立山黒部アルペンルートを走る関電トロリーバスが運行終了。来シーズンより日野KVディーゼルバスをベースとした電動バスへ | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

立山黒部アルペンルートを走る関電トロリーバスが運行終了。来シーズンより日野KVディーゼルバスをベースとした電動バスへ

長野県と富山県にまたがる世界有数の山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」には、トロリーバスを運行する区間が2つある。その1つである関電トロリーバスが2018年11月30日をもって運行を終了。シーズン開始の来年4月からは電気バスによる運行となる。

黒部のトロリーバスがEVへ

黒部ダムなどを介して長野県と富山県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」にはトロリーバス運行区間が2つあるが、1964年の同ルートの開設とともに運行開始した関西電力の関電トロリーバス(扇沢―黒部ダム間)は今シーズン最終日である2018年11月30日をもって運行を終了。来年4月のシーズン開始から電気バスに置き換わる予定である。

トロリーバスの車両更新時期を迎え、電気バスの技術進化を踏まえ、施設を含めて維持コストの低い電気バスに代替するもの。これにより日本のトロリーバスは、同じ立山黒部アルペンルートにある立山トンネルトロリーバスだけになる。

黒部EV.jpg

電気バスは7月に1号車がお披露目された。日野KVディーゼルバスをベースに電動化されたもので、国内の電気バスでは初めて、急速充電用のパンタグラフを備える点が大きな特徴である。

電気バスの詳細ならびに関電トロリーバスの現況は「バスラマインターナショナル No.169」をご覧いただきたいが、電気バスの活躍を期待する一方、半世紀以上にわたって走り続けたトロリーバスの引退は実に寂しいものがある。

そのほか、バスラマ No.169では、台湾最新バス事情や、徳島県西部で路線バスを運行する四国交通への訪問レポートなどを掲載している。

ぽると出版「バスラマ No.169」

【発行日】2018年8月27日
【定価】1,471円(本体1,362円+税)
【サイズ】A4判 96ページ
【書籍コード】978-4-89980-169-6
【概要】
・バス事業者訪問204(四国交通)
・特集 台湾最新バス事情
・遂に本命登場! AMT搭載 日野新型セレガに乗る
・ヒュンダイユニバースにトルコンAT そのねらいと実力は
・ZFのテクノロジーデイ2018
・関電トンネルのトロリーバスが電気バスへ
・30周年を迎えたJRバスグループにニューフェイス続々登場
・歌って踊れるディスコバス アップスター&広田タクシーが運行中
・粒よりの最新レポート、連載ほか

ぽると出版HP


※本記事は、2018/11/21に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスラマインターナショナル

    バス専門誌 

    バスラマインターナショナル(通称バスラマ)は、1990年に創刊した、隔月刊のバス専門情報誌です。毎号、日本国内にとどまらず、世界の様々なバス関連情報を、バスに関わるすべての方々にお届けしています。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 2月 3月
    2,500円 2,500円
    4,200円 4,500円
    大阪 → 安曇野・大町
    --- 3,900円
    京都 → 安曇野・大町
    --- 3,500円
    2,800円 2,800円
    3,700円 3,700円
    500円 500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング2/11~2/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ