豪華バス◯◯もランクイン! 「2018年に乗車した夜行高速バス」ベスト3を発表【出雲義和編】 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

豪華バス◯◯もランクイン! 「2018年に乗車した夜行高速バス」ベスト3を発表【出雲義和編】

バスとりっぷライター・出雲義和が、2018年に乗車した高速バスの中からベスト3を選びました。印象に残っているバスは、アクセスが便利なバスから豪華バスまでさまざま。バス旅をしたいけど、旅先が決まらない人は要チェックです。

2018年も40便以上の高速バス・夜行バス・イベントバスに乗車しました。どのバス会社の車両も利用者に快適な旅を提供するために設備やサービスが充実していて、心地よいバス旅を楽しめました。

そんな2018年に乗車したバスの中から、ベスト3を挙げさせていただきます。


第3位:阪急バス「大阪・京都~富山」

1つめに挙げたいのは、夜行高速バスの利用が絶対に便利な区間を走る、阪急バスの大阪・京都~富山。北陸新幹線の開業に伴い、大阪~富山間を走るJR特急の直通列車がなくなり、金沢駅での乗り換えが必要になったことは乗車記の中でも紹介しました。

JR特急より絶対便利でお得な阪急バス「大阪・京都~富山」
JR特急より絶対便利でお得な阪急バス「大阪・京都~富山」

乗り換えなし! 早朝から富山観光を楽しめるなど利便性が高い「大阪・京都~富山」には、ヒーター付きフットレストが装備されている点が大きな特長です。雪をかぶる立山連峰をイメージする富山県は都市部と比較しても平均気温が低く、また夜行高速バスの車内は暖房が入っていても、人によっては足元が寒いと感じる場合があります。

フットレストのヒーターは手元のスイッチでON/OFFの切り替えが可能。

寒い夜でも足元ポカポカのフットレスト
寒い夜でも足元ポカポカのフットレスト

この設備に加え、電源環境も充実しています。USB専用充電端子+ACコンセントのデュアル電源を装備。ACアダプターが不要です! ケーブルだけでスマートフォンなどの電子端末へ充電ができるのは、これから夜行高速バスの標準装備になって欲しい設備。

ACアダプタ不要の次世代型USB専用充電端子
ACアダプタ不要の次世代型USB専用充電端子

富山では「世界一美しいスターバックス」に認定されたスターバックスコーヒー 環水公園店や、新しいスタイル「アート&デザイン」の美術館として注目を集めている富山県美術館など、話題のスポットが続々と増えています。

続々登場! 富山の話題スポット
続々登場! 富山の話題スポット

富山県美術館

これから富山旅行を楽しみたい方に絶対オススメな夜行高速バスです。


第2位:JRバス「"新"ドリームルリエ」

ワンランク上のドリームルリエ
ワンランク上のドリームルリエ

2017年にドリーム号初の個室型シートを採用した夜行高速バス「ドリームルリエ号」がデビューしました。2018年春には早くもグレードアップした新ルリエが登場。プレシャスクラス(個室タイプ)は4席から6席に増席され、3列独立のアドバンスクラスは14席から10席に減りました。つまり1車両の席数が減り、シートピッチがさらに広くなったのです。

このアップグレードは、ユーザーからの声を踏まえ、見える部分から目には見えない部分まで改良し、外観からではわからないアップグレードがいたるところに施されています。

新ルリエ号の運行に伴い、2017年にデビューしたドリームルリエは約1カ月かけて全面改修されて、座席数こそ変更はないものの荷物棚の増設からパーティションの素材変更まで新ルリエに準じたアップデートが成されました。

詳細は下記のドリームルリエ新旧比較記事を参照してください。


今年はプライベートでも東京~大阪間の移動にドリームルリエ号をよく利用しました。そんな私からバスとりっぷの読者だけに、オススメしたい座席をこっそりお教えします。

ドリームルリエのオススメ座席とは!?
ドリームルリエのオススメ座席とは!?

ズバリ! 新ドリームルリエ(101号・102号)アドバンスクラスの「4A」もしくはドリームルリエ(1号・2号)の「3A」。この座席はプレシャスクラスのすぐ後ろで、前方座席のシートが倒れてくることがなく、ゆったりした座席空間を得られます。

アドバンスクラス最前列
アドバンスクラス最前列

さらに足元(シートピッチ)も広いため荷物も置くことができ、とてもお得感があるのがこの座席です。ドリームルリエに乗車する機会があればぜひ一度お試しあれ!

足の長〜い人でも余裕のシートピッチ
足の長〜い人でも余裕のシートピッチ


第1位:中国バス「ドリームスリーパー」

豪華夜行バスといえば、このバスを外す事はできません。夜行高速バスのイメージを覆す! といっても言い過ぎではない、完全個室型シートを実現した、走るビジネスホテル「ドリームスリーパー」です。

最高のグレートをほこる夜行高速バス「ドリームスリーパー」
最高のグレートをほこる夜行高速バス「ドリームスリーパー」

2017年は東京~大阪間を走る便に乗車させていただき、今年は広島~東京便に乗車。さらに長い乗車時間をドリームスリーパーで過ごしました。翌朝、東京に到着する頃「目的地に着いて欲しくない」と思えるほど快適な個室空間を誇るドリームスリーパーは、夜行高速バスの頂点と呼べる車両です。

パソコン操作も可能な広いテーブル
パソコン操作も可能な広いテーブル

乗車記の中で紹介しきれなかった裏話をひとつ。ドリームスリーパーのテーブルは高速バスの中でも、もっとも広いテーブルを採用しています。

お弁当と飲み物を広げられるのはもちろん、ノートパソコンを開いても余裕で作業ができるほどのスペースがあります。じつはこの時の乗車記は、個室内のテーブルで執筆していました。

完全個室型で夜行高速バスのスイートルームとも言えるこのバスは、運賃もやはりトップクラス。メディアでは「新幹線より高い夜行高速バス」と報道されるドリームスリーパーですが、新幹線を利用して東京へ行き、都内のビジネスホテルに宿泊するのと比べれば、決して高い運賃ではありません。

●広島~東京間 片道おとな通常運賃 17,000円〜21,000円

快適な個室型夜行バス体験
快適な個室型夜行バス体験

ドリームスリーパーは、広島~東京間と大阪~東京間で毎日運行されています。ビジネス、観光、帰省などで、完全個室の空間をぜひとも体験して欲しいと思える夜行高速バスです。

まとめ

2018年は夜行高速バスだけでなく、レストランバスやイベントバスなどの取材にもうかがいました。
人気の豪華バスから惜しまれながら引退していくバス、また移動手段としてではなく、食事と観光を同時に楽しめるレストランバスなど、バスとりっぷならではの視点で紹介させていただきました。

2019年も読者の方に喜んでもらえる、そして夜行高速バスに乗ったことがないけれどなんだか楽しそう! 乗って見たい! そう思える記事をお届けできるよう頑張ります。


※本記事は、2018/12/24に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    出雲義和

    ライター 50代 / 男性

    出版関連の仕事を25年間勤務、現在は独立。若い頃から大の旅行好き、徒歩・自転車・バイク・電車・バスなどあらゆる交通機関を使って全47都道府県を制覇。最近は海外トレッキングに出かけたりもする、「アウトドアなおじさん」。数年前より雑誌の文具手帳特集で紹介されるようになり、「文具のおじさん」でもある。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 1月 2月
    1,600円 2,000円
    1,600円 2,000円
    1,700円 1,700円
    1,820円 2,000円
    1,900円 2,000円
    1,700円 2,760円
    5,500円 6,000円
    8,300円 9,100円
    1,600円 2,000円
    3,600円 3,800円
    1,600円 2,000円
    1,700円 2,000円
    1,890円 2,000円
    1,900円 2,000円
    1,700円 2,760円
    5,500円 6,000円
    8,300円 9,100円
    3,600円 4,000円
    その他の路線を見る

    週間ランキング1/7~1/13のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ