「キングオブ深夜バス」の名付け親・水曜どうでしょう新作撮影へ! でも聖地「平岸高台公園」はもうお目にかかれない?! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

「キングオブ深夜バス」の名付け親・水曜どうでしょう新作撮影へ! でも聖地「平岸高台公園」はもうお目にかかれない?!

夜行バスと関わりの深い「水曜どうでしょう」。新作撮影の旅に出発することが発表されましたが、その聖地「平岸高台公園」をTVで見かける機会が激減する危機が訪れています。水曜どうでしょうを制作する北海道テレビ放送(HTB)の現社屋と平岸高台公園を共に訪れるなら、今年の夏がラストチャンスです。


「水曜どうでしょう」と夜行バスの歴史

高速バス・夜行バスにスポットが当たった番組と言えば、「水曜どうでしょう」を真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

「高速バス・路線バス」でイメージする芸能人は?(バスとりっぷ調べ)
出典:https://www.bushikaku.net/article/32585/「高速バス・路線バス」でイメージする芸能人は?(バスとりっぷ調べ)

「水曜どうでしょう」における1企画であった「サイコロの旅」。

6つのサイコロの目それぞれの移動手段と行き先をディレクターが前もって割り当て、出演者である大泉洋または鈴井貴之(ミスター)が、明治サイコロキャラメルのサイコロを振り、出た目によって次の行き先を決定。最終的にゴールの札幌を目指すという企画でした。

その移動手段の選択肢としてたびたび登場したのが夜行バス。

番組内で何度も乗車することになり、恐れ崇めて名付けられた「キングオブ深夜バス」の名は、現在も新宿~博多間を約14時間かけて結ぶ夜行バス「はかた号」(現在は豪華バス化している)の代名詞となっているほか、オレンジライナー、レッツ号(既に廃止)、はりまや号(既に廃止)キャメル号…など、この番組を契機に様々な高速バス便名があることを知った方も、多いのではないでしょうか。


「水曜どうでしょう」の聖地がTVから消える?!

平岸高台公園の"あの構図"
平岸高台公園の"あの構図"

「水曜どうでしょう」の企画は基本的にVTR放送ですが、その前後に今週の見どころ・来週の見どころを紹介する「前枠・後枠」が挿入されています。

その主なロケ地と言えば「平岸高台公園」。

水曜どうでしょうの聖地と言えるその場所が、今後TVでお目にかかりにくくなるのではないかと危惧されています。

「水曜どうでしょう」は、北海道テレビ放送(HTB)の制作。

そして平岸高台公園の画像の奥に見える建物や電波塔は、HTB社屋。

つまり前枠・後枠は、テレビ局の近場で、移動距離的に気軽に撮影することができていたのです。



そのため同じくHTB制作で約15年続く人気番組「おにぎりあたためますか」など、HTB制作の番組では平岸高台公園を見かける機会がありました。

しかしHTBは、現社屋での業務は2018年9月14日(金)午後5時で終了。

開局50周年を機に、大通公園近くのビルに本社を移転します。

HTB北海道テレビ プレスリリース「開局50周年を機に本社を移転 新社屋での業務開始は9月18日」


▼平岸高台公園から新社屋までの移動距離


道民の距離間隔からすれば近場の範疇かもしれませんが、現社屋のその後の用途が発表されていない現状では、今後も「聖地」がTVでお目にかかれるかは不透明な状況です。



現社屋での玄関ロビー見学及びグッズ販売も、2018年9月14日(金)午後5時に終了予定。

観光名所化もしていたHTBの現社屋と共に平岸高台公園を訪れるなら、今年の夏がラストチャンスです。

HTB - HTBにお越しになるみなさまへ


7月29日に開催された「CUE DREAM JAM-BOREE 2018(CDJ2018)」の最終公演にて、間もなく"新たな旅"に出発することが発表された「水曜どうでしょう」。その前枠・後枠はどこで撮影されたものになるのでしょうか?

※"新たな旅"では、出発前に大泉洋に「国際免許取得」が求められているそうですが、大泉洋に"行き先"は告げられていないそうです。


(8月2日追記)
8月1日、旅に出ました。
旅に出ます!!(大泉洋) - CUE DIARY | CREATIVE OFFICE CUE Official website


(8月10日追記)
8月9日には、無事に帰国されているようです。
あ、(大泉洋) - CUE DIARY | CREATIVE OFFICE CUE Official website

※本記事は、2018/07/29に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    600円 600円
    2,730円 2,730円
    3,450円 3,450円
    860円 860円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/8~10/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ