東京〜大阪で1日2往復便の運行を開始! リニューアルして再デビューしたJRバス・ドリームルリエ旧車両との変更点は? | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

東京〜大阪で1日2往復便の運行を開始! リニューアルして再デビューしたJRバス・ドリームルリエ旧車両との変更点は?

2018年4月27日に新車両が導入されたドリームルリエ。それまで1年にわたって東京〜大阪間を運行してきた旧車両は改修が施され、2018年7月より運行を再開しました。リニューアルしてさらに快適性が向上した旧車両。改修の前と後では、いったい何が変わったのでしょう?

ざっくり、こんな車両比較

  • 進化するドリームルリエ。何種類の車両がある?
  • ドリームルリエ旧車両はリニューアルして何が変わった?
  • ドリームルリエのトリビアをご紹介!


ドリームルリエは、2018年4月に新車両が運行を開始したことに伴い、2017年型ルリエをリニューアルしました。リニューアルが完了した2017年型は、2018年7月に再デビューしています。

そこで、西日本JRバスでドリームルリエの改修車両について話を伺いました。2017年型から新しく改修されたルリエの違いを徹底チェック!

2017年春にデビューしたドリームルリエ号
2017年春にデビューしたドリームルリエ号


そもそもドリームルリエって何種類あるの?

現在運行中のドリームルリエについてちょっとおさらいしてみましょう。

ドリームルリエは2017年春に、「ドリーム号」史上最もグレードの高い夜行高速バスとしてデビュー。西日本JRバスとJRバス関東との共同運行便です。

1台の車両に「プレシャスクラス」と「アドバンスクラス」の2つのクラスが設けられ、ドリーム号では初めての個室型シートをプレシャスクラスに導入しています。

その2017年型(初期型)の車両をグレードアップさせた新車両が、2018年4月27日から東京〜大阪間で登場しました。そして2018年7月には初期型が改修され、1日2便へと増便になったのです。

これまでにドリームルリエでは、3種類の車両を運行しています。

A)2017年 初期型ドリームルリエ(Cに改修)
B)2018年4月 ドリームルリエ新車両(ルリエ新車両)
C)2018年7月 ドリームルリエ改修車両(ルリエ改)

現在はBとCの2つの車両が存在します。


Bのドリームルリエ新車両の詳細は、下記の記事を参考にしてください。

2018年に登場したルリエ新車両
2018年に登場したルリエ新車両

ドリームルリエの運行開始からわずか1年で登場したルリエ新車両は、車内に設置されているタブレット(iPadmini4)のアンケートページに寄せられたユーザーからの要望にいち早く対応した車両です。

それに伴い、ルリエ初期型を約1ヶ月かけて新車両に準じる仕様に改修した車両が、2018年7月から再デビューしたのです。

以下、本記事ではBをルリエ新車両、Cをルリエ改と呼称します。


再デビューした「ルリエ改」はどこが変わった?

1)目に見える改修点

 
■荷物棚を設置
ルリエ初期型では、大きな荷物をトランクルームへ、貴重品を収納ボックス兼用のフットレストに納めていましたが、デイパックなどのトランクルームへ預けるほどではない荷物を納めるスペースはありませんでした。

そこで、ルリエ改ではプレシャスクラスとアドバンスクラスの両方に新しく荷物棚が設置されました。

プレシャスクラスの荷物棚
プレシャスクラスの荷物棚

プレシャスクラスに設置された荷物棚は、従来の夜行バスとは形体が異なります。ネットで荷物を覆いフックで固定する仕様になっているので走行中でも荷物がズレ落ちる事がなく、安心して載せることができます。

荷物を包むようにフックで固定します
荷物を包むようにフックで固定します

私が取材で使用しているカメラ用のリュックも余裕で収納できるキャパシティがあります。荷物が少ない旅行者なら、トランクルームに預ける事なくすべての荷物を車内へ持ち込めそうです。

リュックタイプの荷物でも余裕の収納力
リュックタイプの荷物でも余裕の収納力

アドバンスクラスにも、プレシャスクラスと同様のネットで荷物を覆うタイプの荷物棚が採用されています。
従来型の夜行高速バスでは窓側席の上にしかなかった荷物棚が、中央座席の上にも設置され、座席毎に自分の荷物スペースが確保されています。

アドバンスクラスにも荷物棚が設置された
アドバンスクラスにも荷物棚が設置された
新しく各座席の上に設置された荷物棚
新しく各座席の上に設置された荷物棚

プレシャスクラスではA席B席ともに同じ収納スペースですが、アドバンスクラスでは座席によって荷物棚の形体が異なります。通気ダクトが走っているA席では車両の構造上、同じ形状にはできなかったようですが、どの荷物棚でも小型のカバンやカメラバックなどは問題なく収納できました。

A席の荷物棚はちょっと小さめ
A席の荷物棚はちょっと小さめ
奥行きがあるため意外に収納力がある
奥行きがあるため意外に収納力がある


■プライベートカーテンを新設
ルリエ初期型では、アドバンスクラスのA席B席の間に座席を仕切るパーテーションがあります。これは、ドリーム号シリーズで初めて導入されたものです。

パーテーションで仕切られた席間
パーテーションで仕切られた席間

座席に座っている状態では、隣の人がほぼ見えない仕様でしたが、新たに設けられたプライベートカーテンによって、さらに個室感が得られるようになりました。

さらに個室感がアップ! 新しく設置されたプライベートカーテン
さらに個室感がアップ! 新しく設置されたプライベートカーテン


2)ちょっと気づかない改修点

 
■降車ボタンなど座席まわりの配置にひと工夫
ルリエ初期型では、アドバンスクラスのパーテーションに読書灯やタブレットが設けられ、座席の膝元に降車ボタンやドリンクホルダーが配置されていました。

ルリエ初期型はこのような配置になっていた
ルリエ初期型はこのような配置になっていた

しかし、このような配置では、うっかり膝元の降車ボタンを押してしまうといったトラブルが起こりかねません。ルリエ改では操作系がパーテーションにまとめられ、膝元がスッキリしました。

パーテーションに操作系がまとめられました
パーテーションに操作系がまとめられました

 
■パーテーションはもはや別物!?
操作系の配置をまとめたこと以外にも、ルリエ改のパーテーションには大きな進化がありました。

見ただけではわからないパーテーションの大きな進化
見ただけではわからないパーテーションの大きな進化

初期型のパーテーションは木製だったため、長距離を走る夜行高速バスのハードな環境では車両の振動から軋み音が生じていました。これを改善するためルリエ改では、パーテーションの材質を金属製に交換し、支柱との接合部分も見直されました。
厚みも4cmから2cmへ。薄くなったことで座席の空間が広くなりました。


どっちがいいの? ルリエ新車両とルリエ改

座席数

東京~大阪間を1日2便で定期運行するようになったドリームルリエ。ルリエ新車両とルリエ改の大きな違いは座席数です。


ルリエ新車両とルリエ改の座席数

プレシャスクラス アドバンスクラス 合計
ルリエ新車両 6席 10席 16席  
ルリエ改 4席 14席 18席  


プレシャスクラスではあまり差がありませんが、アドバンスクラスではシートピッチが異なり、新車両の方が若干広くなります。この座席数を除けば、ほぼ同じクオリティに改修されているので、どちらの車両に乗車してもドリーム号史上最高の乗車体験を味わえます。


運行ダイヤ・発着地

また運行ダイヤでは、ルリエ新車両とルリエ改で発車時間や経由するバスターミナルが異なります。
夜遅くに出発したい人には23時台に発車するルリエ改(東京発1号/大阪発は2号)、早く目的に到着したい人や京都駅を利用したい人にはルリエ新車両(東京発101号/大阪発102号)が便利です。


東京発便の時刻表

便名 東京駅日本橋口 バスタ新宿 京都駅烏丸口 大阪駅JR高速バスターミナル
ドリームルリエ 101号 21:30 22:10 5:29 6:41
ドリームルリエ 1号 23:10 23:50 7:50

大阪発便の時刻表

便名 大阪駅JR高速バスターミナル 京都駅烏丸口 バスタ新宿 東京駅日本橋口
ドリームルリエ 102号 21:40 22:50 6:12 6:37
ドリームルリエ 2号 23:00 6:59 7:24



ドリームルリエのトリビアを紹介します!

設備がぐっとよくなったドリームルリエ号ですが、外観からルリエ新車両とルリエ改を見分ける方法があります。ナンバープレート? それもありですが、覚えるのも面倒なので瞬時に見分ける方法をこっそり紹介。

参考までにルリエ新車両は、東京オリンピック協賛ナンバープレートで「20-20」です。


■フロントにプリントされている星マークの数
フロントにプリントされている星の数が違うため、そこを注意してみればどちらの車両かすぐにわかります。
4月に導入されたルリエ新車両の星は6つ、7月にリニューアルが完了した旧車両のルリエ改には、5つの星がプリントされています。

ルリエ新車両には星が6つ ☆☆☆☆☆☆
ルリエ新車両には星が6つ ☆☆☆☆☆☆
ルリエ改には星が5つ ☆☆☆☆☆
ルリエ改には星が5つ ☆☆☆☆☆

■行き先を表示する電光板
ルリエ新車両に設けられた行き先を表示するLED電光板はカラー対応のもの。この電光板を採用するのは、JRバスで初めての試みなのだとか。今後、他の車両への導入も予定されているようですよ!

一方、ルリエ改の電光板は単色のものです。もし、深夜のサービスエリアでドリームルリエ号を見かけたらぜひチェックしてみてください。

これであなたもルリエ通ですね!

▼ドリームルリエ初期型の記事はこちら
豪華バス「ドリームルリエ」2つのクラスを乗り比べ! アドバンスクラスで大阪⇔東京間を快適バス移動
豪華バス「ドリームルリエ」のプレシャスクラスはほぼ個室! 広々シートは寝返りもうてる!?

※本記事は、2018/08/20に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    出雲義和

    ライター 50代 / 男性

    出版関連の仕事を25年間勤務、現在は独立。若い頃から大の旅行好き、徒歩・自転車・バイク・電車・バスなどあらゆる交通機関を使って全47都道府県を制覇。最近は海外トレッキングに出かけたりもする、「アウトドアなおじさん」。数年前より雑誌の文具手帳特集で紹介されるようになり、「文具のおじさん」でもある。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    1,900円 1,900円
    2,220円 2,500円
    2,400円 2,500円
    2,300円 2,600円
    1,750円 1,800円
    2,000円 2,500円
    3,500円 4,000円
    3,000円 3,500円
    3,000円 4,400円
    3,000円 3,500円
    2,200円 2,400円
    1,400円 1,400円
    2,300円 2,300円
    720円 720円
    1,180円 1,180円
    1,050円 1,050円
    1,500円 1,500円
    1,500円 1,500円
    1,700円 2,590円
    2,100円 2,980円
    3,800円 3,000円
    2,100円 2,980円
    3,000円 2,890円
    3,000円 2,400円
    5,400円 5,400円
    5,900円 3,400円
    3,500円 3,000円
    4,000円 4,500円
    5,800円 5,500円
    8,000円 6,000円
    8,000円 6,000円
    8,400円 8,400円
    6,700円 5,700円
    6,000円 5,200円
    6,700円 5,800円
    6,500円 5,900円
    9,800円 9,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/5~11/11のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ