東京・バスタ新宿から那須温泉まで約3時間◎ 東野交通の高速バス「那須・塩原号」乗車体験記! ロープウェイからの絶景も | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

東京・バスタ新宿から那須温泉まで約3時間◎ 東野交通の高速バス「那須・塩原号」乗車体験記! ロープウェイからの絶景も

東野交通の高速バス「那須・塩原号」に乗って、バスタ新宿から那須温泉へ。本記事では、車両の設備や途中で立ち寄ったサービスエリア情報をお届けします。座席の間隔が広めにとられているので、片道約3時間の道のりも快適でした。温泉のついでに、那須ロープウェイにも乗ってきましたよ!

ざっくり、こんな乗車体験記

  • 那須・塩原号に乗ってバスタ新宿から塩原温泉へ
  • 足元ゆったりのシートで快適移動
  • 那須ロープウェイにも乗ってきました!


東京から温泉地の那須温泉に3時間ほどで行けちゃうバス、「那須・塩原号」に乗ってきました!

「那須・塩原号」は、東野交通とJRバス関東が共同で運行する高速路線バス。現在、バスタ新宿から1日5便(土日は6便)がでています。そのうち那須の観光地や那須温泉へ停車するバスは、1日4便。

今回はバスタ新宿を9:50に出発する「那須・塩原3号」に乗りました。平日は、この便が一番早く那須温泉に着きます。

乗り場はA3。待合室から一番近いエリアで、すぐそばにトイレもあって安心です
乗り場はA3。待合室から一番近いエリアで、すぐそばにトイレもあって安心です

今回乗車するのは、目立つラッピングバス!
今回乗車するのは、目立つラッピングバス!
ラッピングバス


足元ゆったりなシートが嬉しい! 那須・塩原号の車内設備

車内設備は、乗車時間が短いこともあってか、コンセントがついていません。また、フットレストや真ん中のアームレストもありませんが、11列で足元がゆったりしているうえ、クッション性がよい座席なので、快適な乗り心地でした。

車内はこんなかんじ
車内はこんなかんじ
リクライニング角度はこれくらい。たっぷり倒せます
リクライニング角度はこれくらい。たっぷり倒せます
ほどよいクッション性!
ほどよいクッション性!
荷物棚
荷物棚
トイレがあるので安心です
トイレがあるので安心です
7 (2).JPG

東野交通の高速バスには「みちのり」という車内誌があります。この車内誌は、みちのりグループに所属するバス会社のすべての高速バスで用意されているもの。グルメや観光情報が取り上げられているので、到着までの空いている時間にパラパラ読んでみるのもいいですね。

そのほか、フリーWi-FIサービスがあるのもうれしい!

車内誌「みちのり」は座席前のネットポケットに入ってます
車内誌「みちのり」は座席前のネットポケットに入ってます
Wi-Fiも使えます
Wi-Fiも使えます


いざ那須・塩原号に乗ってバスタ新宿から那須温泉へ!

バスタ新宿からは、10人ほどが乗車。定刻通りに出発して、もうひとつの乗車場所「王子」へ向かって、一般道を走っていきます。

ああ、大都会。昼のバスは車窓を眺めていると飽きないのです。

モノレールのある、飛鳥山公園を通りました
モノレールのある、飛鳥山公園を通りました

定刻ぴったりの10時25分に「王子」へ到着。ここでも10人ほどが乗車しました。

バス停はこんな感じです
バス停はこんな感じです

この後、首都高と東北自動車道を通って、一路、那須・塩原方面へ。

車内ではテープによる、道順、休憩、停車場所などの丁寧なアナウンスがありました。また、台風が近づいている日だったためか、首都高へ入ると「風が強いため、横揺れすることがあります」と運転士さんからのアナウンスも。

さいわい、あまり横揺れはしませんでしたが、事前のアナウンスのおかげで驚くことなく乗っていられました。

道中、エンドレスで那須の観光紹介映像が。
道中、エンドレスで那須の観光紹介映像が。

途中の休憩は一回。11時20分に着いた「佐野サービスエリア」で、10分ほど停車しました。

大きなサービスエリア
大きなサービスエリア
佐野といったら佐野ラーメン!?
佐野といったら佐野ラーメン!?

トイレの入り口に人がたくさんいると思ったら……
トイレの入り口に人がたくさんいると思ったら……

ツバメの巣がたくさんありました!
ツバメの巣がたくさんありました!
15 (2).JPG

東北自動車道を降りてからは、「お菓子の城」「友愛の森」「ホテルエピナール那須」「一軒茶屋」「ホテルサンバレー那須」「新那須」「仲町」「那須温泉」とたくさんのバス停を巡っていきます。

降りるときは押しボタンで
降りるときは押しボタンで

車内のモニターに表示されます
車内のモニターに表示されます

「ホテルエピナール那須」「ホテルサンバレー那須」には、玄関横付けで停車。ホテルまで直行でき便利なので、人気も高いようです。各ホテルで4、5人の方たちが下車していきました。

玄関横付け!
玄関横付け!
車内には「ホテルエピナール那須」の冊子も入っていました
車内には「ホテルエピナール那須」の冊子も入っていました

「仲町」を過ぎ、どんどん坂を上がってゆき、終点の温泉街「那須温泉」へ。定刻の13時10分よりも数分早く着きました。

着きましたー
着きましたー

高速バスで行くとお得? 他の交通アクセスと比較すると…

新幹線で東京から那須塩原駅へ向かう場合の料金は約6,000円。到着までの所要時間は1時間10分ほどです。新幹線は那須塩原駅へ早く着くものの、そこから那須温泉や観光地に向かう場合は、さらに路線バスに乗らなければなりません。

鈍行の場合、那須塩原駅までの料金は少し安く2,500円ほどで、駅までの所要時間はバスとほとんど同じですが、乗り換えが大変ですし、やっぱり駅からは路線バスに乗らなければなりません……。

そう考えると、観光地やホテルなど停車地が豊富なうえに、乗り換えなしで安く快適に移動できる那須・塩原号は、とっても使い勝手がよく、値段も「那須温泉」まで片道3,390円と安いのが魅力です。

ちなみに、ネット割引(高速バスネットで購入)を適用すると片道料金が3,220円に。また往復購入の場合は通常料金が6,070円で、さらにネット割引が適用されると5,770円になるので、これらをうまく利用するのがよさそうです。


那須温泉に来たら乗っておくべき「那須ロープウェイ」

このバスに乗ったら、行きたくなる……!
ということで「那須ロープウェイ」に乗ってみました。

那須ロープウェイの文字!(春・夏)
那須ロープウェイの文字!(春・夏)

秋

冬!
冬!

行き方は「那須温泉」バス停から、那須・塩原号と同じ東野交通の路線バス「山麓行き」に乗って「那須ロープウェイ」で下車。路線バスは片道15分、1時間に1本ほどの運行です。

高速バスについていた「みちのりフリーWi-Fi」サービスは、一般路線バスや那須ロープウェイの山麓駅・山頂駅でも利用できます。どこでもネットが繋がりやすいので、とっても便利!

路線バスで坂道をどんどん登っていく
路線バスで坂道をどんどん登っていく

着いた!
着いた!

創業1962年と歴史のある那須ロープウェイは、那須の主峰で関東屈指の活火山・茶臼岳の7合目から9合目をつないでいます。山麓駅から山頂駅までは約4分。
めちゃくちゃ気軽に、那須高原を眼下に見渡す絶景を楽しむことができるのでした。

関東最大! 111人乗りの巨大ロープウェイで空中散歩
関東最大! 111人乗りの巨大ロープウェイで空中散歩
山頂からの景色
那須高原を眼下に見渡す
那須高原を眼下に見渡す
関東最大! 111人乗りの巨大ロープウェイで空中散歩
マルバシモツケが咲いていました
マルバシモツケが咲いていました
ロープウェイ山頂駅

秋は紅葉、春夏は高山植物。夏は雲海が見えることもあるそうで、春夏秋、それぞれの景色を楽しめます。「那須温泉」で下車された方は、足を伸ばしてみるのもおすすめですよー!


※本記事は、2018/07/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • 予算1万円で楽しめる旅をたくさん書きました

    バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ

    かとうちあき

    双葉社 ISBN:9784575307368

    1,296円(税込)1,200円(税抜) 送料無料

    この記事を書いたライター

    かとうちあき

    「野宿野郎」編集長(仮) 30代 / 女性

    1980年神奈川県生まれ。野宿旅行に憧れた中学時代を経て、高校一年生でめでたく野宿デビュー。以後、順調に野宿を重ね、人生をより低迷させる旅コミ誌「野宿野郎」の編集長(仮)&社長(自称)。著書は『野宿入門』(草思社文庫)と『野宿もん』(徳間書店)『バスに乗ってどこまでも』(双葉社)。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    2,700円 2,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/8~10/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ