近鉄バスの4列シートを徹底調査! 高速バス車両は昼行便・夜行便で何が違う? バス料金が実質無料になるサービスもあり! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

近鉄バスの4列シートを徹底調査! 高速バス車両は昼行便・夜行便で何が違う? バス料金が実質無料になるサービスもあり!

近鉄バスの4列シート車両は2種類! その違いは何? サービスは何が違う? 運行している路線はどこ? などなど大きな違いから細かなサービスまで、まるっとまとめて調べてきました。なんと平日限定で、バス料金が実質無料になるサービスも! もっとお得に近鉄バスを利用したい方、ぜひチェックしてくださいね。

おすすめポイント

  • 近鉄バスの2種類ある4列シートの違いとは?
  • トイレは? Wi-Fiは? コンセントは? 細かいサービスまで全紹介!
  • 各シートの路線情報から、平日限定となるお得な情報も


近鉄バスの4列シートは大きく2種類!

近鉄バスの高速バスは近畿地方を中心に、北は仙台・山形から南は熊本・長崎まで、全国各地へ毎日運行。3列独立シートと4列シートの2種類の車両があります。(3列独立シート=1人掛けシート、4列シート=2人掛けシートと記載している場合もあり)

多数ある路線の中で4列シート(2人掛けシート)が運行するのは、近距離の昼行バスと夜行の格安便(東京・横浜、熊本行き)。そしてその4列シートは、大きく2種類に分かれるのです。

外観デザインは昼行・夜行とも共通
外観デザインは昼行・夜行とも共通

なので今回は、近鉄バスの4列シートの違いを徹底調査! お得情報も併せてご紹介しますよ。

4列シート・両替機あり(昼行の竜王アウトレット路線)

2種類の4列シートの一番大きな違いは、車両に両替機がついているかいないか。両替機つき車両が走るのは「京都~三井アウトレットパーク 滋賀竜王」です。

基本的には予約乗車が望ましいですが、当日空席があれば現金決済で乗車もOK。車内清算ができるため、飛びこみ乗車の融通がきくのが特徴です。(ICカードは利用不可)

車内の様子。座席番号はヘッドシートにも記載
車内の様子。座席番号はヘッドシートにも記載
両替機つきで、予約なしの現金決済にも対応
両替機つきで、予約なしの現金決済にも対応

車内は横4列×縦11列仕様。無料Wi-Fiがあり、全席で個別コンセントが使えますよ。

前座席背面にはコンセントの他、カップホルダーと荷物かけあり
前座席背面にはコンセントの他、カップホルダーと荷物かけあり
前座席とゆとりのある座席並び。補助イスつき
前座席とゆとりのある座席並び。補助イスつき

フリーWi-Fiはパスワードなしで設定もラク
フリーWi-Fiはパスワードなしで設定もラク


この路線ならではの限定サービスあり

さらに「京都~三井アウトレットパーク 滋賀竜王」線では、平日限定でアウトレット行き路線ならではの嬉しいサービスあり。なんと車内で合計1,000円分のお買物券プレゼントのチラシを受け取れるのです!

バスの片道運賃は1,000円なので、これは運賃がまるまる無料になるようなもの! バスを降りる前に、忘れずに受け取ってくださいね。

車内限定、1000円分のお買い物券プレゼント!
車内限定、1000円分のお買い物券プレゼント!

■4列シート(両替機あり)車両を運行している路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください

※2019年10月時点で運行している路線です


4列シート・両替機なし(夜行便、中部・近畿方面の昼行便)

竜王アウトレットモールへ直行する路線以外の4列シート車両には、両替機の設置はなし。そのため走行中はより静かになり、リラックスした時間を過ごすことができます。

座席の広さは両替機あり・なしとも同じ、横4列×縦11列仕様。座席自体も同タイプとなりますよ。

4列シート(両替機なし)の車内の様子
4列シート(両替機なし)の車内の様子

じゃあ違いは両替機のあり・なしだけ? いえいえ、その他一部の路線ではトイレ使用OK。また車内にゴミ入れが設置されているなど、ちょっとしたことながら便利なサービスが増えています。

バス中央部には半地下タイプのトイレつき
バス中央部には半地下タイプのトイレつき
トイレ手前にはゴミ入れあり。ちょっとしたことながら便利!
トイレ手前にはゴミ入れあり。ちょっとしたことながら便利!
非常口はバス後方、前から見て左側に
非常口はバス後方、前から見て左側に
バス前方にはフリーWi-Fi表示
バス前方にはフリーWi-Fi表示


座席周りの快適サービス

座席周りのサービスはぐーんと向上! 夜行便では、1人1枚のブランケットサービスや使い捨てスリッパがついてきますよ。また夜行便では重要なポイントとなるリクライニングは写真の通り。最大約135度ほど倒れます。

リクライニングシートを倒した状態がこちら
リクライニングシートを倒した状態がこちら
個別ブランケット。約100×120ほどの大きさ
個別ブランケット。約100×120ほどの大きさ
個別コンセント(またはUSB端子)はシート座面の隣に
個別コンセント(またはUSB端子)はシート座面の隣に
スリッパは使い捨て仕様で清潔!
スリッパは使い捨て仕様で清潔!

■4列シート(両替機なし)車両を運行している路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください

※2019年10月時点で運行している路線です


路線別の車両設備・サービス一覧

便タイプ トイレ ブランケット 充電 Wi-Fi
京都~三井アウトレットパーク 滋賀竜王 昼行便 × ×
大阪~福山・尾道・府中
(びんごライナー)
昼行便 × ×
大阪~小浜
(わかさライナー)
昼行便 × ×
大阪・京都~郡上八幡・飛騨高山 昼行便 ×
八尾~京都
(八尾・京都特急線)
昼行便 × ×
大阪~神戸三田プレミアム・アウトレット 昼行便 × ×
京都・大阪~熊本
(あそ☆くま号)
夜行便
大阪・京都~八王子・新宿
(カジュアルツィンクル号)
夜行便
大阪・京都~横浜・東京・TDR
(フライングスニーカー)
夜行便
※設備は都合によって変更されることがあります
※紹介しているシートは、近鉄バスの担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります


近鉄バスの担当車両は緑の車体が目印

近鉄バスの高速バス路線は、現在24路線。同路線を3列独立シート・4列シートの2パターンでそれぞれ運行している場合もあります。(2019年10月現在)

目的地・バス車両の両方に選択肢が多いので、自分好みの旅が作りやすいのが嬉しいですね。

近鉄バスは爽やかな緑の車体にKintetsuのロゴが目印!
近鉄バスは爽やかな緑の車体にKintetsuのロゴが目印!

また上でご紹介したアウトレット線のお得チケットの他にも、ポイントカードや往復割引料金の設定、レジャー施設のフリーパス券とのお得なパックなど、路線により様々なサービスが用意されています。

更に公式サイトには期間限定の割引情報が出ることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。



※本記事は、2019/10/10に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 30代 / 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    1,400円 1,800円
    1,500円 1,800円
    510円 510円
    900円 900円
    700円 700円
    1,440円 1,440円
    6,000円 6,000円
    12,800円 12,800円
    7,300円 7,300円
    8,900円 8,900円
    3,000円 5,000円
    1,400円 1,800円
    1,500円 1,840円
    11,000円 11,000円
    2,900円 2,800円
    3,500円 3,500円
    4,400円 4,400円
    6,300円 5,230円
    2,400円 2,300円
    1,700円 1,700円
    3,200円 3,200円
    2,800円 2,800円
    1,800円 1,800円
    1,800円 1,800円
    1,510円 1,510円
    2,340円 2,340円
    2,600円 2,600円
    4,140円 4,140円
    2,500円 2,500円
    7,000円 7,000円
    2,050円 1,950円
    2,040円 2,040円
    3,150円 3,150円
    2,320円 2,320円
    3,200円 3,600円
    5,000円 5,000円
    4,500円 4,500円
    8,700円 8,700円
    6,000円 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/7~10/13のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ