発売から10分で売り切れ! プチ贅沢なバスツアーを楽しめる奈良交通の豪華観光バス特別新型車両「朱雀(すざく)」を紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

発売から10分で売り切れ! プチ贅沢なバスツアーを楽しめる奈良交通の豪華観光バス特別新型車両「朱雀(すざく)」を紹介

奈良交通株式会社(以下、奈良交通)は、高級志向の旅行ニーズに応えて、2019年4月1日から新しい貸切バス「朱雀(すざく)」を導入します。奈良交通が提案する朱雀のコンセプトは「プチ贅沢」。乗る人にワンランク上の上質な設備と空間を手の届く価格で提供します。今回はその魅力を徹底紹介します。


「朱雀」は、いつもとは違うちょっと贅沢な旅行を楽しみたいというユーザーに向けて、手頃な価格でプチ贅沢な旅行を楽しんでもらうために誕生したバスです。

その思いはユーザーに届き、第1回のツアー申し込みでは発売からわずか10分足らずで完売。第2回も受け付け開始から1時間ですべてのツアーが売り切れてしまう人気ぶりです。

早くも人気の新型貸切バス特別車両の「朱雀」。ツアーの運行開始に先がけて開催された特別試乗会から、ひと足早く新車両を紹介します。

上質な空間を提供する貸切バス特別車両「朱雀」

朱雀(すざく)の名は、 奈良県明日香村にあるキトラ古墳の壁画にある四神(しじん)の1つ、翼をひろげた鳥として描かれた伝説の朱雀から命名。古都奈良を走る特別車両に相応しいネーミングです。

また、外観デザインはグレードの高い印象で、これから始まる旅の気分を盛り上げてくれます。

朱雀の車両外観
朱雀の車両外観

車内の内装は外観と同様に「朱雀」のカラーイメージを基調に整えられ、ワンランク上の上質さを感じる空間です。

車両外観と統一感のある華やかな内装
車両外観と統一感のある華やかな内装

ちょっとゴージャスにサロンカーのムードが楽しめる後方座席。座席番号の7番シートは回転式で、中央にあるテーブルを挟んで座席同士を向かい合わせにする事ができ、テーブルを囲みながらのバスクルージングを可能にします。

車両後方にはサロン座席を配置
車両後方にはサロン座席を配置


快適に過ごせるシート

シートピッチは新幹線の座席に近い102cm。一般的な観光バスより20cmの広さが確保されているので、移動中の車内を快適に過ごせます。

ゆったり余裕のある座席空間
ゆったり余裕のある座席空間

夫婦やカップル、家族と一緒に乗車する時はアームレストを上へ上げればシートを広く使えます。もし隣が知らない乗客のときは、5cm幅のアームレストで適度な距離感を保つことも可能です。

アームレストは跳ね上げ式
アームレストは跳ね上げ式

シート面も一般的な観光バスよりも5cm広い93cm(2席分)とゆったりめです。

座席は2×2の4列座席
座席は2×2の4列座席

旅の移動中、ちょっとうたた寝したくなった時には、ふとももを支えてくれるレッグレストが心地よい眠りをサポートしてくれます。

夜行高速バスのようなワイドなレッグレスト
夜行高速バスのようなワイドなレッグレスト

朱雀で採用されているヘッドレストは、左右2カ所に設けられたファスナーがスムーズに上下する「ファスナー式」。シートのリクライニングや好みに合わせて最適な位置に調整が可能です。

実際に操作してみると、マジックテープ式のようにバリバリといった音もなく、強い力をかけることなく動かせました。

可動式ヘッドレストで頭をサポート
可動式ヘッドレストで頭をサポート

また、角度の公式発表はありませんが、130度ほどは倒せるかと思われる深いリクライニングシートはまるで夜行高速バスを思わせる心地よさ。さらに各座席にあるテーブルは前の人がリクライニングシートを倒した時でも、常にフラットに保てるようになっているのもうれしいポイントです。

リクライニングをMAXまで倒した状態
リクライニングをMAXまで倒した状態


充実の車内設備やサービス

お手洗いは観光バスでは初めてというLIXILの温水洗浄機能付き便座を搭載。座り心地も良く、自分がバスの車内にいる事を忘れてしまいそうになります。さらに洗面所周りは広い空間を用意。女性が落ち着いて身だしなみを整える余裕を与えてくれます。

女性に優しい広い化粧室
女性に優しい広い化粧室
温水洗浄機能付きのお手洗い
温水洗浄機能付きのお手洗い

せっかくの観光地で、お手洗いを探すために時間を使うのは実にもったいないもの。車内で快適に利用できるお手洗い設備は、ゆったりと観光に時間を費やす事ができる心強い設備です。

各座席にはACコンセント、窓際の座席にはACアダプター不要のUSB専用端子を配置しています。スマートフォンの充電はもちろん、USB充電に対応したデジタルカメラなどの充電も可能です。バッテリー切れの心配からも解放されます。

今の時代には欠かせないコンセントも標準装備
今の時代には欠かせないコンセントも標準装備

USB.

車内にはWi-Fiも完備。スマートフォンやタブレットでSNSの利用はもちろん、パケット通信量を気にせず目の前にある風景や次に向かう史跡についてWeb検索ができます。また、位置情報アプリで今どの辺りにいるのか、土地勘がなくても周辺観光地との位置関係を確認できるなど、通信環境の充実は旅の楽しみをさらに広げてくれます。

車内でのWi-Fi環境もばっちり
車内でのWi-Fi環境もばっちり

観光地に到着したら雨!? なんて時には、無料の傘貸し出しサービスもあります。傘は朱雀をイメージしたオリジナルデザインです。

レンタル傘
レンタル傘

この他にも、ブランケットや充電用のケーブル(AndroidやiPhoneにも対応)の貸し出しサービスもあります。うっかり忘れ物をしたときでも安心です。


当日行われた試乗会は近鉄奈良駅をスタートして、奈良公園内にある奈良春日国際フォーラム甍~I・RA・KA~で撮影と朱雀についての説明会を開催。そこから大宮通りを西へ(大阪方面)平城旧跡歴史公園の駐車場まで約20分のバスクルージングを体験しました。

平城旧跡公園にある復元された遣唐使船との2ショット
平城旧跡公園にある復元された遣唐使船との2ショット

実際に走行してみると、4列シートでありながら窮屈さを感じることがなく快適。また、ハイデッカー車両で高い位置からの展望も楽しめるのも魅力的でした。

短い時間の試乗会でしたが、実際の運行と同様にバスガイドが同乗。奈良平城京の歴史から、これから発展していく奈良の施設について車内で案内をしていただきました。

試乗会でもバスガイドが同乗
試乗会でもバスガイドが同乗

この朱雀のバスガイドは誰でもなれる訳ではなく、経験と実力が伴ったベテランのガイドのみが乗務できるということで、奈良交通自慢のクルーがツアーを支えています。

「朱雀」まとめ

貸切バスのイメージを覆す奈良交通新型車両「朱雀」
貸切バスのイメージを覆す奈良交通新型車両「朱雀」

近年、夜行高速バスのプレミア化で従来のイメージを払拭する快適でラグジュアリーな車両が登場し人気を集めています。そんな流れがいよいよ観光バスにも広がりを見せ始めました。

「朱雀」のように移動中を快適に過ごすことで旅をより満喫できる観光バスは、旅の新しいスタンダードになるかもしれません。

取り扱うツアーは基本的には奈良市内からの出発。関西圏在住の方や関西旅行を検討中の方はぜひ旅の選択肢の1つに加えてみてください。

ツアーに関する問い合わせ

朱雀で行く ビューティフルツアーバスの旅
奈良交通 本社旅行センター
営業時間 9:00~18:00 (年中無休)
TEL:0742-20-3140
※申し込みは本社旅行センター
Webサイト

※本記事は、2019/03/27に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    出雲義和

    ライター 50代 / 男性

    出版関連の仕事を25年間勤務、現在は独立。若い頃から大の旅行好き、徒歩・自転車・バイク・電車・バスなどあらゆる交通機関を使って全47都道府県を制覇。最近は海外トレッキングに出かけたりもする、「アウトドアなおじさん」。数年前より雑誌の文具手帳特集で紹介されるようになり、「文具のおじさん」でもある。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    3,600円 6,400円
    5,400円 6,500円
    1,480円 1,480円
    2,700円 2,700円
    6,300円 6,300円
    6,000円 7,400円
    6,300円 6,300円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/8~7/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ