大阪・神戸~高松を走る高速バス「フットバス」のシートを徹底比較! ハイグレード・ゆったり(のびのび)・通常、その違いは? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

大阪・神戸~高松を走る高速バス「フットバス」のシートを徹底比較! ハイグレード・ゆったり(のびのび)・通常、その違いは?

大阪・神戸~高松を走る高松エクスプレスの便利な高速バス「フットバス」には、よく見たら3種類のシートが。ハイグレード・ゆったり(のびのび)・通常はどう違う? どれが快適? おすすめは? 今回はハイグレードシートとゆったりシートを乗り比べて徹底比較。車内設備についても解説します!


ざっくり、こんなおすすめポイント

  • 「ハイグレードシート」「ゆったり(のびのび)シート」の一番違うところって?
  • 3つのシート、共通となる設備は何?
  • どれがおすすめか、ぶっちゃけてご紹介!


フットバスってこんなバス

フットバスは大阪・兵庫(神戸)~香川(高松)を結ぶバス。毎日運行しており、全て昼便です。電車では行きにくい大阪~香川を約4時間、兵庫(神戸)~香川を約3時間で移動できる、使い勝手の良い路線です。

バス横の大きな足のイラストが目立つ「フットバス」
バス側面の大きな足のイラストが目立つ「フットバス」

フットバスは使い勝手の良さだけでなく、その親しみやすさやサービスも魅力。往復割引や回数券などのお得な料金割引や、フェリーとの共通利用券など種類の多いセット券もあり、自分流にアレンジした使い方もできるのです。

行先表示には「うどん県」!
行先表示には「うどん県」!
チケットは降車時に運転手さんに渡す
チケットは降車時に運転手さんに渡す

今回はそんな「フットバス」の人気シート「ハイグレードシート」と「ゆったり(のびのび)シート」を乗り比べ! 座り心地から足元の広さまで徹底比較していきますよ。


「ハイグレードシート」「ゆったりシート」2種類のシートを乗り比べ!

フットバスの基本設備

フットバスの車両は全部で3種類。「ハイグレードシート」「ゆったり(のびのび)シート」「通常シート」です。どの車両も、シート以外の設備は共通。

毛布、おしぼり、飴はセルフサービス
毛布、おしぼり、飴はセルフサービス
全席コンセント(USBプラグ)装備
全席コンセント(USBプラグ)装備
無料Wi-Fiは停車時も有効
無料Wi-Fiは停車時も有効
座席後方にはトイレあり
座席後方にはトイレあり


ハイグレードシートはこんなシート

「ハイグレードシート」は2016年4月に導入された、フットバスで最も新しいシート(2019年2月現在)。高級インテリアのように上質なデザインと座り心地の良さが魅力です。

フットバス「ハイグレードシート」
フットバス「ハイグレードシート」

1車両に座席は38席(大阪線のみ40席のものもあり)。10~11列(トイレ付き)編成です。シートはヘッドレストつきで上質ながら、機能はシンプルでフットレストや収納式テーブルはなし。

リクライニングを倒した状態
リクライニングを倒した状態
足元広め。床は木目調で落ち着いた印象
足元広め。床は木目調で落ち着いた印象
座席背面の設備はシンプル
座席背面の設備はシンプル
座席は前後にズラして配置
通路を挟んだ座席とは一直線にならないよう配置されています


ゆったり(のびのび)シートはこんなシート

「ゆったり(のびのび)シート」は主に神戸~高松間を走る車両、大阪~高松間では一日一往復のみ走っています。シート背もたれは「ハイグレードシート」より幾らか低く、そのぶん頭の左右を軽くホールドしてくれる形となっています。

フットバス「ゆったり(のびのび)シート」
フットバス「ゆったり(のびのび)シート」

1車両に座席は34席。9列(トイレ付き)編成です。足元がゆったりと広いのが特徴で、フットレストと収納式テーブルあり。シートは柔らかく、リクライニングもハイグレードシートよりやや深めです。

ただし車両設備の関係上、1AB・2AB・3AB座席のみ通常のシートピッチとなりますので注意。

リクライニングは深め
リクライニングは深め
椅子が小さく見えるくらい、足元広々!
椅子が小さく見えるくらい、足元広々!
座席後ろには収納式テーブルあり
座席後ろには収納式テーブルあり
座席は前後にズラして配置
通路を挟んだ座席とは一直線にならないよう配置されています

ちなみにですが、「通常シート」だと、40席の11列(トイレ付き)編成。一般的な4列シートのシートピッチとリクライニングです。


ハイグレードシートとゆったりシート、特に違うところは…

「ハイグレードシート」と「ゆったり(のびのび)シート」を比較したところ、大きく違う箇所は2つ! 座席の座り心地と、足元スペースの広さです。その2つをそれぞれ比較してみると…?

【シート比較】シートで選ぶなら、おすすめはハイグレードシート!
ハイグレードシートは座席の手触りが良く、デザインもスタイリッシュ。また座面は柔らかいながら座席自体はほど良く硬めで、バスの振動が身体にほとんど響かないので、安心してくつろぐことができますよ。

ゆったり(のびのび)シートはふんわりと柔らかな座席。身体を包むような安心感がありますが、ハイグレードシートと比べると少しバスの振動が響く印象です。

ハイグレードシートは手触りもいい!
ハイグレードシートは手触りもいい!
ゆったり(のびのび)シートは座席が柔らかめ
ゆったり(のびのび)シートは座席が柔らかめ

【足元比較】足元で選ぶならおすすめはゆったりシート!
ハイグレードシートは全10列(トイレのある列は9列)。足元は荷物も充分置けるほどゆったりと作られていますが、フットレストはありません。

ゆったり(のびのび)シートは全9列(トイレのある列は8列)。足元はハイグレードシートより更に広々として、しかもフットレストつき。男性でもゆったりと足を伸ばせます。

ハイグレードシートの足元
ハイグレードシートの足元
ゆったり(のびのび)シートはフットレストつき
ゆったり(のびのび)シートはフットレストつき


フットバスで快適な旅を

フットバスは使いやすい上に快適な路線。大阪・神戸~高松間の日帰り旅行だって無理なく行けちゃいますよ。しかも割引を上手く使えば、運賃は大阪~香川でも1,000円台からととってもお手頃!

どのシートも料金は同じで、大阪~香川間を中心にほとんどの便はハイグレードシートですが、一部の便は「ゆったり(のびのび)シート」「通常シート」です。(下記リンクから「バス比較なび」で、高速バス検索できます)

※2019年3月現在

神戸→香川
・ゆったりシート(神戸三宮BT 7:50、9:50、14:30、19:25発)

大阪→香川
・のびのびシート(南海なんば 20:05発)
・通常シート  (南海なんば 18:00、18:30、21:05発)


香川→神戸
・ゆったりシート(国分寺BT 5:30、6:30、14:15、18:55発)

香川→大阪
・のびのびシート(国分寺BT 14:00発)
・通常シート  (国分寺BT 11:00、12:00、15:00発)

ぜひ自分に合った快適なシートで、バス旅を楽しんでくださいね。


※本記事は、2019/03/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    陽月よつか

    フリーライター、星空準案内人 30代 / 女性

    東京出身・沖縄経由・奈良在住のフリーライター。体力がなく計画を立てるのも苦手なので、ラクにのんびりの気まま旅が大好き。女性一人旅を主な目線に、知っておくと便利な方法やお得な情報、おすすめ旅スポットなどをご紹介します。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 4月 5月
    東京 → 香川
    --- 5,700円
    神奈川 → 香川
    --- 5,900円
    1,750円 1,500円
    4,950円 4,110円
    1,750円 1,500円
    愛知 → 香川
    --- 3,600円
    千葉 → 香川
    --- 5,700円
    三重 → 香川
    --- 4,100円
    1,720円 1,720円
    1,500円 1,500円
    4,000円 4,000円
    2,720円 2,720円
    6,700円 5,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/15~4/21のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ