西武バス「東京~長岡・新潟線」乗車記。車内設備やシートを写真付きで解説! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

西武バス「東京~長岡・新潟線」乗車記。車内設備やシートを写真付きで解説!

関東と北陸・甲信越・中部・関西エリアなどを結ぶ高速バスを運行する西武バス。今回は同社の東京~長岡・新潟線の3列独立シート・トイレ付き夜行バスに乗ってきました! 車内設備やシートの仕様などの解説とともに、乗車した様子をレポートします。

「東京~長岡・新潟線」は、西武バスと新潟交通と越後交通が共同運行しています。この路線は上下線あわせて1日32便が運行されていて、そのうち16便が西武バスの運行です。

西武バスが運行する夜行バスは、上り線の万代シティバスセンターを23:00、23:30に出発する2便があります(たまにもう1便、22:30発の便が増発されることも)。新潟~東京間は1名運行でもよい距離ですが、23:30発は運転士さんが2名乗車する贅沢な便なので、安全性を気にする方にとくに人気があるとのこと。確かに2名運行だと、安心感が違う気がいたします!

西武バスの車両外観
西武バスの車両外観


3列独立シート車両の車内は?

車内はこんな感じです
車内はこんな感じです
座席表です。縦10列しかないゆったり仕様!
座席表です。縦10列しかないゆったり仕様!
もちろんコンセント付き
もちろんコンセント付き
リクライニングの最大角度はこれくらい。フットレスト、レッグレストも付いています
リクライニングの最大角度はこれくらい。フットレスト、レッグレストも付いています
ドリンクホルダーとゴミ袋
ドリンクホルダーとゴミ袋

ブランケットは厚みもあって高級感あり。長さもあって快適でした(夜行便のみ)
ブランケットは厚みもあって高級感あり。長さもあって快適でした(夜行便のみ)

トイレは降りたところに。夜間は緑に光っていますよ~
トイレは降りたところに。夜間は緑に光っていますよ~


万代シテイバスセンターからバスタ新宿へ移動

東京・大宮~長岡・新潟線の上り線(新潟発)は、新潟駅前から乗ることができるのですが、今回乗車したのは新潟駅から徒歩15分ほど歩いたところにある、始発のバス停「万代シテイバスセンター」です。

立派なビル!
立派なビル!

ここは昔ながらのバスセンターといったおもむきで、「バスセンターのカレー」で有名なお店「名物万代そば」があるなど、バス好き(そしてカレー好き)には、たまらない場所。夜行バスに乗る場合はお店が開いていませんが、どっしりとした建物の中にきれいな待合室があって、ゆったりバスを待つことができます。

バス停の前にある待合室
バス停の前にある待合室
女性専用エリアやパウダールームもあって至れり尽くせり
女性専用エリアやパウダールームもあって至れり尽くせり
スーツケースなどを置いておくこともできます
スーツケースなどを置いておくこともできます
]

利用時間はこちら
利用時間はこちら


停車地・車内の注意事項を丁寧にアナウンス

快適な待合室でのんびり待っていると、真っ青なバスがやってきました~!

バスがやってきました~!
バスがやってきました~!

万代シティバスセンターから乗車したのは5名ほどで、定時出発です。ほどなく、新潟駅前に到着。そこで5名ほどが乗り込み、出発すると、丁寧なアナウンスがありました。

休憩は2回、新潟県の「越後川口SA」と埼玉県の「上里SA」(東京→新潟も同じ)です。各下車場所「川越的場」「練馬区役所」「下落合駅」「池袋」「新宿」(東京→新潟は乗車場所)の到着時間、今回は練馬区役所と下落合駅で下車する人がいないので通過するという説明もありました。

これから「鳥原BS」「巻潟東IC」「三条燕IC」「栄」「長岡北」「越路」「小千谷IC」「小出IC」「六日町IC」「湯沢IC」とバス停を通っていくのですが、車内の消灯は六日町ICを過ぎてからとのこと。

シートベルトの着用、リーフレットの説明、禁煙、携帯はマナーモードにするなどの注意事項もありました。できれば乗車して寝酒の1缶を呑みたくなるわたしは、毎度バスに乗るたびに気になっているのですが、飲食の注意はとくにありませんでした。


休憩地は「越後川口SA」と「上里SA」

いくつかのバス停で、ひとりふたりと乗車。1:00少し前に休憩場所の「越後川口SA」に到着しました。休憩は10分ほどで、マイクでの放送はなく、気づいた人が降りる仕組みです。トイレ付きのバスですが、けっこうな人が降りていました。

越後川口SA
越後川口SA
深夜には見えないけど気になります……
深夜には見えないけど気になります……
出発時間の表示が
出発時間の表示が

そのあと消灯となって、2回目の休憩は「上里SA」で3:20頃、同じく10分ほどでした。

上里SA
上里SA
人数確認のあと運転席との仕切りのカーテンが閉められますが、このバスはジッパー式。光もれがありません!
人数確認のあと運転席との仕切りのカーテンが閉められますが、このバスはジッパー式。光もれがありません!

3列独立シートでクッションの座り心地がいいため、ひたすら快適に寝ているうちに、池袋には定刻の5時05分よりわずかに早い5時到着。バスタ新宿には予定の5時30分より同じく少し早い5時25分頃に到着しました。

バスタ新宿に着いたぞ~
バスタ新宿に着いたぞ~

まとめ

3列独立シートで快適! 乗車時間が6時間ほどと短いので、正直もっと乗って寝ていたい気持ちになりました……。

今回はSAで降りてみましたが、トイレが付いているため、休憩時間を気にせず眠ることも可能です。また、中越地区と新潟市内の間はきめ細かく乗降地があるため、新潟方面への帰省やビジネスで利用したい方にとっては、とくに使い勝手がよさそう。

料金は乗車日によって異なりますが、3,200~7,900円で、夜行バスの4列シートとの差は1,000円~2,000円ほどでしょうか。快適度がかなり違うため、おすすめの路線でした!

東京~長岡・新潟のバス便

※本記事は、2019/08/19に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 9月 10月
    2,000円 2,000円
    2,660円 2,360円
    5,900円 4,500円
    5,900円 4,500円
    5,800円 5,000円
    3,900円 3,900円
    3,910円 3,910円
    2,060円 2,100円
    4,000円 4,000円
    2,100円 2,070円
    3,100円 2,600円
    3,500円 3,500円
    410円 410円
    5,000円 5,000円
    4,110円 4,110円
    その他の路線を見る

    週間ランキング9/9~9/15のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ