3種類のシートと車内設備について比較解説! 大阪と京都・名古屋・東京などを結ぶ「大阪バス」の車両紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

3種類のシートと車内設備について比較解説! 大阪と京都・名古屋・東京などを結ぶ「大阪バス」の車両紹介

大阪と京都・名古屋・東京などを結ぶ高速バスを運行している「大阪バス」のシート及び車内設備について解説します。シートの種類は3列独立シート、4列ゆったりシート、4列シートの3つ。そのほか、トイレやコンセントなど、気になる設備の有無についてもまとめました。



3列独立シート車両

3列独立シート車両は、大阪・京都~東京を結ぶ「東京特急ニュースター号」で採用されています。

東京特急ニュースター号
東京特急ニュースター号

シートの配置はかなりゆったりとしています。カーテン付きでプライベート空間が保てるのがいいですね。

カーテン付きです
カーテン付きです
枕は可動式
枕は可動式

リクライニングの角度はそれほど深くないようですが、足元は十分なスペースがあります。優しくふとももを支えてくれるレッグレストとゆったりサイズのフットレストがあり、しっかり足を伸ばしてリラックスできます。

レッグレスト
レッグレスト
フットレスト
フットレスト

また、ヘッドレストは可動式で自分に合った高さに調整が可能。

シート周りには、サイドテーブル、荷物棚(デイパックなど収納が可能)、コンセント(スマートフォン充電用)が備え付けられており、ブランケットのサービスも。

可動式の枕
可動式の枕
ふかふかのブランケット
ふかふかのブランケット

また、3列車両は基本的にトイレ付きとなっているでの、長旅でも安心です。

■運行路線
3列独立シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年6月時点で運行している路線です


貴重な4列ゆったりシートも

女性専用の席ですが、3列車両の最後部の2席のみ4列ゆったりシートとなっています。
通常の4列シートの車両は11~12列ですが、3列独立シート車両は10列までのため足元はかなりゆったり。もちろんトイレ付きで、コンセントやブランケットも利用でき、運賃は3列独立シートと比べ1,500円前後安くなっています。

■運行路線
4列ゆったりシートの車両を運行しているのは以下の路線です。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年6月時点で運行している路線です


4列シート車両

大阪バスでは、前述した東京特急ニュースター号以外の路線は基本的に4列シートです。4列シートの中には、比較的足元に余裕がある縦11列の車両と、標準的な縦12列(最後部のみ横5列)の車両があります。

運行路線は、大阪~名古屋を結ぶ「名古屋特急ニュースター号」や空港バスなどです。

名古屋特急ニュースター号
名古屋特急ニュースター号

名古屋特急ニュースター号は、縦11列の車両なので、女性なら十分に足を伸ばせるほど足元にスペースがあります。

名古屋特急ニュースター号のシート
名古屋特急ニュースター号のシート
縦11列の4列シート
縦11列の4列シート
コンセントは窓際に
コンセントは窓際に

4列シート車両でトイレがあるのは、東大阪~関西空港の路線のみです。コンセントの有無は便によりますので事前に確認をしておきましょう。ちなみに、コンセントがある場合は窓側の座席のみなので、隣の方と相談して使用しましょう。

設備はシンプルですが、大阪~名古屋が最安1,440円(2019年7月の最安値)とかなりローコストで移動できるのは魅力ですね。

■運行路線

4列シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

※リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年6月時点で運行している路線です

※設備は都合によって変更されることがあります。
※紹介している車両・シートは、大阪バスの担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります。


※本記事は、2019/06/18に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    2,000円 2,990円
    2,200円 2,990円
    510円 510円
    900円 900円
    730円 700円
    1,400円 1,500円
    4,500円 5,500円
    山形 → 大阪
    --- 13,100円
    8,900円 8,900円
    4,500円 5,000円
    2,000円 2,990円
    2,200円 3,200円
    茨城 → 大阪
    --- 11,000円
    2,800円 2,800円
    4,800円 4,000円
    4,400円 4,400円
    6,720円 6,720円
    石川 → 大阪
    --- 4,000円
    3,200円 ---
    2,800円 2,800円
    2,800円 1,800円
    2,600円 2,730円
    1,510円 1,510円
    2,500円 2,500円
    2,800円 3,000円
    4,140円 7,500円
    3,800円 3,800円
    1,950円 1,950円
    2,040円 2,040円
    3,200円 3,200円
    2,320円 2,900円
    3,800円 3,700円
    長崎 → 大阪
    --- 6,900円
    大分 → 大阪
    --- 8,700円
    6,000円 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/25~5/31のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ