尾瀬国立公園を運行するシャトルバスが2019年5月より電気バスに切り替え | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

ニュース

尾瀬国立公園を運行するシャトルバスが2019年5月より電気バスに切り替え

みちのりホールディングスは、2019年5月より尾瀬国立公園内の尾瀬御池〜尾瀬沼山峠間を運行する会津バスのシャトルバスをBYD製の電気バスに切り替えることを決定した。同社製の中型電気バス車両の導入は国内初。

BYD製の中型ノンステップ電気バス3台導入

みちのりホールディングスは、会津バスを通じて、福島県、栃木県、群馬県、新潟県の4県にまたがる尾瀬国立公園内のシャトルバス3台すべてを、電気バスに切り替えることを決定した。
ディーゼル車両を電気バスに切り替えることで、走行中のCO2および排出ガスを大幅に低減する。

同事業は国土交通省「平成30年度地域交通グリーン化事業」に認定され、低公害車普及促進対策費補助金が交付される。
なお、車両はBYD製で、同社の中型電気バス車両の導入は国内初。また一般営業路線への電気バスの導入は福島県内初となる。

会津バスニュース 写真は欧州向け。仕様・デザインなどは導入車両と異なる
写真は欧州向け車両。仕様・デザインなどは導入車両と異なる

導入される電気バスの概要
 導入車両:BYD製 中型ノンステップ電気バス
 航続距離:180km(フル充電時)
 バッテリー容量:217kwh


尾瀬御池〜尾瀬沼山峠での導入は2019年5月を予定

今回導入される路線は、会津バスのシャトルバスが旅客運送を担ってきた尾瀬国立公園内の尾瀬御池〜尾瀬沼山峠間。福島方面からのアクセスルートの終端部分にあたる。
福島方面からの一般車は、環境保護のため尾瀬御池の駐車場で止め、尾瀬御池〜尾瀬沼山峠間は電気バスのシャトルバスで移動する。
運行は、1日8往復×3台の計24往復。走行距離は、1台あたり1日約160km。

会津バスニュース

なお、本路線は5月中旬〜10月下旬のシーズン中のみ運行するため、尾瀬での電気バスの導入は2019年5月の予定。それ以外の11月上旬〜5月上旬の期間は、会津若松市内の中心路線である松長西若松線(会津若松駅〜松長団地〜西若松)で運行する。松長西若松線での運行は2019年1月からを予定。

【会津バス「尾瀬国立公園内の電気バス」】の詳細

導入日

尾瀬国立公園内:2019年5月中旬〜
会津若松市内:2019年1月〜

対象路線

尾瀬国立公園内「尾瀬御池〜尾瀬沼山峠」
松長西若松線「会津若松駅〜松長団地〜西若松」

お問い合わせ

会津バス
0242-22-5560

みちのりホールディングス
03-6250-1075

ニュースソース

みちのりホールディングス 電気バスを導入し、尾瀬の自然を守ります


※本記事は、2018/08/01に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    その他の路線を見る

    週間ランキング12/10~12/16のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ