせてぜひ利用してみてくださいね。

■中日本ツアーバスの運行路線

※設備は都合により変更されることがあります
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期の増発便、車両の整備点検などにより異なる車両タイプの運行となる場合があります

※本記事は、2019/11/11に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    為平千寿香

    ゲームデザイナー/ライター 女性

    東京在住のゲームデザイナー/ライター。旅好きが高じて、中国に赴任経験あり。国内外のバイクツーリングやジビエ、狩猟がマイブーム。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    730円 730円
    1,250円 1,250円
    1,800円 2,300円
    1,800円 2,300円
    2,000円 3,000円
    2,000円 2,000円
    2,200円 2,000円
    3,700円 3,800円
    2,900円 3,500円
    4,000円 4,640円
    3,500円 2,500円
    2,500円 2,960円
    900円 900円
    1,200円 1,200円
    1,570円 1,570円
    3,200円 2,560円
    2,600円 2,600円
    3,000円 3,000円
    2,500円 3,200円
    2,000円 3,500円
    3,600円 3,050円
    2,000円 3,500円
    1,900円 3,500円
    3,000円 2,500円
    4,100円 3,800円
    2,600円 4,510円
    5,800円 5,800円
    3,700円 4,800円
    6,200円 4,900円
    6,500円 5,600円
    6,300円 5,800円
    6,700円 5,600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/25~12/1のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ