降車専用の高速バス停「霞が関」を使うメリットがあるのは? 銀座(有楽町・数寄屋橋)バス停と共にご紹介 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

降車専用の高速バス停「霞が関」を使うメリットがあるのは? 銀座(有楽町・数寄屋橋)バス停と共にご紹介

日本の行政庁舎が建ち並ぶ「霞が関」。ここには降車専用の高速バス停が設置されています。「霞が関」に停車する高速バスは基本的に次に「東京駅 日本橋口」に停まりますが、どんな人は「霞が関」で降車したほうがメリットがあるでしょうか? 高速バス停の中では場所が近い「銀座」バス停と共に紹介します。


「霞が関」高速バス停で降車できる高速バス便は?


「霞が関」高速バス停で降車できる高速バス便は、近くは静岡県、遠くは山口県を出発地とする東京以西からの便。

銀座・霞が関行き 高速バス・夜行バス 路線「バス比較なび」


霞が関バス停。車道の進行方向に沿って進むと日比谷公園。歩ける距離ですが新橋駅行きの路線バスはここから乗車可能
霞が関バス停。車道の進行方向に沿って進むと日比谷公園。歩ける距離ですが新橋駅行きの路線バスはここから乗車可能
車道の進行方向と反対に進むと国会議事堂方面
車道の進行方向と反対に進むと国会議事堂方面

バス停表示にもあるように、JRバス関東・JR東海バス・西日本JRバスなど、JR系の高速バスが数多く停車しますが、静岡県発の富士急系バスや、防長交通の「萩エクスプレス」も停車します。

防長交通「萩エクスプレス」
防長交通「萩エクスプレス」


「霞が関」高速バス停で降車するメリットが大きいのは?


1)日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)に行く

古くは1960年代から数々の伝説のライブが行われてきた日比谷公園大音楽堂(日比谷野音)。

撮影当時は補修工事中のため、入口には重機が
撮影当時は補修工事中のため、入口には重機が

2018年11月1日~2019年3月31日の間は公演不可となる補修工事を経て、2019年4月以降も「The Birthday」「9mm Parabellum Bullet」「NAONのYAON 2019」などの公演が予定されています。

日比谷公園大音楽堂(野音)催し物案内


「霞が関」の高速バス停から野音のある日比谷公園入口までは、ほんの数分。横断歩道を1つ渡ったらすぐに着きます。

日比谷公園 入口
日比谷公園 入口

ただし、日比谷野音にはロッカーが無く、クロークサービスが用意される保証も無いため、会場外のロッカーに預ける必要があります。

自分の足元に置いたり、スタンディングで楽しめるライブであれば、席に置いておくことも可能ですが、その場合でもなるべく軽装で臨んだほうが良さそうです。


また、「霞が関」高速バス停付近でコンビニを検索すると数多く表示されますが、オフィスビル内にあるコンビニの場合、日曜休業であったり、深夜早朝はビル自体に入れず営業していないこともあるため、注意が必要です。

トイレは日比谷公園内に複数あり、新しく作られた綺麗なトイレもあります。しかしあくまでも野外と繋がった公園のトイレですので、突然の虫との出会いに驚かれませぬよう、ご注意ください。

新しさの感じる日比谷公園内トイレ
新しさの感じる日比谷公園内トイレ


2)東京メトロ「日比谷線」「千代田線」に乗り換える

「霞が関」の高速バス停は、東京メトロ千代田線・霞ヶ関駅の真上に位置しています。

A10出入口は取材時リニューアル工事中。最寄りはC1
A10出入口は取材時リニューアル工事中。最寄りはC1

東京メトロ霞ヶ関駅は、丸ノ内線・日比谷線と共に「匚」のかたちで存在しており、「霞が関」の高速バス停で降りると、すぐにそれらの地下鉄に乗り換えることができます。

エレベーターは車道を挟んでバス停とは反対側に。丸ノ内線・日比谷線にエレベーターで乗り換えたい場合はA1方面へ
エレベーターは車道を挟んでバス停とは反対側に。丸ノ内線・日比谷線にエレベーターで乗り換えたい場合はA1方面へ
A9出入口。日比谷線・千代田線共に乗り換えがスムーズ
A9出入口。日比谷線・千代田線共に乗り換えがスムーズ

ただし丸ノ内線には、大手町駅・東京駅に「東京駅 日本橋口」の高速バス停から乗り換えることもできます。丸ノ内線のホームは、霞が関の高速バス停から少々離れた位置にあるため、池袋駅方面に乗車される場合は、「東京駅 日本橋口」での降車で良さそうです。


3)東京メトロ「銀座線」「有楽町線」、都営地下鉄「三田線」、JRの駅も徒歩圏内


「霞が関」高速バス停から徒歩10分圏内には、東京メトロ「銀座線」虎ノ門駅、「有楽町線」桜田門駅、都営地下鉄「三田線」内幸町駅など、「東京駅 日本橋口」で降車するよりも簡単に乗り換えられる地下鉄駅が存在しています。

都営地下鉄・三田線「内幸町駅」A7出入口
都営地下鉄・三田線「内幸町駅」A7出入口

高速バスを下りた後、それらの地下鉄で移動したほうが便利な方は、ぜひ「霞が関」の高速バス停で降車しましょう。

「霞が関」の高速バス停から1kmほど離れた場所には、サラリーマンの聖地とも言われる新橋駅の繁華街があり、居酒屋・コンビニ・ファストフード店・ファミレスなどが揃っていますので、近くに見当たらない施設があれば、新橋駅方面を目指すと良いでしょう。

ニュースのインタビューが頻繁に行われる新橋駅西口SL広場
ニュースのインタビューが頻繁に行われる新橋駅西口SL広場


降車地で「霞が関」が選択できない?!


「では、霞が関で降りてみよう!」と思ってくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、いざ高速バス予約をしようとしてみると、高速バス停「霞が関」が選択できないケースがあります。

筆者が確認した範囲では、JR系のバス便や、しずてつジャストラインのバス便など「高速バスネット」で予約する場合、時刻表などで確認して「霞が関」が降車地として設定されている場合でも、「霞が関」が選択できないケースがあります。

近畿以西が出発地の場合は「霞が関」が到着地選択できるのだが…
近畿以西が出発地の場合は「霞が関」が到着地選択できるのだが…

中部地方が出発地の場合は「霞が関」が到着地表示されない…
中部地方が出発地の場合は「霞が関」が到着地表示されない…

その場合でも、基本的に「霞が関」と「東京駅 日本橋口」の降車地変更で料金が変わることはありませんので、降車地を「東京駅 日本橋口」で予約して、実際には「霞が関」で降車しても何の問題もありません!


高速バス停「銀座駅(有楽町・数寄屋橋)」


銀座と言えば「銀座三越」のある銀座四丁目の交差点を思い浮かべますが、高速バス停「銀座駅(有楽町・数寄屋橋)」は、ほぼ有楽町駅前という場所にあります。


ここから乗車できるのは、羽田空港・成田空港行きのバスや、千葉方面に向かう深夜急行バス。

「THEアクセス成田」と千葉方面に向かう深夜急行バスの乗車はこちらから
「THEアクセス成田」と千葉方面に向かう深夜急行バスの乗車はこちらから

道を挟んだ反対側には成田空港行き「東京シャトル」と羽田空港行きリムジンバスの停留所
道を挟んだ反対側には成田空港行き「東京シャトル」と羽田空港行きリムジンバスの停留所

周辺の高速バスターミナルでは発着数の多い「JR東京駅 八重洲南口 鍛冶橋駐車場」からの乗り換えだと、羽田空港・成田空港に向かう際には「銀座駅(有楽町・数寄屋橋)」発の高速バス停を使ったほうが便利な場合があります。

また、バス停の真下は東京メトロ丸ノ内線「銀座駅」。

そのほか東京メトロ日比谷線「銀座駅」、JR「有楽町駅」も近いので、高速バス乗車前後の移動に合わせて使用することでメリットのある方もいらっしゃることでしょう。


※本記事は、2019/03/10に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 6月 7月
    930円 930円
    1,900円 1,900円
    3,500円 3,500円
    3,500円 3,500円
    3,500円 3,500円
    2,900円 2,400円
    1,000円 1,000円
    1,300円 1,300円
    3,190円 3,190円
    5,800円 6,000円
    8,400円 9,000円
    8,400円 9,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング6/3~6/9のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ