那須高原は車なくてもおすすめ! 定番観光スポットも穴場も巡れる周遊シャトルバス「きゅーびー号」1日フリーパスで乗り放題 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

スポット

那須高原は車なくてもおすすめ! 定番観光スポットも穴場も巡れる周遊シャトルバス「きゅーびー号」1日フリーパスで乗り放題

那須高原の主な観光地を周遊するシャトルバス「きゅーびー号」をご存知ですか? 観光の定番スポットから穴場まで様々なところを巡るうえに、1日フリーパス券を購入すれば1,000円で乗り放題になります。本記事では、きゅーびー号の概要とともに、周遊ルートにあるおすすめのスポットも紹介していきます。

あちこちに観光スポットが点在し、車がないとちょっと不便な那須高原。

高速バス派に(電車派にも)おすすめなのが、「きゅーびー号」の「1日フリーパス券」! きゅーびー号は、車で来ていない人たちにも那須を楽しんでもらおうと、自治体が運行している周遊シャトルバスです。

きゅーびー号。車体のペイントは、九尾狐の「きゅーびー」!
きゅーびー号。車体のペイントは、九尾狐の「きゅーびー」!


那須高原を観光するなら、きゅーびー号の1日フリーパス券がおすすめ!

きゅーびー号は、1周約28キロの周遊ルートを巡回しています。周遊するルートには、関東を代表するテーマパーク型の動物園「那須サファリパーク」や、サルだらけで珍しい「那須ワールドモンキーパーク」などメジャーな施設にくわえ、「お菓子の城 那須ハートランド」「チーズガーデン那須本店」など、お土産を買うのにぴったりなお店が。

朝9時から夕方の17時まで、1日に11本、おおよそ45分間隔で運転されているので、次のバスの時間まで見学や買い物をしていくと意外にもあちこち巡れちゃいます。安く、効率的に、いろいろ見て周りたい人に、ぴったりの乗り物なんです。

きゅーびー号の1日フリーパス券はおとな1枚1,000円(こども500円)。1日乗り放題になるだけでなく、さらに停車場所の各施設やホテルの立ち寄り温泉入浴で割引特典も受けられるお得な切符となっています。
一回乗車券は500円なので、2回以上乗る場合にはフリーパスを買うのがおすすめ。


きゅーびー号

■運行時間:9:00-17:23
■運賃:1回乗車券 おとな・こども500円/1日フリーパス券 おとな1,000円 こども500円
■1周の所用時間:約1時間19分

那須町観光ガイド 那須高原観光周遊バス「きゅーびー号」


きゅーびー号で巡れる! 那須高原のおすすめ観光スポット

さて。ここからは「きゅーびー号」に乗って巡れる、おすすめ観光スポットをいくつかご紹介します!


▼那須高原観光周遊バス「きゅーびー号」で巡れるおすすめスポット
(クリックすると、それぞれの紹介部分までスキップします)

1:きゅーびー号の起点は 「道の駅 那須高原友愛の森」
2:日本最大規模の 「那須ステンドグラス美術館」
3:館長さんの個人的な熱意で作られた「人力車&昭和レトロ館」
4:滝のある釣り堀として人気の 「那須高原 清流の里」
5:独特の入浴方法が特徴的な 「那須温泉元湯 鹿の湯」


1:道の駅 那須高原友愛の森

 
1日フリーパス券は「新那須」以外の停留所でも購入可能で、どこからでも乗り始められるシステムですが、起点となっているのは「道の駅 那須高原友愛の森」です。

那須高原友愛の森
那須高原友愛の森


道の駅 那須高原友愛の森は、広い敷地のなかで買い物、食事、体験のできる複合施設。併設されている「観光交流センター」では、那須のさまざまな観光情報を知ることもできます。

地元食材を使用した料理が人気の「なすとらん」
地元食材を使用した料理が人気の「なすとらん」
ふれあいの郷直売所や民芸館などもあります
ふれあいの郷直売所や民芸館などもあります

新宿から「那須・塩原号」に乗って那須高原にやって来て、そのまま観光を始める方は「友愛の森」で降りるのがよさそう。

友愛の森には、那須の食材をふんだんに使った料理が食べられるレストラン「なすとらん」もあるので、腹ごしらえもできちゃいます。

道の駅 那須高原友愛の森

栃木県那須郡那須町大字高久乙593-8 Google Map
0287-78-0233  4月~9月 8:00-18:00・10月~3月 9:00-18:00 定休日なし
※施設・時期によって異なる
公式サイト


2:那須ステンドグラス美術館

 

那須ステンドグラス美術館 外観
那須ステンドグラス美術館 外観
美術館内のステンドグラス
美術館内のステンドグラス

那須ステンドグラス美術館の建築は、イギリスのマナーハウス(貴族・名士の邸宅)をモチーフにしたもの。希少価値の高いステンドグラスも多く、日本最大規模のステンドグラス美術館として知られています。
1日フリーパス券を提示すれば入館料が100円引きに。

ここで毎日、パイプオルガン演奏があります
ここで毎日、パイプオルガン演奏があります
隣接する「教会」は見学無料。こちらにもステンドグラスが!
隣接する「教会」は見学無料。こちらにもステンドグラスが!
緑に囲まれた敷地内は心地よい雰囲気
緑に囲まれた敷地内は心地よい雰囲気
緑に囲まれた敷地内は心地よい雰囲気

那須ステンドグラス美術館

栃木県那須郡那須町高久丙1790 Google Map
0287-76-7111 9:00-17:30(11月〜03月は9:00-16:30) 定休日なし
入館料:おとな 1,300円・中高生 800円・小学生 500円・幼児 無料・シニア 1,000円・障がい者 700円
公式サイト


3:人力車&昭和レトロ館

 

人力車&昭和レトロ館 外観
人力車&昭和レトロ館 外観

人力車と昭和レトロという不思議な組み合わせが面白い、見て、触って、体験できるミュージアムです。きゅーびー号の1日フリーパス券を提示すると、ジュークボックスの音楽を一曲選んで流せる特典あり。

レトロな街並みを再現。昭和の時代にタイムスリップ!?
レトロな街並みを再現。昭和の時代にタイムスリップ!?
人力車&昭和レトロ館

館長さんが個人的な熱意によってつくった個人ミュージアムということで……ア、アツい!

じゃーん。この方が館長さんです
じゃーん。この方が館長さんです

館長さんがいるときは、末広がりの歌舞伎のポーズを要所要所でキメながら、世界と日本の人力車の解説をしてくれます。歴代の人力車が揃ったミュージアムは日本で唯一ココだけとのこと!

ずらっと並ぶ年代物。日本の人力車たち
ずらっと並ぶ年代物。日本の人力車たち

各国の人力車に乗って写真撮影もできますー
各国の人力車に乗って写真撮影もできますー

人力車&昭和レトロ館

栃木県那須郡那須町大字高久甲字西山5805-22 Google Map
0287-74-5333 9:00-17:30 不定休(1月〜3月は臨時休業あり)
入館料:おとな(高校生以上) 1,000円・こども(小中学生) 600円・小学生未満 無料・障がい者 600円
公式サイト


4:那須高原 清流の里

 

清流の里 外観
清流の里 外観
清流の里

滝のある「釣り堀」で人気なのがこちら。フリーパス券の提示で、通常200円の釣り竿セットを無料で貸してもらえます。楽しく釣りをして、釣った魚のグラム分の料金と焼き代を払えば炭火で焼いてもらえ、すぐに食べられますよ! 手打ちうどんやそば、定食が食べられる食堂も併設されています。

ニジマスとイワナがいるので、イワナを狙え! とのこと
ニジマスとイワナがいるので、イワナを狙え! とのこと

釣れました!
釣れました!

焼いてもらって、いただきまーす
焼いてもらって、いただきまーす

那須高原 清流の里

栃木県那須郡那須町高久乙2714-2 Google Map
0287-78-0337  釣り堀:9:00-日没 食事:11:00-16:00 木曜定休
料金:竿代 200円・魚代 270円/100g・わたぬき(内臓を出す作業) 100円/1匹・焼き代 250円/1匹
公式サイト


5:那須温泉元湯 鹿の湯【最寄り停留所:那須元湯温泉・那須町観光協会前】

 
那須に来たら一度は入っておきたいのが「元湯 鹿の湯」。約1300年前に開湯されたと言われている、歴史のある温泉です。

元湯 鹿の湯の最寄りは観光協会のある停留所
元湯 鹿の湯の最寄りは観光協会のある停留所

停留所から徒歩数分ほどのところに「鹿の湯」が
停留所から徒歩数分ほどのところに「鹿の湯」が
停留所から徒歩数分ほどのところに「鹿の湯」が

泉質はばつぐん。一般的な立ち寄り湯とは違って体を洗う場所はなく、41・42・43・44・46・48℃(女湯には48℃はなし)の6種類の浴槽から好きな温度を選んで最高4回まで入浴するという、独特な入浴法が特徴です。

「元湯 鹿の湯」ではフリーパス券の特典はありませんが、「那須町観光協会窓口」と「友愛の森」で50円引きの入浴券が販売されています。

また「元湯 鹿の湯」のそばには、那須温泉の源泉や荒涼とした風景の広がる「賽の河原」、「殺生石」などの名所もあって、散策を楽しむことができます。

元湯 鹿の湯から少し上流へ歩くと源泉がある
元湯 鹿の湯から少し上流へ歩くと源泉がある
元湯 鹿の湯から少し上流へ歩くと源泉がある
千体地蔵などのある賽の河原を通っていくと殺生石が
千体地蔵などのある賽の河原を通っていくと殺生石が
千体地蔵などのある賽の河原を通っていくと殺生石が

那須温泉元湯 鹿の湯

栃木県那須郡那須町湯本181 Google Map
0287-76-3098  8:00-18:00(最終受付17:30) 定休日なし
料金:おとな(中学生以上) 400円[土日祝は500円]・こども(小学生) 300円・幼児 無料
公式サイト


これ以外にも、まだまだたくさんの観光スポットがある、那須高原。
高速バスときゅーびー号を組み合わせて、次のお休みにでも、行ってみませんか?


※本記事は、2018/07/23に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • 予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 12月 1月
    2,700円 2,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング12/3~12/9のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ