イーグルライナー(北海道中央バス)で札幌から知床へ!早朝着→朝食バイキング+温泉→知床五湖ツアーを満喫 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by 夜行バス比較なび

乗車体験記

イーグルライナー(北海道中央バス)で札幌から知床へ!早朝着→朝食バイキング+温泉→知床五湖ツアーを満喫

29,850view

【夜行バスの乗車体験漫画】札幌から知床まで、北海道中央バスのイーグルライナーで向かいました。早朝到着の夜行バスなので、知床第一ホテルで早朝から温泉+朝食バイキングを楽しみ、知床五湖ネイチャーツアーに参加し、知床の大自然をたっぷり体感!

ざっくり、こんな移動

  • 札幌→知床へ北海道中央バスのイーグルライナーで約7時間半、往復15,430円だった
  • 知床第一ホテルでウトロを一望できる温泉+豪華朝食バイキングのセットが2,500円だった
  • ガイドさん付きの知床五湖ネイチャーツアーでエゾシカ、キタキツネに遭遇

東京からLCCで札幌へ!小樽観光編

北海道で夜行バスに乗る!札幌発イーグルライナーと知床五湖ネイチャーツアー!

知床のウトロまで夜行バスで約7時間30分の旅がここから始まります

バスターミナルからは北海道おあちこちに夜行バスが旅立って行きます。函館にも便があるんだ!そっちも行って見たい!

イーグルライナーの車内はこんな感じの3列。トイレ付でゆったりです!

一番うしろの席で、お隣もいなくて超リラックス!ありがたい!椅子も座りやすくてクッションも程よく座り心地ナイスです。

座席には、知床に関するパンフレットや冊子、ラジオを聴くためのヘッドホン、スリッパ、ひざ掛けなどがあります!

椅子の背もたれにはこのように椅子の使い方の詳しい説明がありました。

あれっ?この椅子コンセントがどこにも無い!?

車内で充電できないのは想定外。ウトロに着いてからも充電のあては無い。これは困った!

あの…コンセントはないんですか?-私が大変に困っている様子をかもし出していたのか、乗務員さんは-

お困りなんですね…運転席にひとつだけあります。コンセント。…なんという神対応!

翌日からの知床五湖を回るのに、バッテリーがないと本当に大変辛い事態になるところでした。助けていただいてありがとうございました!

途中、運転手さんの交代で停車してる時はありましたが、そのほかは特に気がつくこともなく、すやすやと気持ちよく眠りました。

亀そっくりの岩が見えてきたら、まもなくウトロに到着です。

大変よくしていただいたイーグルライナーと、知床第一ホテルでお別れです。ありがとうイーグルライナー!

バスの降車地はほかにもいくつかあったのですがこちらを選んだ理由がございます!

知床第一ホテルでは、イーグルライナーで到着した方のために、「入浴と朝食バイキングプラン」が、あるからなのです!ホテルの宿泊プランなどには記載が無いのですが、直接電話で予約したりホテルのHPからメールで問い合わせたりすれば利用可能です!料金は2015年5月時点で2500円でした!

なんと浴場の床は翡翠(ひすい)を使っているという豪華なそして広い湯船!

露天風呂から、ウトロが一望です。天気はあいにくの曇天でしたが気持ちのいい朝風呂!

そして風呂上がりにはバイキング!

以下の沖漬やタラコがめちゃめちゃ美味しくて、いわゆる数を出せばいいんでしょう的な、にぎやかしのおかずが無い!なんでもうまかった!牛乳さえも美味しいー!

そしてホテルのロビーでお迎えを待ちます。

この日は、知床五湖をめぐるべく知床オプショナルツアーズSOT!さんにガイドを申し込んでいたのです!知床五湖の森に入るにはいくつかの約束事があります。

5月10日から7月末まではヒグマの活動期で、登録引率者が引率するツアー限定で遊歩道に入ることが出来ます。高架木道という木でできた遊歩道は無料で自由に見学できます。

SOT!さんや、知床五湖のHPでネイチャーツアーに参加する上での気をつけてほしい服装やお菓子やジュースの持ち込み禁止等森に入るために気をつけた方がいいことなど記載されていますので検索して読んでくださいね!ハチがよりつかない白っぽい服がオススメですってよ‼

ガイドさんにピックアップしてもらって、知床五湖に向かいます。まずはフィールドハウスで、森の中に入るためのレクチャーを受けなければなりません。これは、森に入るには必ず受講しなければなりません!難しいことはなくて、自然の中を歩くなら気をつけようってことと熊いるよ、ってことですね。

あ、そうそう森の中にはトイレはないですよ!遊歩道に入る前に済ませておかないと大変です!最大で10人までのグループで森に入って行きます。前後のグループとは10分程度の時間差があるので、大勢で連なっていくことはありません。

森に入って少し歩くと早速エゾシカと遭遇!あせってうまく撮れませんでした!

はい、皆さんちょっと注目してくださーい!えー、ここにあるのが!

熊のうんちです!だいたい三日くらい前のものですねー!

この、育ちすぎたチンゲンサイみたいな葉っぱは水芭蕉が大きくなった姿!この水芭蕉の根っこが熊の好物なんだそうです!群生地はバイキング会場みたいなものなんだねー!

キタキツネにも遭遇!すたたっ、と通り過ぎただけですがなんだか感動しました!

知床の森の成り立ちや、動物のこと、植物のこと、面白いたとえ話、様々に解説をしてもらいながらの遊歩道のツアーは、3時間ほどだったのですがあっという間でした!

ツアーの最後のころに風が強くなり雨もぱらついてきたので…。「もう高架木道では私の声が聞こえないでしょうから解説はここまでにします!ありがとうございました!」

知床五湖、高架木道だけでも結構な距離がありますし無料で楽しめます!風の強い日は本当に大変だけど!

レクチャーハウスに戻ってSOT!の鈴木さんに今夜の宿まで送ってもらいます。ウトロ地区に宿泊すると送迎してもらえるのです。はくせいの熊があったのでちょっとなでさせてもらった。

車の中でも、色々なお話を伺ったのですが特に印象深かったのは自然保護と経済の厳しさ、それと、「昔も今も、いつの世も知床は熊が守っているのかもしれません」という知床の案内人の言葉。

ウトロにあるゴジラ岩を見たくて、宿ではなく町中で途中下車!

そしてすぐ近くにあった面白い名前の食堂「ウトロ漁協婦人部食堂」で昼ごはん。

ここの名物はうに丼らしいのですが、あいにく売り切れ。なので、ホッケ定食をいただきました!大き目のホッケがうれしい。

知床世界遺産センターで熊のかぶりもの遊んで道の駅を冷かして、そろそろ今夜の宿に向かいます。


今回の旅で訪れたお店・観光スポット

中央バス札幌ターミナル Webサイト
札幌市中央区大通東1丁目3番地 Google Map
011-231-0500 7:30-18:00(紋別号は6:30から受付) 

知床第一ホテル Webサイト
北海道斜里郡斜里町ウトロ香川306 Google Map
0152-24-2334 チェックイン15:00より チェックアウト10:00まで
日帰り入浴14:00-17:00 

知床オプショナルツアーズSOT! Webサイト
北海道斜里郡斜里町ウトロ香川67番地 Google Map
0152-24-3467 

知床五湖 Webサイト
北海道斜里郡斜里町遠音別村 知床五湖 Google Map
地上遊歩道17時まで 高架木道18:30まで

知床五湖フィールドハウス Webサイト
北海道斜里郡遠音別村斜里 Google Map
0152-24-3323 7:30-18:00

ゴジラ岩 Google Map

漁協婦人部食堂 食べログ
北海道 斜里郡斜里町 ウトロ東 117 Google Map
0152-24-3191 8:30-16:30 不定休

知床世界遺産センター Webサイト
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10 Google Map
0152-24-3255 夏季(4/20-10/20)8:30-17:30 冬季(10/21-4/19)9:00-16:30 
夏季:無休 冬季:火曜日

※本記事は、2015/08/25に公開されています。最新の情報とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

  • この記事を書いたライター

    海野やよい

    漫画家 女性

    ふだんは主に日記漫画や四コマ漫画を中心に活動しています。バスとりっぷでは「艦隊これくしょん」聖地巡礼シリーズをはじめとした体験漫画を描いています。「艦これ」以外もバスレポートや夜行バス旅行体験記で全国を精力的に飛び回ってレポートしていきます!

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    600円 600円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/9~10/15のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナルガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、夜行バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ