【全7種類】オリオンバスの高速バス車両を徹底比較! シートリクライニング・設備・特徴は? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

お役立ち

【全7種類】オリオンバスの高速バス車両を徹底比較! シートリクライニング・設備・特徴は?

のびのびシート? リラックス? スタンダード? オリオンバスが運行する高速バスは、全7種類あります。普段なんとなく最安値のバスを選んでいるあなた! それぞれのシートの特徴を理解して、自分にピッタリのバスを選択してみませんか? 座席や車内設備を徹底比較しました!

オリオンバスで運行している7種類のバスのシート・車内設備を比較しました。
あなたは何を重視してバス便を選びますか? やはり運賃? シートの快適さ? それとも車内設備?

ぜひ乗車するバス選びの参考にしてみてください。

オリオンバス外観.jpg


オリオンバスの高速バス 3つの特徴

1)4列シートが多い

オリオンバスのバスタイプは7種類ありますが、その中で3列独立シートは1つだけ。それ以外はすべて4列シートです。1つの車両に座席を多く確保しているので、その分リーズナブルに乗車できます。

また以下で紹介していますが、オリオンバスは4列シートであっても、シートピッチやシート幅を広くとっている車両が多いので「4列シート=狭い・疲れる」というわけではありません

それぞれのシートを比較してみて、好みの車両を見つけてみてくださいね。

2)トイレがない

オリオンバスの車両には、どの車両にもトイレがありません。 その代わり、2~3時間ごとにトイレ休憩が設けられています。

3)リクライニングがMAXまで倒せて快適

オリオンバスで評判のサービスと言えば、乗客が乗る前にリクライニングをMAXまで倒していること! そのため後ろの人を気にして倒す勇気がない、という方も安心して利用できます。


オリオンバスで扱う7種類のバス

オリオンバスでは、以下7種類のバスを運行しています。

シート名 シートタイプ Wi-Fi コンセント リクライニング
角度
プライベートトリプル 3列独立シート × 130度
リラックスプラス 4列シート × ※便・日程による 130度
リラックス 4列シート × × 130度
コンフォート 4列シート
※一部路線
105度
のびのびシート 4列シート × ※便・日程による 130度
のびのびプラス 4列シート × USBポート 128度
スタンダード 4列シート × ※便・日程による 105~120度

各シートの詳細では、シート幅やシートピッチも紹介しています。
それぞれのバスを比較してみましょう。

※シートピッチ…座席の前後間隔


1)「プライベートトリプル」とにかくぐっすり眠りたい方におすすめ!

プライベートトリプル.jpg

プライベートトリプルは、オリオンバスの中で唯一の3列独立シート・セパレートカーテン付きです。「リラックスプラス」シートと組み合わせた車両の前方または後方の一部が、プライベートトリプルになっています。

より気兼ねなく足を伸ばしたい方はプライベートトリプルがおすすめ。またシート幅はオリオンバスの中で最も広いので、大柄な方にも良いですね。

コンセントやカーテン、安眠枕も付いている、至れり尽くせりなシートです! ただし「プライベートトリプルセンターシート」と呼ばれる真ん中の席は、カーテンの開閉ができません。

車内装備

  • セパレートカーテン
  • ブランケット
  • スリッパ
  • コンセント
  • レッグレスト
  • 足置きスタンド
  • 安眠枕
  • テーブル

シート情報

リクライニング角度:130度
シートピッチ:97cm
シート幅:49cm


2)「リラックスプラス」運賃&車内設備にこだわる方におすすめ!

リラックスプラス.jpg

リラックスプラスは、「プライベートトリプル」と組み合わせたコンビネーションバスの4列シート部分です。シート幅、シートピッチともに通常の4列シートよりも広めに取られているので、ゆったりと座れるでしょう。プライベートトリプルと料金を比較すると、乗車日にもよりますが3,000円~1,500円ほど安くなります。(通常料金・東京~大阪間)

コンセントがあるかどうかは車両によって異なるので、予約ページでコンセントのアイコンが付いているか確認すると確実! 以下のように表示されます。

リラックスプラス.jpg

車内装備

  • ブランケット
  • スリッパ
  • レッグレスト
  • 足置きスタンド
  • 安眠枕

シート情報

リクライニング角度:130度
シートピッチ:93cm
シート幅:47cm


3)「リラックス」大柄な方におすすめ!

リラックス.jpg

リラックスはシート幅が48cmというワイドサイズなので、まさにリラックスできるシート。シートピッチ、リクライニング角度にも十分ゆとりがあります。車内設備はブランケットのみですが、広めの座席に座れればOK! という方には、申し分ないシートです。

現在リラックスは定期便ではないので、臨時便として運行しています。


車内装備

  • ブランケット

シート情報

リクライニング角度:130度
シートピッチ:94cm
シート幅:48cm


4)「コンフォート」設備充実で一番バランスの取れたバス!

コンフォート.jpg

コンフォートは、全席コンセント付きの4列シートです。車内でスマホの充電をしたい方は、このバスを選びましょう。また一部の便では、Wi-Fiサービスもあります。

座席は他のバスと比べても広く取られていて、シートピッチは7種類のシートの中でも最も広い98cm。 足置きスタンドやスリッパ、ブランケットもあり、夜行バスにあったら便利な車内設備はほぼ整っています。7種類の中で、一番バランスの取れたバスではないでしょうか。


車内装備

  • ブランケット
  • スリッパ
  • コンセント
  • 足置きスタンド

シート情報

リクライニング角度:105度
シートピッチ:98cm
シート幅:46cm



5)「のびのびシート」運賃&快適さ重視の方におすすめ!

のびのびシート.jpg

のびのびシートは、リーズナブルだけど足元ゆったりなシートが良い、という欲張りな方におすすめ。便や乗車日によってはWi-Fiが付いていることがあります。予約ページから確認してみてくださいね。

車内設備は基本的にブランケットとスリッパが付いていますが、東京~福岡便にはスリッパがありません。必要な方は持参していきましょう。


車内装備

  • ブランケット
  • スリッパ

シート情報

リクライニング角度:130度
シートピッチ:94cm
シート幅:42~45cm


6)「のびのびプラス」スマホの充電をしたい方におすすめ!

のびのびプラス.jpg
のびのびプラスのシートピッチ.jpg

のびのびプラスは、のびのびシートをさらにパワーアップさせたシートです。のびのびシートの車両が10列のところ、のびのびプラスは9列にしているので、その分シートピッチは2cmほど広くなっています。

また座席にはUSBジャックも付いています。うっかりアダプターを忘れてしまった…。というときでも安心。日本最長距離を走る東京~博多間の路線も、こちらの4列のびのびプラスの車両で運行しています。

車内装備

  • ブランケット
  • USBジャック

シート情報

リクライニング角度:128度
シートピッチ:96cm
シート幅:46.5cm

7)「スタンダード」運賃重視の方におすすめ!

スタンダード.jpg

スタンダードは横4列、縦12列の一般的なサイズの4列シートです。とにかく安く移動したい! という最安値重視の方におすすめ。車内設備はのびのびシートと同様、ブランケットとスリッパですが、こちらも便や乗車日によってはコンセントが付いています。(関東~福岡、関西~福岡の便はスリッパなし)


車内装備

  • ブランケット
  • スリッパ

シート情報

リクライニング角度:105~120度
シートピッチ:70~90cm
シート幅:42cm


まとめ

オリオンバスの高速バス7種類(※2018年10月現在)の紹介でした。
同じ4列シートでも、シートの広さや車内設備が微妙に違うことがわかりますね。機会があればバス旅をしながら、バスの乗り比べをしてみるのも面白そうです!

オリオンバスのバス便「バス比較なび」


※本記事は、2018/10/29に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ
    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 情報は、Twitter、facebook、LINE公式アカウントでも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧
    このライターの最新記事
    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    5,400円 2,200円
    5,400円 2,200円
    4,000円 2,000円
    3,800円 2,200円
    東京 → 新潟
    --- 2,600円
    東京 → 石川
    --- 2,700円
    東京 → 広島
    --- 4,500円
    東京 → 福岡
    --- 9,100円
    5,200円 2,200円
    6,350円 3,800円
    5,200円 2,200円
    4,160円 2,000円
    4,700円 2,300円
    4,200円 2,600円
    石川 → 東京
    --- 2,700円
    広島 → 東京
    --- 4,500円
    福岡 → 東京
    --- 9,100円
    7,800円 3,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/18~5/24のアクセス数ランキング

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ