運転士は専用の◯◯が必要! 2019年4月からは日本唯一の運行区間となる「立山トンネルトロリーバス」とは | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

運転士は専用の◯◯が必要! 2019年4月からは日本唯一の運行区間となる「立山トンネルトロリーバス」とは

昭和初期から日本で親しまれてきたトロリーバス。現在は立山黒部アルペンルートの関電トンネルと立山トンネルのそれぞれで走っていますが、関電トンネルのトロリーバスが廃止になることで立山トンネルのトロリーバスが日本唯一となります。

バスなのに電車のような架線がある「トロリーバス」とはなんなのでしょうか?
その歴史と、2019年4月からは日本唯一の運行区間となる立山トンネルトロリーバスを紹介します。

そもそもトロリーバスって何? しくみと歴史

トロリーバスとは、架線から電気をとって、それを動力として走るバスのこと。電気自動車のように充電する必要はありません。

通常のバスのような車体で、タイヤがゴム製なので、路面電車の鉄製の車輪よりもグリップ力があり、急勾配も走れます。レールを使わないので初期費用も抑えられます。電気で動くため排気ガスが出ず、動作音も静かです。

1882(明治15)年にドイツで初めて走ったトロリーバス。当時は「エレクトロモト」と呼ばれ、開放式の馬車をそのまま使っている
1882(明治15)年にドイツで初めて走ったトロリーバス。当時は「エレクトロモト」と呼ばれ、開放式の馬車をそのまま使っている

19世紀にドイツで生まれたトロリーバスが、日本に入ってきたのは1928(昭和3)年。普及が進んだのは、戦後の石油不足の時代。動力に石油を使用せず、路面電車より安く建設できることから、東京・神奈川・大阪など都市部を中心に発達していきます。

その後、高度経済成長を経て自動車が増加し、架線の下しか走れないトロリーバスは渋滞の原因になってしまいました。さらに、地下鉄やバスの製造技術が発達したことにより、だんだんと姿を消していきます。そして1972(昭和47)年に横浜市のトロリーバスが廃止され、街中で姿を見かけることはなくなりました。

32年ぶりのトロリーバス新規路線!

現在も現役で走っている「立山トンネルトロリーバス」。立山連峰に掘られたトンネルを通る区間で活躍しています。

もともとはディーゼルバスで20年ほど運行されていました。しかし観光客が増え、便数を増やしたところ、トンネル内に排気ガスが溜まってしまったのです。換気装置をつけても大して効果はなく、すでに開通していた「関電トンネルトロリーバス」にならう形で、1996(平成8)年にトロリーバスになりました。

現在運行中の、立山トンネルトロリーバス。上部には架線が見える
現在運行中の、立山トンネルトロリーバス。上部には架線が見える

このバスしか走らないトンネルの中なら、架線の下しか走れない唯一不利な点も、何ら問題ありません。山奥の駅からガソリンを入れるために下山する必要もないし、音も静かで、排気ガスもほとんど出ません。また、山を突っ切るトンネル内は勾配がきつく、電車の運行は難しいという点も解決できます。

バスや鉄道だと困ったことが数多く出てくるこの環境が、トロリーバスの運行には最適だったのです。

トロリーバスは、バスなの? 電車なの?

日本の法律だとトロリーバスは、モノレールやケーブルカーと同じく、特殊鉄道とされているので、バスと呼ばれていても分類としては鉄道に属することになります。というのも、トロリーバスはバスと言っても架線が必要。架線から電気を引いて走るとなると、線路がある場合は電車になりますから、トロリーバスはしばしば「無軌条電車」とも呼ばれます。無軌条とは、レールがないということ。つまりトロリーバス=レールがない電車、という括りになるのです。

室堂駅の様子。電車のホームのようにも見えるが、線路はなく道路
室堂駅の様子。電車のホームのようにも見えるが、線路はなく道路

確かに、立山トンネルトロリーバスの発着場は「駅」と呼ばれます。線路はもちろんありませんが、乗降場は地面から一段高く、プラットフォームのようになっています。運転士は通常バスの運転に必要な大型二種免許とともに、トロリーバス専用の免許を取らなければいけません。一般道を走ることがないので、車体にナンバープレートが付いていないのも特徴です。

2019年からは、日本唯一のトロリーバスへ

現在日本国内で走っているトロリーバスは、この立山トンネルトロリーバスと、関電トンネルトロリーバスの2路線のみ。

関電トンネルトロリーバスは2019年4月から、充電式電気バスへと生まれ変わります。それ以降は、立山トンネルトロリーバスが日本唯一のトロリーバスとなります。

トロリーバス2路線を一度に楽しめるのは2018年度が最後。北アルプスの大自然とともに、他では乗れないバスも楽しんでみては?

文/風来堂

※本記事は、2018/09/25に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    2,300円 2,960円
    2,300円 3,400円
    3,100円 3,100円
    3,100円 3,100円
    2,700円 2,700円
    7,710円 8,400円
    7,710円 ---
    5,500円 5,500円
    2,500円 2,980円
    2,300円 3,400円
    1,650円 1,650円
    620円 620円
    1,030円 1,030円
    1,200円 2,700円
    4,900円 4,900円
    その他の路線を見る

    週間ランキング12/3~12/9のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ