神姫バスツアーズの3列独立シート「Limon Bus」乗車記【東京~大阪】 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

神姫バスツアーズの3列独立シート「Limon Bus」乗車記【東京~大阪】

神姫バスツアーズの「Limon Bus(リモンバス)」で、東京・池袋~大阪・梅田間を乗車しました。今回乗車したのは夜行便の3列独立シート。スペースに余裕があるシートなので、到着地までぐっすり眠ることができました。

ざっくり、こんなバス

  • リラックスして眠りたい人にはありがたい3列独立シート
  • トイレ付きなので休憩なしでも安心
  • ブランケットや腰ピローなど安眠アイテムが完備


出発は池袋サンシャインターミナルから。バスの乗り間違いに注意!

今回乗車したLimon Busは、始発の乗車地が「東京ディズニーシー」です。自分は2番目の乗車地である「池袋サンシャインバスターミナル」から乗車しました。

池袋サンシャインバスターミナルは、サンシャインシティから数分ほど歩いた場所にあります。バスターミナルに向かうまで、このような看板が数多く立てられているので、迷うことなく到着できました。

サンシャインへの道のりが分かる看板
サンシャインへの道のりが分かる看板

さて、サンシャインのバスターミナルは、種類もさまざま、多くのバスが乗り入れます。
それに加えて似たような行き先のバスも多いです。

うっかり乗り間違えないように注意しましょう!(自分は一瞬間違えかけてしまいました……)

ターミナル内にはこのような電光掲示板があります。

バスの発車時刻や便名などが表示される電光掲示板
バスの発車時刻や便名などが表示される電光掲示板

バスの発車時刻から、簡単な行先、便名までもしっかり表示してくれるので、不安な人はこちらを確認しましょう!

そしてついにLimon Busの到着です。

黄色の車体が印象的なLimon Bus
黄色の車体が印象的なLimon Bus

真っ黄色な車体がとても可愛らしいですね! インパクトのある車体なので、到着したらすぐに発見できました。

車内は3列独立シート。カーテンもあるので安心して眠れる

無事バスに乗り込めたことに安心しつつ、早速車内をチェック。

座席タイプは、人目を気にせず思い切り眠りたい自分にはとてもありがたい3列独立シートです。

シートは3列独立タイプ
シートは3列独立タイプ

また、シートには1席ごとに設置されたカーテンも。隣との距離が遠いことも相まって、ますます眠りやすい車内になっています。

シートに備え付けられているカーテン
シートに備え付けられているカーテン


リラックスして休みたい人にありがたい車内設備

続いて、バス車内の設備をチェックしていきましょう!

まずスマホなどの充電には欠かせないコンセントは、座席の横にあります。

座席横にあるコンセント
座席横にあるコンセント

気になるシートはこのようになっています。

シートの様子
シートの様子

シートには可愛らしいピンク色のミニ枕が。

座席に備え付けられている枕
座席に備え付けられている枕

普段、荷物がかさばるのが嫌でネックピローを持ち歩かないので、そんな自分には助かる設備でした。

次にブランケット。

1人ずつ用意されているブランケット
1人ずつ用意されているブランケット

最近の高速バスでは、ブランケットは定番の備え付けグッズ。ですが、ブランケットが有ると無いとでは、どことなく睡眠の質が変わるんですよね……。気のせいかもしれませんが、自宅で眠っているようなリラックスを感じられます。

もう一つ、あまり見かけないタイプのグッズがありました。この茶色のクッションです!

腰の間に挟む「腰ピロー」
腰の間に挟む「腰ピロー」

こちら「腰ピロー」といって、座席と腰の間に挟む枕なんです。自分は枕が高くないと眠れないタチなので、普通の枕として利用しました!

足元にはフットレスト。金属製らしい、がっちりした仕様のものでした。

座席足元に設置されているフットレスト
座席足元に設置されているフットレスト

また、レッグレストも完備。

レッグレストはレバーで上下
レッグレストはレバーで上下

レバーで上下を調節できるレッグレスト。シートとつながっているので、フルで上げるとベッドのように体を伸ばすことができます!

バス車内にはWi-Fiも完備しています。シートのポケットに入っている「Wi-Fi接続のご案内」に、接続の方法が書いてあります。

Wi-Fi接続の方法が記載された紙
Wi-Fi接続の方法が記載された紙

また、座席の右側にはミニテーブルが収納されています。眠る前にちょっと軽食を口にしたい、という人や書き物がある人には便利なテーブルです。

収納可能なミニテーブル
収納可能なミニテーブル

また、ドリンクホルダーもきちんと用意されています!

フットレスト近くにあるドリンクホルダー
フットレスト近くにあるドリンクホルダー

Limon Busは、細々とした配慮が感じられる車内設備でした。

車内にはトイレも完備

便によっても異なりますが、今回乗車した102便には休憩がありませんでした。

サービスエリアなどで停車する際、せっかくぐっすり寝ていたのに目覚めてしまう…なんて方にはむしろありがたいかもしれないですね。

「えっ、じゃあバス走行中にトイレに行きたくなったらどうするの?」と戸惑う方もいるかもしれません。でもご安心を。バス車内にはこのように、きちんと個室トイレが設置されています!

車内にある階段を下がるとトイレが
車内にある階段を下がるとトイレが

とにかく一度消灯すれば、もうぐっすり眠れるんです! 広々とした座席も相まって、体を伸ばして安眠できました。あっという間に目的地の梅田に到着。

大阪梅田のプラザモータープール
大阪梅田のプラザモータープール

大阪梅田のプラザモータープールに到着したのは7時15分頃のことです。早朝ではあるのですが、始発も動いている時間です。特にどこかで時間を潰すこともなく帰ることができました!

Limon Busのまとめ

Limon Busは腰ピローやミニテーブル、カーテン、Wi-Fi、コンセント付きで、バス旅を快適に過ごしたい人にとって、かゆいところに手が届くような設備の充実っぷり。
また、隣の人が気にならない3列独立シートのおかげで、目的地までぐっすりと眠れました!

今回乗車したバス便
東京→大阪「Limon Bus」3列独立シート
大阪→東京「Limon Bus」3列独立シート

※リンクから、高速バス比較サイト「バス比較なび」に遷移できます

※本記事は、2019/03/25に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    つちだ四郎

    ライター 20代 / 女性

    関西在住。北海道から沖縄まで、ライブがある限りバンドを追いかけています。しっかりとしたライターを目指してこつこつ活動してます。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    1,700円 1,900円
    1,700円 1,900円
    640円 640円
    1,400円 1,400円
    850円 850円
    1,800円 1,440円
    9,800円 5,000円
    12,800円 12,800円
    11,000円 8,900円
    8,900円 8,900円
    2,500円 2,500円
    2,000円 2,000円
    2,000円 1,900円
    9,300円 9,300円
    3,000円 2,800円
    3,720円 3,700円
    4,400円 4,400円
    5,200円 5,280円
    2,800円 2,300円
    1,650円 1,650円
    3,100円 3,100円
    2,800円 2,800円
    2,500円 1,800円
    2,680円 2,680円
    奈良 → 大阪駅(梅田)
    --- 1,800円
    2,340円 2,340円
    2,700円 2,500円
    4,500円 4,050円
    3,700円 2,500円
    7,000円 7,000円
    2,050円 1,950円
    2,000円 2,000円
    3,100円 3,100円
    2,240円 2,240円
    3,200円 3,600円
    5,500円 5,000円
    6,000円 6,000円
    8,700円 8,700円
    6,000円 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング6/17~6/23のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ