54年の歴史に幕「関電トンネルトロリーバス」300型を1/150スケールに! 「鉄道コレクション」で2018年10月発売 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

ニュース

54年の歴史に幕「関電トンネルトロリーバス」300型を1/150スケールに! 「鉄道コレクション」で2018年10月発売

トミーテックの人気模型シリーズ「鉄道コレクション」で、関電トンネルトロリーバスが製品化される。種類は2種類で「トロリーバス 300型」の前面に関西電力の社紋が輝く通常塗装バージョンと、黒部ダムのキャラクター「くろにょん」が描かれた2018年ラストイヤーラッピングバージョン。

関電トンネルトロリーバス 300型が「鉄コレ」に登場!

トミーテックの人気模型シリーズ「鉄道コレクション」で、関電トンネルトロリーバス 300型を2018年10月に発売する。

長野県の扇沢駅と富山県の黒部ダム駅を結ぶ「関電トンネルトロリーバス」は、1964(昭和39)年から開業している。現在の車両は3代目の300型。トロリーバスは2019年から電気バスに置き換えが決定しているため、11月30日(金)に54年の歴史に幕を閉じる。

今回製品化されるのは、前面に関西電力の社紋が輝く通常塗装と黒部ダムのキャラクター「くろにょん」が描かれた2018年ラストイヤーラッピングの2種類。

また「ザ・バスコレクション」から、大糸線信濃大町駅と扇沢駅を結ぶ、北アルプス交通の三菱ふそうエアロエース 「信濃大町~扇沢線」もあわせて製品化される。

すべて動力は鉄コレ用ではなく、バスコレ専用動力BM-03。

オリジナル仕様
オリジナル仕様
ラストイヤーラッピング仕様
ラストイヤーラッピング仕様

北アルプス交通 信濃大町~扇沢線
北アルプス交通 信濃大町~扇沢線


商品

・鉄道コレクション 関電トンネルトロリーバス 300型(1,800円)
・鉄道コレクション 関電トンネルトロリーバス 300型 ラストイヤーラッピング(1,800円)
・ザ・バスコレクション バスコレで行こう10 北アルプス交通 信濃大町~扇沢線(1,200円)

※1/150スケールNゲージサイズ 塗装組立済 オープンパッケージ 

ニュースソース

トミーテック 2018年11月30日 54年の歴史に幕 関電トンネルトロリーバス製品化!


※本記事は、2018/06/17に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 5月 6月
    1,500円 1,800円
    1,500円 1,800円
    1,900円 1,750円
    1,800円 1,900円
    1,700円 2,070円
    2,000円 2,330円
    4,200円 5,400円
    7,900円 8,000円
    1,400円 1,700円
    3,300円 3,600円
    1,400円 1,700円
    1,900円 1,750円
    1,800円 1,770円
    1,600円 2,070円
    1,830円 2,330円
    4,400円 5,400円
    7,900円 8,300円
    3,300円 3,600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ