なんばBT近くで高速バスユーザーにおすすめ! スタイリッシュなカプセルホテル「ナインアワーズ なんば駅」に宿泊してみた | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

なんばBT近くで高速バスユーザーにおすすめ! スタイリッシュなカプセルホテル「ナインアワーズ なんば駅」に宿泊してみた

2009年に “世界中のゲストの旅をもっと自由にするための道具”として開業したカプセルホテル「9h ninehours(ナインアワーズ)」。2019年4月には、大阪・なんばにもオープン! なんばの高速バス乗り場から目と鼻の先にあるナインアワーズに一泊したところ…居心地は抜群! 設備や魅力などを細かく紹介します。

ざっくり、こんなカプセルホテル

  • 快適性・機能性抜群でオシャレな寝室
  • 身支度がしやすい!
  • 充電コンセント&Wi-Fiアリのスペースで仕事もできちゃう


なんば駅・なんば高速バスターミナルからのアクセスは超簡単!

「ナインアワーズ なんば駅」へのアクセスは超簡単。なぜなら、国内最大級の複合緑化都市「なんばパークス」のランドマークとして知られるパークスタワーの3階にあるからです。

南海なんば駅中央口・南口直結のパークスタワーは、地上30階、高さ150メートルのオフィスビル。ナインアワーズへ行くには、このビルを目指せばOKです。

南海なんば駅からなんばパークスへ
南海なんば駅からなんばパークスへ
パークスタワー方面へ歩いていくと、目印が足元に
パークスタワー方面へ歩いていくと、目印が足元に
目印通りに行けば、エスカレーターが見えてきます
目印通りに行けば、エスカレーターが見えてきます

地下鉄御堂筋線なんば駅をご利用の方は、南南改札を出て、南海電車の矢印の方へと進んでいけば、なんばパークスへと簡単にアクセスできます。徒歩約10分で到着します。

なんば高速バスターミナルからも徒歩数分でアクセスできます。

ちなみにパークスタワー前から「難波パークス通りバス停」など高速バス乗り場が見えます
ちなみにパークスタワー前から「難波パークス通りバス停」など高速バス乗り場が見えます


さっそくチェックイン

さっそくチェックイン。この自動ドアから入ると正面に受付があるので、ここでチェックインを済ませてください。予約の名前を伝えて支払いを済ますと、カードキーをもらえます。

自動ドアを入ると正面に受付が

ちなみに受付の左側に、充電が可能なくつろげるスペースがあります。

本を読んだり、パソコンをいじったりできます
本を読んだり、パソコンをいじったりできます

飲み物も販売されています
飲み物が販売されています

チェックイン後は、受付の右側へと進みます。

通路も黒を基調としていてカッコいい!
通路も黒を基調としていてカッコいい!

男性と女性で扉が分かれているので、カードキーを使って中へ入りましょう。

女性専用フロアへの入り口
女性専用フロアへの入り口


ロッカーやシャワー室、トイレをチェック!

さっそく自分の寝室をチェックしたいところですが、寝室は土足厳禁なので、靴を履き替えるついでにロッカーやシャワー室、トイレをチェック。

入り口
入り口

入り口から右側にロッカーがずらっと並んでいます
入り口から右側にロッカーがずらっと並んでいます
自分の番号を見つけたらカードキーを使って開けます
自分の番号を見つけたらカードキーを使って開けます
中はこんな感じ。スーツケースも入れられるほど大きなロッカーです
中はこんな感じ。スーツケースも入れられるほど大きなロッカーです

ちなみにこの黒いバッグの中にはスリッパ、歯ブラシ、長袖のパジャマ(トレーナーとパンツ)が入っています。ここで荷物をあずけてスリッパに履き替えます。

このフロアの左手には半個室空間があります。

半個室空間

半個室空間

ここにはコンセントもあるので、充電しながらパソコン作業などができます。

ちなみに私は18時半ごろにチェックインしたのですが、誰も使っていなかったので、ここでゆったりと過ごせました。

静かなので仕事や読書に最適
静かなので仕事や読書に最適

半個室の隣には洗面台、その奥にシャワー室とトイレがあります。

洗面台
洗面台

シャワー室とトイレの通路
シャワー室とトイレの通路
シャワー室の様子
シャワー室の様子
ミントの香りのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが完備されています
ミントの香りのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが完備されています
シャワーヘッドは2つ。オーバーヘッドシャワーを使えるのは嬉しい!
シャワーヘッドは2つ。オーバーヘッドシャワーを使えるのは嬉しい!
ウォームピラー(オーバーヘッドシャワー)は、体全体を温めてくれるので冬でも寒くないのが特徴
オーバーヘッドシャワーは、湯が柱状に流れる「ウォームピラー」が導入されています。体全体を温めてくれるので冬でも寒くないのが特徴

トイレも清潔感アリ!
トイレも清潔感アリ!

ドライヤーも数台あるので、この台で身支度される方が多かったです!(朝8時〜9時はやや混むので、早起きして使うのがおすすめです)
ドライヤーも数台あるので、この台で身支度される方が多かったです!(朝8時〜9時はやや混むので、早起きして使うのがおすすめです)


いよいよ寝室へ!

さて、ここからは寝室をご紹介。

寝室

寝室のフロアに入るだけで、異空間が広がっており、まるで宇宙船のような、近未来感を味わえます。

床に番号があるので、自分の部屋がわかりやすい
床に番号があるので、自分の部屋がわかりやすい
寝室内の様子
寝室内の様子

枕は柔らかすぎず寝室にフィットした形
枕は柔らかすぎず寝室にフィットした形

枕元にはカギや大切なものを置くことができます
枕元にはカギや大切なものを置くことができます
寝室から外が見えるので…
寝室から外が見えるので…
就寝時はこのようにシャットダウンできます
就寝時はこのようにシャットダウンできます

布団もふかふか、静かで眠りやすく、ライトは自分の好きな明るさに調節できます。眠るときに少し明かりが欲しい方でも、真っ暗じゃないと眠れないという方でも快適に眠れます。

実際、私も爆睡して、あっという間に朝でした!

起床後、上記でご紹介したロッカーがあるフロアへ行き、身支度を済ませます。鏡がたくさんあるので全身のコーディネートもチェックできます。また、ロッカー前の空間は広いので、スーツケースを広げられるのも嬉しいポイント。

チェックアウトは、カギとパジャマを黒いバッグに入れ、カウンターで返却すれば完了
チェックアウトは、カギとパジャマを黒いバッグに入れ、カウンターで返却すれば完了


男性フロア

男性フロアでも女性フロアと同様、ロッカーやシャワー、カプセルスペースが用意されています。女性フロアと比較すると、内装の色味が異なります。

寝室
Photo: Nacasa & Partners
ロッカー
Photo: Nacasa & Partners

シャワー室
Photo: Nacasa & Partners


なんば駅にある、出来立てホヤホヤのカプセルホテル「ナインアワーズ」をご紹介しました。

スタイリッシュで、オシャレな空間だということは写真でもわかってもらえたのではないでしょうか。カプセルホテルって窮屈で身支度が大変なイメージがありますが、同ホテルではまったくそんなことは気にならず、快適に過ごすせました。

なんばで宿泊先を探している方は、ぜひ一度利用してみてください!

ナインアワーズ なんば駅

大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 パークスタワー3F Google Map
06-6635-2208 チェックイン 13:00、チェックアウト 10:00
Webサイト



※本記事は、2019/06/28に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    2,000円 2,990円
    2,100円 2,990円
    650円 650円
    990円 990円
    1,000円 1,000円
    1,500円 1,500円
    宮城 → 難波(なんば)
    --- 9,800円
    山形 → 難波(なんば)
    --- 13,100円
    8,900円 8,900円
    4,500円 5,000円
    2,000円 3,000円
    2,200円 3,700円
    茨城 → 難波(なんば)
    --- 11,000円
    2,800円 2,800円
    5,200円 6,000円
    4,400円 4,400円
    6,720円 6,720円
    石川 → 難波(なんば)
    --- 4,000円
    2,800円 2,800円
    2,600円 2,730円
    2,650円 2,650円
    2,800円 3,000円
    3,800円 3,800円
    1,950円 1,950円
    2,040円 2,040円
    3,200円 3,200円
    2,320円 2,320円
    3,800円 3,700円
    長崎 → 難波(なんば)
    --- 6,900円
    大分 → 難波(なんば)
    --- 8,700円
    6,000円 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/25~5/31のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ