想像以上にときめき空間…プラネタリウムが楽しめる夜行バス「K☆スター・ライナー」の新型車両がお披露目 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

想像以上にときめき空間…プラネタリウムが楽しめる夜行バス「K☆スター・ライナー」の新型車両がお披露目

路線バスや高速バス、シャトルバスなどを運行する京成バス。同社では斬新で素敵な夜行バス「K☆スター・ライナー」を運行しています。なんとプラネタリウムが楽しめちゃう、特別仕様のバスです。今回、新たに新型車両が2車両導入されたので、誰もがうっとりしてしまう素敵な空間をチェックしてきました。

ざっくり、こんな高速バス

  • プラネタリウムで特別空間を演出
  • 座席は注目の「新型シート」
  • ぐっすり休める快適な車内設備


大阪神戸線・奈良線で運行中の「K☆スター・ライナー」

平成26年10月に誕生した「K☆スター・ライナー」。千葉・東京と関西間を結ぶ、大阪神戸線と奈良線で運行しています。この度、これまでの天井デザインを一新。さらに車両の設備や機能、安全装置をブラッシュアップし、お披露目となりました。

「K☆スター・ライナー」外観
「K☆スター・ライナー」外観
正面
正面
K☆スターライナー
K☆スターライナー

ちなみに「K☆スター・ライナー」という名称は平成26年に開催された「京成バスお客様感謝フェスティバル」で募集。287名の応募者の中から決定したのだとか。

“夜行バス×プラネタリウム”という斬新な発想で、まったく新しい空間の演出に成功した「K☆スター・ライナー」。「移動中に特別感を味わいたい!」という方にはピッタリです。

プラネタリウムの素敵空間をレポート

プラネタリウムの様子
プラネタリウムの様子

さっそく車内最大の見どころ、プラネタリウムをご紹介しましょう。

手作業で作られた模様
手作業で作られた模様

真っ暗な車内では、天井にブラックライトの星空が広がります。繊細に描かれた夜空のおかげで、本物のプラネタリウムへ足を運んだような感覚!

「K☆スター・ライナー」は、今回新型車両を2両導入し全部で5車両(予備車両を含む)となりました。「北半球の星空」「南半球の星空」「惑星の空」「オーロラの降る星空」など、乗車するバスによって違うデザインが施されているのもポイント。乗車のたびに違う雰囲気を楽しめるのも嬉しいですね。

バスの天井をプラネタリウムにするというアイデアを実現させるためには、たくさんのご苦労があったようです。なんとバスの天井部分をそのまま名古屋へと送り、職人さんに手作業で一つずつ仕上げてもらったのだとか。

「北半球の星空」
「北半球の星空」

ぜひリクライニングシートを利用して堪能してみてください。ちなみに、車内の窓側座席にカーテンがついているのですが、カーテンの隙間からも星空を楽しむことができますよ。

カーテンの隙間からの様子
カーテンの隙間からの様子

しかし! バスユーザーにとって一番の心配事は「プラネタリウムが明るすぎて、眠れないのでは?」ということ、ですよね。でも大丈夫。乗車してから最初のパーキングエリアの休憩時間までがブラックライトの点灯時間。その後の深夜の時間帯は真っ暗な空間でぐっすり休むことができます。

気になる車内設備・座席の乗り心地は?

ここからは気になる車内設備と乗り心地をご紹介していきましょう。座席は3列独立シートで、窓側の席にはカーテンがあるため、個室のようなプライベート空間を作れます。隣の人を気にしながら乗る4列よりも一層リラックスできます。

車内前方からの様子
車内前方からの様子

座席と座席の間は一定の距離があり、通路が通りづらいということがありません。

K☆スター・ライナー 座席

座席のリクライニングは、かなり楽な体勢にできるほど倒れてくれます。レッグレストとフットレスト付きです。しかもフットレストを下げた状態にすると、前席の下に空間ができ、そこに足を入れて伸ばすこともできます。

リクライニングをした状態
リクライニングをした状態
足の形にフィットするレッグレスト
足の形にフィットするレッグレスト
フットレストを倒すと前に空間ができます
フットレストを倒すと前に空間ができます
USBポート&Wi-Fi完備
USBポート&Wi-Fi完備

実際に着席し、リクライニングを倒してみて発見したのは、ヘッドレストの柔らかさ。多くの夜行バスのヘッドレストは、ある程度の硬さがあるため、調節の仕方によっては到着時に「首が痛い!」という経験をした方もいると思います。同バスのヘッドレストは柔らかめのため、首への負担も少なくぐっすり眠ることができます。

もちろん車内にトイレも完備
もちろん車内にトイレも完備

気になるトイレは、清潔感バッチリ!

トイレの様子
トイレの様子

驚いたのは、流水音が流れる設備もあること。

夜行バスではとてもめずらしく、嬉しい設備
夜行バスではとてもめずらしく、嬉しい設備


デートや友達同士の利用に最適!

今回、乗車して感じたのは、「K☆スター・ライナー」なら長時間の移動中でもデートや遊び感覚で楽しめるということ。

彼氏と乗るのもよし、友達と乗るのもよし、リラックスしたいおひとりさまの利用もよし。すべてのバスユーザーの方にトキメキを与えてくれる、そんな素敵な夜行バスでした。


K☆スターライナーの詳細

導入車両数

5両(夜行高速バス専用車両)

仕様

定員:30名(乗務員2名含む)
車種:三菱ふそうトラック・バス エアロクイーン/スーパーハイデッカー
寸法:全長 11,990mm×全高 3,520mm×全幅 2,490mm
設備:3列独立シート、トイレ (便座ヒーター)、コンセント、USB ポート、間仕切りカーテン、プラズマクラスターイオン発生機 (一部車両搭載)、無料Wi-Fi、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報、車間距離警報等の安全装置 他

詳細は京成バスにてご確認ください。

予約

神戸大阪線
千葉・TDR・東京⇒大阪・神戸のバス便
神戸・大阪⇒東京・TDR・千葉のバス便


奈良線
津田沼・TDR・上野⇒奈良のバス便
奈良⇒上野・TDR・津田沼のバス便


※本記事は、2019/03/07に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    トキエス

    旅好き映画ライター 女性

    兵庫県出身、映画ライター。サスペンス・スリラー・クライム系の洋画を専門としています。趣味はお絵かきとライブ参戦と一人旅。ツイッターで映画を中心に、旅に使える英語など役立つ情報を配信中。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 7月 8月
    720円 720円
    1,230円 1,230円
    1,700円 3,800円
    1,800円 3,800円
    1,700円 3,800円
    2,000円 2,800円
    2,300円 2,900円
    5,200円 5,200円
    4,000円 4,800円
    7,760円 7,760円
    2,500円 3,500円
    2,300円 2,900円
    2,450円 2,450円
    1,200円 1,200円
    1,540円 1,540円
    2,000円 2,500円
    2,300円 3,000円
    3,000円 4,500円
    4,200円 4,900円
    3,000円 4,500円
    2,900円 4,500円
    3,500円 4,000円
    3,300円 4,300円
    5,800円 5,300円
    6,800円 7,200円
    5,100円 6,000円
    5,840円 4,950円
    5,840円 4,950円
    5,840円 4,950円
    5,840円 4,950円
    その他の路線を見る

    週間ランキング7/15~7/21のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ