新潟各所と関東・名古屋を結ぶ「泉観光バス」の3列独立・4列ゆったり・4列、3つの高速バスシートや設備を比較解説! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

新潟各所と関東・名古屋を結ぶ「泉観光バス」の3列独立・4列ゆったり・4列、3つの高速バスシートや設備を比較解説!

泉観光バスは新潟の五泉市に本社があるバス会社です。おもに新潟各所と東京・名古屋を結ぶ高速バスや新潟市と十日町市を結ぶ県内高速バスを運行しています。今回は高速バスで活躍する主要な3つのバス車両とシートをご紹介します!


目次

全シート共通の設備・備品
3列独立シート
4列ゆったりシート
4列シート

※設備は都合によって変更されることがあります
※繁忙期などの増発便は、シートタイプやサービス内容の異なる車両が運行される場合があります

共通する設備・備品

どの車両もブランケットとコンセント(805便の一部を除く)、ドリンクフォルダー付き。

2018年よりすべての車両でWi-Fiが使えるようになりました。また、4列シートの場合は、同性同士が隣になるように配慮されているとのこと。

ブランケット
ブランケット
コンセント
コンセント

ちなみになんと、長距離バスの車両はすべて末広がりを祈願してナンバープレートが「888」となっているそうです!

ちょっと嬉しいナンバープレート
ちょっと嬉しいナンバープレート
ナンバープレート


3列独立シート

3列独立シートがあるのは、2017年から導入されている新しい車両。ガンメタリックのかっこいい外観で、車内はグレーで統一されておりシックな雰囲気です。清潔加工のシート生地を使用するなど、衛生面にも気を使っています。

外観はガンメタリックでかっこいい
外観はガンメタリックでかっこいい
3列シート車内の様子
3列シート車内の様子

座席は前方が3列独立シート、後方が4列ゆったりシートとなっているコンビタイプです。3列独立シートは少しずつそれぞれの座席の位置をずらしていて、ゆったり感が倍増。座席のクッション部分もふかふかで、8席しかないプレミアム感も魅力です。

フットレストとレッグレストも付いて、リクライニング角度は140度!
フットレストとレッグレストも付いて、リクライニング角度は140度!

付いているアメニティは、ミントの香りのリフレッシュシートとマスク。リフレッシュシートはシーズンごとに、ネックピローやホットアイマスクなどに変わっていくそうです。

厚みがあるカーテン! 花柄!
厚みがあるカーテン! 花柄!
アメニティ
アメニティ

■運行路線

3列独立シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年8月時点で運行している路線です。


4列ゆったりシート

こちらは4列ゆったりシートのみの車両の様子です。通常よりも縦1列少ない、縦10列×2席の40席で、シートピッチが約90cmのゆったり仕様となっています。

この車両以外に、前方に3列独立シート席を8席用意したコンビタイプの車両もあります。

同じくガンメタリックでかっこいい
同じくガンメタリックでかっこいい
4列ゆったりシートの車内の様子
4列ゆったりシートの車内の様子

座席は、フットレストとレッグレスト付きです。ヘッドレストの有無は車両によって異なります。

シートのリクライニング角度は125度
シートのリクライニング角度は125度
ヘッドレストに工夫あり。端の部分がカーブしているので寄りかかって眠れます
ヘッドレストに工夫あり。端の部分がカーブしているので寄りかかって眠れます

シートベルトは安心の斜め仕様
シートベルトは安心の斜め仕様

ちなみに3列独立シートと4列ゆったりシートは、リクライニング角度やシートピッチなどは同じですが、4列ゆったりシートのクッション部分がよりふかふかになっているなど少しだけ座り心地が違いました。

15 4列ゆったりのリクライニング(3列と一緒のほう).JPG
全体的にふかふかしてます
全体的にふかふかしてます

■運行路線

4列ゆったりシートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

東京→新潟

※バスタ新宿16:30発・新潟駅南口8:40発の便(805便)は、標準の4列シートの車両で運行しています。以下の4列シートの紹介をご覧ください

TDL・東京→名古屋

※2019年8月時点で運行している路線です。


4列シート

4列シートのバスは、縦11列、内装もオーソドックスな車両となっています。

目立つ真っ赤な車体!
目立つ真っ赤な車体!
4列シートの車内の様子
4列シートの車内の様子
ザ・シンプルなシート。リクライニング角度はこれくらいです
ザ・シンプルなシート。リクライニング角度はこれくらいです
ヘッドレストはこんな感じ
ヘッドレストはこんな感じ

カーテンのフリルがなんかかわいい
カーテンのフリルがなんかかわいい

■運行便

4列シートの車両を運行しているのは以下のバス便です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます

※2019年8月時点で運行している路線です。

※設備は都合によって変更されることがあります
※繁忙期などの増発便は、シートタイプやサービス内容の異なる車両が運行される場合があります


※本記事は、2019/08/26に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    2,200円 2,400円
    神奈川 → 新潟
    --- 4,500円
    5,900円 6,500円
    5,900円 6,500円
    5,900円 5,000円
    4,300円 4,200円
    3,980円 3,980円
    2,100円 2,100円
    3,000円 2,900円
    2,600円 3,100円
    3,500円 3,500円
    420円 420円
    5,000円 5,000円
    4,190円 4,190円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/16~11/22のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ