グレース観光の高速バス「グレースライナー」2種類の4列シートはどう違う? 車内設備の違いや共通サービスをご紹介! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

グレース観光の高速バス「グレースライナー」2種類の4列シートはどう違う? 車内設備の違いや共通サービスをご紹介!

グレース観光の「グレースライナー」は、東京~名古屋、東京~京都・大阪間を運行する高速バス。今回はグレースライナーのスタンダードタイプと、4列ゆったりシートのグランドグレースを乗り比べ、各車両やシートの違いを比較してみました。

ざっくり、こんな車両・シート紹介

  • 2種類の車両の外観やシートを写真付きで比較
  • 両シートの共通点もご紹介!
  • 両シートともにトイレ、Wi-Fi、レッグレストはなし

グレースライナーの車両は「4列標準シート(横4列・縦11列)」と、「4列ゆったりシート(横4列・縦10列)」のグランドグレースがあります。まずはスタンダードタイプから見ていきましょう。

スタンダードタイプ(4列標準シート)

ミッドナイトブルーの車体に、「グレースライナー」の白いロゴ、その他に、さまざまなステッカーが貼ってあります。これはどうやら名古屋で盛んに行われているローカルプロレスのロゴのようで、プロレスファンにはたまらない仕様かも。

グレースライナー:スタンダードタイプの外観
グレースライナー:スタンダードタイプの外観


車内は、横4列・縦11列と一般的な貸切バスと同じ仕様のシート配列となっています。

スタンダードタイプの4列シート
スタンダードタイプの4列シート

ヘッドレストには、無料で貸してもらえる茶色のブランケットがかかっています。
 

ブランケットはヘッドレストにかけてあります
ブランケットはヘッドレストにかけてあります

ブランケットを取ると、青いカバーのかかったシンプルなヘッドレストが現れます。

シンプルなヘッドレスト
シンプルなヘッドレスト
 

隣り合うシートの間には互いのプライバシーを保つカーテンが設置されています。また小さめながらもフットレストも完備。

4列標準シート
4列標準シート

足元のスペースは、前の乗客がシートを倒すと、約15cmといったところ。体格の良い人だと少々手狭に感じるかもしれません。

4列標準シートの足元
4列標準シートの足元


■4列標準シート車両の運行路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年7月時点で運行している路線です
※設備は都合により変更されることがあります

グランドグレース(4列ゆったりシート)

グランドグレースの車両にはミッドナイトブルーの車体に、ゴールドの「グランドグレース」のロゴがあしらわれています。バスの車体が黒に近づくほど高級感を感じてしまうのは私だけでしょうか?

グレースライナー:グランドグレースの外観
グレースライナー:グランドグレースの外観

車内は、横4列・縦10列と4列標準シートのバスより1列少ない、ゆったりとしたシート配列となっています。

グランドグレースの4列シート
グランドグレースの4列シート
 

ヘッドレストに、無料で貸してもらえる茶色のブランケットがかかっているのは、4列標準シートと同じですね。

ブランケットはヘッドレストにかけてあります
ブランケットはヘッドレストにかけてあります
 

ブランケットを取ると、青いカバーのかかったシンプルなヘッドレストが現れるのも、4列標準シートと同じです。ただ、グランドグレースの方は、ヘッドレストとしては平らな形状になっています。
 

比較的フラットなヘッドレスト
比較的フラットなヘッドレスト

隣り合うシートの間にはカーテンが設置されており、フットレストを完備しているのも4列標準シートと同じですが、2点大きな違いがあります。

4列ゆったりシート
4列ゆったりシート

1つ目が、乗車時にシートの背もたれを倒した状態にしているところ。席を倒すときに、後ろの乗客になかなか一声かけられない人には、嬉しいサービス! 全員が気兼ねなく、フルリクライニングで過ごせます。

リクライニングした状態.jpg

2つ目が、足元のスペースが広いところ。リクライニングした状態の前の席まで、約30cmのスペースがあり、4列標準シートよりもゆったりとした空間を確保できます。大柄な人や、足元に荷物を置きたい方におすすめ!

4列ゆったりシートの足元
4列ゆったりシートの足元
 

■4列ゆったりシート車両の運行路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年7月時点で運行している路線です
※設備は都合により変更されることがあります

「スタンダードタイプ」と「グランドグレース」車内設備の共通点って?

ここまで「スタンダードタイプ」、「グランドグレース」の外観やシートの違いを紹介しました。ここからは、全便に共通している設備について見ていきましょう。

「スタンダードタイプ」、「グランドグレース」の車両の各座席にコンセントが設置されています。コンセントの設置個所は、通路側席の乗客用はアームレストの下に。窓際席の乗客用には、壁際に設置されています。

通路側席のコンセント
通路側席のコンセント
窓際席のコンセント
窓際席のコンセント


全便共通のサービスは?

グレースライナーの全便で、女性客の隣席は必ず同性になるよう配慮してもらえる上に、後部座席に女性エリアを設けてある「女性あんしん」システムが共通です。

同性同士が隣り合う「女性あんしん」システム
同性同士が隣り合う「女性あんしん」システム
 

また、どの便も途中のサービスエリアでのトイレ休憩は2回。休憩アナウンスはされず、薄暗がり照明の点灯と、前カーテンのオープンが休憩開始の合図となります。

トイレ休憩時の様子
トイレ休憩時の様子
 

「スタンダードタイプ」「グランドグレース」どちらがお好み?

このように、車両の外観やシートによって足元の広さに違いがあるものの、基本的なサービスは一律のグレースライナー。「なるべく広いスペースがあるシートが好み」という人にはグランドグレースがおすすめ!

シートに特にこだわりがない、という人は乗車時間や乗車地、乗車予定日の運賃などに応じて、お好みの便を選んでみてくださいね。

また、2019年8月から東京~関西便で、3列独立シートの「プレミアムグレース」が新たに運行しています。


※本記事は、2019/07/16に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    為平千寿香

    ゲームデザイナー/ライター 女性

    東京在住のゲームデザイナー/ライター。旅好きが高じて、中国に赴任経験あり。国内外のバイクツーリングやジビエ、狩猟がマイブーム。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    1,900円 1,750円
    2,000円 1,750円
    1,440円 1,440円
    1,400円 1,400円
    1,500円 2,000円
    700円 700円
    8,900円 8,900円
    7,000円 7,000円
    7,000円 7,000円
    1,900円 1,830円
    2,000円 1,840円
    茨城 → 名古屋
    --- 7,290円
    1,940円 1,940円
    2,200円 2,200円
    4,500円 4,500円
    5,000円 5,000円
    2,790円 2,790円
    3,300円 3,300円
    2,700円 2,700円
    1,400円 1,400円
    840円 840円
    1,020円 1,020円
    4,200円 4,200円
    2,700円 2,700円
    6,900円 6,900円
    5,890円 5,890円
    8,500円 8,500円
    8,500円 8,500円
    4,400円 3,000円
    3,600円 3,000円
    4,400円 4,100円
    4,400円 4,100円
    7,650円 8,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/11~11/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ