歴代の「はとバス」車両ほぼすべてを掲載! 「はとバス 70年の車両の変遷」を発行 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

歴代の「はとバス」車両ほぼすべてを掲載! 「はとバス 70年の車両の変遷」を発行

2019年7月17日(水)に、バスラマエクスプレス15「はとバス 70年の車両の変遷」を発行した。本誌では、現代編と歴史編の2つの構成で、はとバス創業70年の歴史を振り返る。掲載写真の大多数ははとバスが所蔵しているもので、初公開の秘蔵写真も数多く含まれる。

日本の観光バス車両の歴史がわかる「はとバス70年の車両の変遷」

1949年、はとバスが戦後の東京で都内定期観光バスの営業を始めた。2019年は営業開始70周年と言う節目の年である。はとバスはその歴史の中で、事業の柱となる車両に強いこだわりを持ち続けており、同社が採用した車両の数々には、大きなエポックとなった車両も数多く存在する。

本誌は、2つの内容で構成されており、現代編では現役車両のアルバムや在籍車両一覧、歴史編では70年の車両の変遷、はとバスの車両の選び方、はとバス車両に見るバス技術などを集約している。

いつの時代も首都東京の観光をリードするはとバスが送り出してきた、オリジナリティと「おもてなし」の心があふれる車両の数々を紹介している。

70年にわたる車両のほぼすべてを紹介しているため、日本の観光バス車両の歴史も把握できる。はとバスファンのみならず、広くバス車両の歴史を研究する方々にも興味深い一冊となった。

はとバス.jpg


ぽると出版 バスラマエクスプレス15「はとバス 70年の車両の変遷」

【発行日】2019年7月17日
【定価】1,296円(税込)
【サイズ】A4判 64ページ
【書籍コード】ISBN-10:4899803656 ISBN-13:978-4899803652
【概要】
●現代編
・はとバス 現役車両のアルバム
・在籍車両一覧(2019年5月31日現在)
●歴史編
・はとバス 車両の選び方
・70年の車両の変遷
・はとバス車両に見るバス技術
・スーパーデラックス/はとまるくん 図面

ぽると出版HP


※本記事は、2019/07/23に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスラマインターナショナル

    バス専門誌 

    バスラマインターナショナル(通称バスラマ)は、1990年に創刊した、隔月刊のバス専門情報誌です。毎号、日本国内にとどまらず、世界の様々なバス関連情報を、バスに関わるすべての方々にお届けしています。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 8月 9月
    4,000円 2,890円
    4,000円 2,890円
    2,300円 1,750円
    1,900円 2,200円
    3,000円 2,500円
    4,300円 3,150円
    6,000円 6,000円
    9,500円 8,800円
    3,650円 2,800円
    4,400円 3,800円
    4,000円 2,980円
    2,300円 1,750円
    2,200円 2,500円
    3,000円 2,700円
    3,700円 3,100円
    7,000円 5,800円
    10,000円 8,500円
    4,500円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング8/12~8/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ