12/30放送「バス旅スト」定期観光バスの「さつま特産ぐるめぐり号」で行く、いちき串木野市の旅 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

12/30放送「バス旅スト」定期観光バスの「さつま特産ぐるめぐり号」で行く、いちき串木野市の旅

バス旅の魅力を“音”で感じる番組「バス旅スト」。12月30日(日)の放送は先週に引き続き、鹿児島の旅の後半です。今回はJR九州バスの定期観光バス「さつま特産ぐるめぐり号」で、いちき串木野市を巡る旅。薩摩藩英国留学生記念館や濱田酒造の金山蔵を訪れます。

バス旅の魅力を“音”で感じる番組「バス旅スト」。“バス旅スト”とは、普段住み慣れた街から遠く離れたあの場所へ、バスに揺られて自由気ままな旅をする人のことです。

12月30日のオンエアでは、JR九州バスの定期観光バスで行く、鹿児島の旅の後半をお届けします。


近代日本の礎を築いた人たちに思いをはせる薩摩藩英国留学生記念館

今回の旅も前回に引き続き定期観光バスに乗車します。今回乗車するのは、“さつま特産ぐるめぐり号”。鹿児島市内を離れ、ちょっとだけディープな鹿児島を訪ねる旅です。

朝9時に鹿児島中央駅を出発したバスは南九州西回り自動車道を走って、いちき串木野市に向かいます。

#6603薩摩英国留学生記念館 海から.jpg

最初に訪れたのは、薩摩藩英国留学生記念館。東シナ海に面した小さな海辺の街にたたずむこの洋館は、幕末にこの場所から英国に渡った薩摩藩の留学生たちを記念して建てられました。

鎖国の時代に、いわば密航という形をとって英国に渡った留学生たち。苦労して渡ったからこそたくさんのものが得られ、実際に彼らの中から後世に名を残す人物が大勢輩出しています。

#6604薩摩英国留学生記念館内部1.jpg

たとえば、近代大阪経済の父と言われる五代友厚、初代文部大臣であり一橋大学の創設にも携わった教育家・森有礼、カリフォルニアワインの発展に大きく寄与した実業家・長澤鼎、札幌の地で日本人による初めてのビール作りを手がけた村橋久成など、錚々たるメンバーが名を連ねています。

記念館を後にして、同じいちき串木野市にある濱田酒造の金山蔵へ。もともとは国内第4位の金の産出量を誇った串木野鉱山の坑道でしたが、現在はこちらの施設で焼酎や日本酒を醸造しています。

#6611金山蔵 焼酎仕込み蔵.jpg

金を掘っていた坑道の奥にある、焼酎の仕込み蔵と熟成蔵を見学するためにはトロッコ列車に乗車します。この蔵では、坑道内で作られる芋焼酎、麦焼酎のほか、鹿児島県ではおよそ40年間作られてこなかった日本酒の醸造も始めました。

#6608金山蔵 トロッコ.jpg


遠洋マグロ漁で栄えた街、いちき串木野市で昼食

昼食は、金山蔵からほど近い、海鮮マグロ家でいただきましょう。いちき串木野市は昔から遠洋マグロ漁で栄えた街です。現在も遠洋マグロ延縄漁船の在籍数は日本一。ふるさと納税の返礼品でもマグロがあるほどです。

#6618午後の日差しとバス.jpg

昼食のあとは、近くにあるさつま揚げの工場、高浜蒲鉾へ。鹿児島では「つけあげ」と呼ばれています。このつけあげも鹿児島の言葉ではなく、元を正せば沖縄でチキアギーといわれる魚のすり身揚げが鹿児島に伝わり、「チキアギー」「ツキアギー」で、「つけあげ」になったと言われています。

そして、このツアーの最後の目的地は沈壽官窯。沈壽官とは、陶磁器の薩摩焼の名工のこと。秀吉の朝鮮出兵、つまり慶長の役のときに、島津義弘により陶工として朝鮮から連れてこられた沈氏の末裔で、今日に至るまで鹿児島の地で代々焼き物を続けてきた名家です。

#6615高浜蒲鉾.jpg


「バス旅スト presented by ウェルネット」番組概要

放送時間:毎週日曜日 12:00-12:25
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
出演者: 日本大学芸術学部放送学科教授・森中慎也、奥沢菜穂子ほか
TOKYO FM バス旅スト


※本記事は、2018/12/29に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 4月 5月
    2,900円 2,900円
    2,900円 2,900円
    6,690円 6,690円
    3,700円 3,700円
    1,300円 1,300円
    その他の路線を見る

    週間ランキング4/8~4/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ