福岡と九州・本州を結ぶ「西鉄バス」の4つの高速バスシートと車内設備を徹底解説! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

福岡と九州・本州を結ぶ「西鉄バス」4つの高速バスシートを比較! 乗り心地や車内設備は? 全車コンセント付き!

福岡と九州島内、本州を結ぶ西日本鉄道(西鉄バス)の高速バス。同社で運行する車両のシートには、「4列シート」「3列スーパーシート(2+1配列)」「3列独立シート」「2列個室型シート」の4つのシートがあります。今回はそれぞれのシートの仕様や座り心地を比較。対象路線や車内の設備なども紹介します。

福岡~東京線「はかた号」の車両外観
福岡~東京線「はかた号」の車両外観
福岡~名古屋線「どんたく号」の車両外観
福岡~名古屋線「どんたく号」の車両外観
福岡~宮崎線「フェニックス号」の車両外観
福岡~宮崎線「フェニックス号」の車両外観
福岡~鹿児島線「桜島号」(新塗装)の車両外観
福岡~鹿児島線「桜島号」(新塗装)の車両外観

▼目次


「西鉄バス」高速バス車内設備の共通点は?

西鉄バスの車両で共通しているのが、「コンセント付き」であること。ほぼすべての車両に搭載しており、移動中にスマートフォンや携帯電話の充電ができることから、多くの乗客から好評を得ています。コンセントの設置場所や形状は車両によって異なります。また、コンセントの代わりにUSBポートを設置している車両もあります。

乗客から好評を得ているコンセント
乗客から好評を得ているコンセント
西鉄「フェニックス号」セレクトシート車 コンセント.jpg

トイレは、夜行便全車両と九州島内を走る長距離路線用の車両に装備されています。内側から鍵をかけると、換気扇とトイレ使用中ランプが連動する仕組みになっています。

トイレは夜行便と九州島内長距離路線に装備
トイレは夜行便と九州島内長距離路線に装備


※編集部追記
2019年6月14日、西鉄グループが運行する高速バス全線に、2020年までにWi-fiを導入することを発表しました。
西鉄バス 西鉄グループが運行する高速バス全線に Wi-Fi を導入!


4列シート

西鉄バスで一番多く採用されているのが、4列シートです。座席はリクライニングシートになっており、快適にくつろげます。

4列シート車内の様子
4列シート車内の様子

背もたれが高いリクライニングシート
背もたれが高いリクライニングシート

また、福岡~湯布院線「ゆふいん号」、福岡~別府線「とよのくに号」別府系統、北九州~別府・大分線「ゆのくに号」では、Wi-Fiサービスを実施。1回の接続につき60分、回数は無制限で利用できます。

Wi-Fi設定画面(スマートフォン)
Wi-Fi設定画面(スマートフォン)


■運行路線

4列シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年5月時点で運行している路線です


3列スーパーシート(2+1配列)

福岡~宮崎線「フェニックス号」で採用されている車両の前方には、幅広3列スーパーシートが配置されています。JR在来線グリーン車並みのシート幅が特長で、レッグレストやフットレストも完備。道中ゆったりとくつろげます。

ゆったりとくつろげる「フェニックス号」3列スーパーシート
ゆったりとくつろげる「フェニックス号」3列スーパーシート

JR在来線グリーン車並みのシート幅が特長
JR在来線グリーン車並みのシート幅が特長

■運行路線

3列スーパーシート(2+1配列)の車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年5月時点で運行している路線です


3列独立シート

福岡~本州・宮崎・鹿児島間の夜行便および福岡~延岡線「ごかせ号」で採用されているのが3列独立シートです。

ゆったりサイズのシート幅で、フットレスト(足置き台)とレッグレストも完備しています。福岡~本州間(福岡~東京・名古屋・岡山)の夜行便には、座席の前後も仕切ることができるフェイスカーテンを設置。まわりを気にせずにぐっすりと眠ることができます。

なお、福岡~東京線「はかた号」の最後部3席と福岡~名古屋線「どんたく号」の後部6席は、女性専用席になっています。

3列独立シート車の車内
3列独立シート車の車内

可動式枕を搭載したシート
可動式枕を搭載したシート

「はかた号」ビジネスシートも3列独立タイプ
「はかた号」ビジネスシートも3列独立タイプ

本革仕様の「はかた号」ビジネスシート
本革仕様の「はかた号」ビジネスシート

ブランケットは各座席に用意されているほか、夜行バスには使い捨てスリッパも用意されています。

各座席にはブランケットの用意も
各座席にはブランケットの用意も

また、福岡~本州間の夜行便ではWi-Fiサービスを実施しているほか、パック式お茶の無料サービスもあります。

■運行路線

3列独立シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年5月時点で運行している路線です


プレミアムシート(2列個室型シート)

福岡~東京線「はかた号」に4席限定で配置されているのが、2列の個室型シート「プレミアムシート」です。座席がパーテーションとカーテンで仕切られており、バスとは思えない個室感覚を味わえる人気のシートです。

「はかた号」の車内。前方4席が「プレミアムシート」
「はかた号」の車内。前方4席が「プレミアムシート」

「はかた号」プレミアムシート
「はかた号」プレミアムシート

シートの操作は、備え付けのコントローラーで行う電動式。シートヒーターやマッサージ機能も備えており、快適性は夜行バスの中でもトップクラスを誇ります。

プレミアムシートの専用コントローラー
プレミアムシートの専用コントローラー

Wi-Fi、コンセントはもちろんのこと、USBポート、空気清浄器、専用タブレット(iPad)が備わっているほか、アイマスク、ビオレさらさらシートといったアメニティも充実しています。

プレミアムシートのコンセントとUSBポート
プレミアムシートのコンセントとUSBポート
シートポケットには専用タブレット(iPad)が
シートポケットには専用タブレット(iPad)が

■運行路線

プレミアムシートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年5月時点で運行している路線です

路線別設備一覧(西鉄バス車両)

〇/サービスあり ×/サービスなし

昼行便

共通の設備:リクライニングシート、コンセント(※1)



フットレスト レッグレスト ブランケット(※2) Wi‐fi トイレ 途中休憩
福岡~北九州、福岡空港(国際線)~小倉 × × × × × ×
福岡~津田・苅田・行橋 × × × × × ×
福岡~直方 × × × × × ×
福岡~下関「ふくふく号」 × × × × × ×
福岡空港(国内線)~小倉 × × × × × ×
福岡空港~久留米 × × × × × ×
福岡空港~大牟田・荒尾 × × × × × ×
北九州空港エアポートバス × × × × × ×
福岡~北九州空港「福北リムジンバス」 × × × × × ×
福岡~佐賀「わかくす号」
× × × × × ×
福岡空港~佐賀 × × × × × ×
佐賀空港~福岡 × × × × × ×
福岡・福岡空港~佐世保「させぼ号」 × × × ×
福岡・福岡空港~ハウステンボス × × × ×
福岡~島原「島原号」 × ×
× ×
福岡・福岡空港~熊本「ひのくに号」 × × × ×
福岡・福岡空港~阿蘇「ASOエクスプレス」
× × ×
福岡・福岡空港~別府「とよのくに号」 × × ×
福岡・福岡空港~大分「とよのくに号」 × × × ×
福岡・福岡空港~湯布院「ゆふいん号」 × × ×
福岡・福岡空港~日田「ひた号」 × × × × × ×
北九州~別府・大分「ゆのくに号」 × × ×
福岡~宮崎「フェニックス号」(3列シートエリア) ×
福岡~宮崎「フェニックス号」(4列シートエリア) × × ×
福岡~延岡「ごかせ号」 ×
福岡~鹿児島「桜島号」 × × ×

※1:一部車両はUSBポートを装備
※2:貸し出し制(枚数に限りあり)

夜行便

共通の設備:リクライニング、フットレスト、レッグレスト、トイレ、ブランケット、スリッパ、コンセント


プライベート
カーテン
Wi-Fi 飲み物 プレミアムシート アメニティ 途中休憩
福岡・北九州~新宿「はかた号」
福岡・北九州~名古屋「どんたく号」 × ×
福岡・北九州~倉敷・岡山「ペガサス号」 × ×
福岡~延岡・宮崎(夜行便) × × × × ×
福岡~鹿児島「桜島号」(夜行便) × × × × × ×

※編集部追記
2019年6月14日、西鉄グループが運行する高速バス全線に、2020年までにWi-fiを導入することを発表しました。
西鉄バス 西鉄グループが運行する高速バス全線に Wi-Fi を導入!

※2019年5月現在
※設備は都合により変更されることがあります。
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期等の増発便、車両の整備点検などにより異なる車両タイプの運行となる場合があります。
※他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります。


西鉄バスの乗車記

日本一長い距離を走る豪華高速バス! 西鉄バスの「はかた号」ビジネスシートで東京から博多へ 
みんなの憧れ! 東京~博多豪華夜行バス「はかた号」に乗車! ビジネスシート最後尾の女性専用席はシートが倒しやすーーい
九州山地の車窓を眺めながらゆったり3列独立シートで博多→高千穂・延岡へ! 西鉄バスの「ごかせ号」に乗車 
 

※本記事は、2019/06/11に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    須田浩司

    ライター、「ひろしプロジェクトWEB」の中の人 男性

    1973年釧路市生まれ、札幌市在住。自称高速バスナビゲーター。中学時代から高速バスに乗り続け、2018年2月9日に高速バス乗車1000回を達成。乗車記ブログ「ひろしプロジェクWEB」の中の人。雑誌、ネットニュースなどでライターの活動も。紙原稿、ネット原稿、同人誌、ブログなどでバス・鉄道を中心とした乗り物旅の素晴らしさを伝える活動を行っている。運行管理者資格(旅客)/国内旅行業務取扱主任者資格所有。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 8月 9月
    11,000円 8,800円
    3,900円 3,800円
    3,900円 3,800円
    3,900円 3,800円
    10,500円 7,500円
    7,410円 7,410円
    3,600円 3,600円
    8,800円 7,000円
    9,700円 9,700円
    1,000円 1,000円
    5,500円 5,500円
    5,500円 5,500円
    6,200円 5,680円
    6,000円 5,680円
    410円 1,130円
    1,030円 1,030円
    1,300円 1,300円
    1,500円 1,500円
    1,750円 1,750円
    3,500円 3,000円
    2,900円 2,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング8/12~8/18のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ