マスク、歯ブラシ、ウエットティッシュなどアメニティが充実!乗り心地ゆったりの丸一観光「グリーンライナー」東京~富山乗車記 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

マスク、歯ブラシ、ウエットティッシュなどアメニティが充実!乗り心地ゆったりの丸一観光「グリーンライナー」東京~富山乗車記

丸一観光の高速バス「グリーンライナー」のゆったり4列シートで、東京駅の鍛冶橋駐車場から富山駅へ移動。グリーンライナーは、4列シートと3列独立シートのコンビバスです。今回は約8時間のバス旅。車内設備や4列シートの座り心地、休憩などについてレポートします。


座り心地ふかふか! 「ゆったり4列シート」

グリーンライナーは「ジェイ・バス史上最高級」をうたう最新安全装置搭載の新型車両で、除菌イオン発生装置付空調システム完備のため、車内の空気もきれいに維持されているそうです。

前がゆったり4列シート、後ろが3列独立シートのコンビバスなのですが、この日は3列シートが人気で後ろはほとんどいっぱい。

いっぽう4列シートは乗客が2人でした。隣に人がいないと、4列シートの快適度は格段にあがります。……それを差し引いても、名前の通りのゆったりした配列(シート間隔約95㎝)と、ふかふかな座席のつくりのため、想像以上に車中は快適でした! 

枕は位置を自由に動かせます
枕は位置を自由に動かせます
リクライニングもゆったり。最大128°倒せる!
リクライニングもゆったり。最大128°倒せる!
レッグレストとフットレストも付いています
レッグレストとフットレストも付いています
もちろん全席コンセント付き
もちろん全席コンセント付き
ブランケットも
ブランケットも
トイレは後ろにあります
トイレは後ろにあります
トイレ内
トイレ内

ほかにも、入口に使い捨てスリッパ、マスク、歯ブラシ、ウエットティッシュといったアメニティが置いてあって、必要な人はここから自由に持っていき使うことのできる仕組み。手の消毒液もありました。
また車内はWi-Fiも利用できます。

ここのウエットティッシュは厚手でミントの香り付き。セレブ感あります!
ここのウエットティッシュは厚手でミントの香り付き。セレブ感あります!

23:00に鍛冶橋駐車場を出発。休憩は3回

グリーンライナーの乗り場は、東京駅八重洲南口から徒歩8分ほどの場所にある「鍛冶橋駐車場」。ここはいつもにぎわっていますが、とくに土曜日の出発だったからか、す、すごい人……。それでも遅れず、時間ちょうどの23:00に出発しました。

混みっぷりがすごいぞー
混みっぷりがすごいぞー
たくさんのバスが出発するため、自分の乗るバスがやってくると、嬉しくなります
たくさんのバスが出発するため、自分の乗るバスがやってくると、嬉しくなります
ナンバープレートがオリンピックのもの!
ナンバープレートがオリンピックのもの!

出発すると、すぐに音声案内と運転士さんからの到着時刻や休憩回数・場所などのアナウンスが。終わって5、6分後には、消灯となりました。

休憩はおおよそ2時間に1度。富山駅までの間に3回、それぞれ15分ほどです。休憩時にアナウンスはありませんが、車内が明るくなって、出発時刻がフロントガラスに表示されました。

出発時刻がフロントガラスに表示

1回目は、関越自動車道「三芳パーキングエリア」。

こじんまりとしたパーキングエリアです
こじんまりとしたパーキングエリアです

2回目は、上信越自動車道「松代パーキングエリア」。

バスを降りたら、そこは雪国でした……
バスを降りたら、そこは雪国でした……

3回目は、北陸自動車道「有磯海サービスエリア」でした。

有磯海サービスエリア
有磯海サービスエリア
富山生まれの「ケロリン」グッズがずらっと並んでいます
富山生まれの「ケロリン」グッズがずらっと並んでいます

雪が降っていたためか、富山駅北口への到着は、定刻10分遅れの6時10分です。外はまだまだ暗いため、どちらかというと遅れてくれて、うれしいような……。雪降る中、まだ先へと向かうバスを見送りました。

グリーンライナー到着!
到着!
バスはこの後、高岡、氷見、和倉温泉などを経由、七尾まで向かいます
バスはこの後、高岡、氷見、和倉温泉などを経由、七尾まで向かいます

快適な4列シートでリーズナブルに移動できるのが魅力!

2015年に北陸新幹線が開業してから、東京から富山へはぐんと行きやすくなりましたが、とはいえ12,210円(自由席の場合)と高価です。その点、高速バスは乗っていれば着くし、ぐっと優しいお値段で魅力的。
高速バスにもいろいろありますが、このグリーンライナーのゆったり4列シートは、通常の4列シートよりグレードと快適性が高いので「安さが大事。とはいえ、辛いのもイヤ……」というどっちも重視な方に向いていそうです。

曜日や月によって5,100円~7,700円(2019年2月~3月時点)ほどと料金に変動があるため、財布と相談して乗りたいところです。

ちなみに3列独立シートは、ゆったり4列シートに1,500円をプラスしたお値段。カーテンの仕切り付きで、さらにゆったりした間隔(133cm)なので、こちらもおすすめです!

※本記事は、2019/02/27に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    2,800円 2,150円
    3,000円 2,980円
    3,200円 3,200円
    3,200円 3,200円
    2,700円 2,700円
    7,700円 7,700円
    7,710円 7,710円
    7,900円 7,900円
    2,800円 3,150円
    3,000円 2,980円
    6,000円 6,000円
    4,190円 4,190円
    720円 720円
    420円 420円
    1,380円 1,380円
    4,990円 5,500円
    9,000円 5,000円
    9,000円 5,000円
    6,000円 6,000円
    6,000円 6,000円
    6,000円 6,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング12/2~12/8のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ