まさに神シート! 東京~和歌山・和歌山バス「サウスウェーブ」の豪華プレミアムシートに乗ってみた | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

まさに神シート! 東京~和歌山・和歌山バス「サウスウェーブ」の豪華プレミアムシートに乗ってみた

おいしい海産物やビフカツを満喫した和歌山旅。帰り道は、3列シートの料金にプラス1,000円で個室感覚が味わえる和歌山バスの「サウスウェーブ」プレミアムシートをチョイス。周囲のカーテンで寝顔・姿勢・服装を人に見られずリラックスでき、音やにおいも気にならない神シートでした!

ざっくり、「サウスウェーブ」はこんなバス

  • 車内にトイレがあり休憩がなくても安心! 落ち着いて寝られる路線
  • プレミアムシートの「個室感覚」は想像以上!
  • 高いオットマン+広いシート面積で乗車時間が長くても疲れ知らず

和歌山旅の帰り道は、3列シート席料金にプラス1,000円で乗れる和歌山バスの「サウスウェーブ」プレミアムシートをチョイス。実は1台あたり2席しかない、知る人ぞ知る個室風独立席なのです。

お隣さんへの気兼ねなし。ゆとりのある大きなシート、四方を囲んだカーテンで、寝顔・姿勢・服装を人に見られずリラックスできました。

ゴージャス環境なのにリーズナブル。次回もまた乗りたい、神シート発見です!


1台2席限定! 個室感覚が味わえるサウスウェーブのプレミアムシート

子パンダいっぱいのアドベンチャーワールドや熊野古道など、見どころいっぱいの和歌山県。グルメに観光にと楽しんだ帰り道、和歌山と関東を結ぶ和歌山バスの「サウスウェーブ」に乗車しました。

このピンクの車両が2012年に導入されたサウスウェーブ
このピンクの車両が2012年に導入されたサウスウェーブ

この路線は和歌山バスと成田空港交通が共同運行しています。基本は3列シートなのですが、和歌山バスの運行便のみ、1台につき2席限定の「プレミアムシート」があるのです。

通常の3列シート料金にプラス1,000円するだけで、余裕のあるスペースでゆったり過ごせるとの噂を聞いたことがあり、以前から気になっていました。今回、無事予約でき、噂のゴージャスシートを初体験できることに!

ちなみに、和歌山から東京までは8〜9時間の道のり。サウスウェーブは車内にトイレがあるため、道中SA・PAでのトイレ休憩がありません。

車内で人の移動が少なく、夜中起こされることがほとんどないため、落ち着いて過ごしたい人や、ゆっくり休みたい人にピッタリです。

南海和歌山市駅に掲示されていた路線図
南海和歌山市駅に掲示されていた路線図

サウスウェーブが和歌山から関東へ向かう際は、和歌山駅や南海堺駅など5つの停留所を経由。関東では、横浜駅、京成上野駅を経由してTDS・TDLへと向かいます。終点は海浜幕張駅。大阪駅や東京駅には停まらない、ちょっと珍しいルートなのです。

和歌山と上野、どちらも子パンダのいる動物園に近いという共通点がおもしろいですよね。


駅前に喫茶店なし!? 始発の南海和歌山市駅から乗車

南海電鉄の和歌山市駅。駅ビルは2020年まで工事中
南海電鉄の和歌山市駅。駅ビルは2020年まで工事中

始発駅である南海和歌山市駅に着いたのは、出発の1時間ほど前。どこかでお茶でも飲んで待っていようと思ったのですが、駅前はそこまでお店がありません。

サウスウェーブの始発・南海和歌山市駅のバス停
サウスウェーブの始発・南海和歌山市駅のバス停

見つかったのは、和歌山市駅を背に、ロータリーを挟んで向かい側にある居酒屋の白木屋と、その並びにあるセブン-イレブンくらい。

仕方ないので、駅から少し離れた飲食店・味一さんで、「国産牛ロースビフカツ」(1,100円)をいただき晩ごはん。和歌山市周辺では、とんかつやビフカツにかけるソースがデミグラスソースなのです。

メニューにはただ「とんかつ」「ビフカツ」と書かれているのに、デミグラスソースがたっぷりかかって出てくる
メニューにはただ「とんかつ」「ビフカツ」と書かれているのに、デミグラスソースがたっぷりかかって出てくる

セブン-イレブンでお茶を買い、駅前ロータリーでバスを待ちます。停留所に隣接して待合室があるので、寒い時は室内で待っていてもよさそうです。

観光案内所の裏が待合室になっている
観光案内所の裏が待合室になっている

定刻の5分前、21時10分にピンクのバスが静かにロータリーへ滑り込んできました。乗務員さん2人が迎えてくれ、スーツケースを預けます。荷物と引き換えに引換券を渡されました。

荷物を預けると数字の引換券がもらえる。荷物の取り違えが起こらず安心
荷物を預けると数字の引換券がもらえる。荷物の取り違えが起こらず安心

いざ、乗車。入口で名前を告げると「1Cです」と教えられ、バス最前列にある板で囲われた座席に案内されました。

車両中ほどから1A・1C席を撮影。通路側には板張りの壁が設置されている
車両中ほどから1A・1C席を撮影。通路側には板張りの壁が設置されている
1C席。手前の通路側が板の壁、背中側は上までカーテンで覆われている
1C席。手前の通路側が板の壁、背中側は上までカーテンで覆われている

プレミアムシートは乗車口すぐの1Aと、運転席後ろの1Cの2席のみ。マンガ喫茶の個室のような、板で囲われたスペースへ乗り込みます。

シートの上には、青い毛布と赤い三角の背あてクッション。シートは幅60cmとかなりの広さです。

「おおー!」と感動していると、乗客は筆者ひとりだったのでバスは発車準備に入ります。慌てて座席に座り、シートベルトを締めました。


ほぼ個室! ゴージャス環境がプラス1,000円で手に入る

さっそく、プレミアムシートの設備をチェックしてみます。

座席の前方にはオットマン(足乗せ用ソファ)が設置されています。そのサイドには、しっかりした作りのスリッパが。

高さのあるオットマンは、内部に靴を収納できる
高さのあるオットマンは、内部に靴を収納できる
レッグレストを引き上げれば、水平に近い状態に
レッグレストを引き上げれば、水平に近い状態に

前方の壁面には、ドリンクホルダーとカバンかけ。ポケットには2枚の説明書とビニール袋が入っています。

おばさん体形の筆者が座っても余裕のある座席
おばさん体形の筆者が座っても余裕のある座席
ポケットには2枚の説明書が入っている
ポケットには2枚の説明書が入っている

窓側の肘掛けの中にはテーブルがあり、通路側には100Vコンセントが1口。

プレミアムシートを上から見たところ
プレミアムシートを上から見たところ
窓側の手すりの中にはミニテーブル
窓側の手すりの中にはミニテーブル

肘掛け込みのシート幅は約80cm。純粋にお尻が入る部分だけでも60cmの幅があり、お尻のでっかいおばさん体形でもたっぷり左右に余裕があります。

背もたれは156度までリクライニング可能。後ろの席とはカーテンで完全に仕切られているので、最高角度まで倒しても何の気兼ねもありません。

プレミアムシートは、他の3列シートよりも余裕のあるサイズが最大の特長
プレミアムシートは、他の3列シートよりも余裕のあるサイズが最大の特長

プレミアムシートを外部から覗けるのは、入口のカーテン上部のメッシュ部分のみ。人の視線を気にしなくて済むので、ラフな格好で自由に過ごせるのもうれしい点です。

オットマンに足を乗せ、背もたれは常にフルリクライニングにすれば、おうちでごろ寝しているのと同じ感覚で過ごせます。

シートベルトのバックルは長さに余裕があるので、体格がいい人が座っていても太ももに当たらない。まさにプレミアム!
シートベルトのバックルは長さに余裕があるので、体格がいい人が座っていても太ももに当たらない。まさにプレミアム!

天井には照明が2つと、エアコンの吹き出し口が2つ。消灯後でも自由に点灯できます。荷物は手前のフックにかけるか、座席後部の棚に乗せても大丈夫。荷物量が多くても余裕があります。

天井には照明が2つ
天井には照明が2つ
座席後部の上には棚がある
座席後部の上には棚がある

トイレは車両中央にあり、使用状況は車両前方の時計横にトイレマークが点灯することでわかります。

サウスウェーブ車内にあるトイレ
サウスウェーブ車内にあるトイレ
トイレが使用中になると、前方のトイレアイコンが点灯する
トイレが使用中になると、前方のトイレアイコンが点灯する

トイレ内にはタオルも用意されている
トイレ内にはタオルも用意されている


余裕のある快適シートでリラックス旅を満喫

21時30分、JR和歌山駅前に到着。男女カップルと女性がひとり乗り込みます。JR和歌山駅前はにぎわっているので、駅前で時間をつぶしてからサウスウェーブに乗るのもよさそうです。

22時24分、定刻より少し早く泉ヶ丘駅に到着。ここはもう大阪府です。落ち着いた社会人風の男女が3〜4人乗車します。

ここで、隣の1A席にも女性が乗り込みました。周囲を気にせず過ごせるプレミアムシートは、女性に人気のようです。

大阪の堺駅前に着いたのは、定刻ちょうどの22時50分。ここで7人ほど乗り込み、車内はほぼ満席になりました。20〜30代くらいの乗客が多いのですが、なかには出張らしき年配男性2人組の姿も見られました。

プレミアムシートより後ろにある3列シート。全体的に余裕のある配置
プレミアムシートより後ろにある3列シート。全体的に余裕のある配置

関西最後の停留所に着いたのは、これも定刻どおりの23時。男性ひとり、女性3人が乗車します。聞き耳をたてると、京成上野や横浜、TDLといった行き先とおぼしきフレーズがきこえてきます。

乗客が揃うと車内アナウンスが流れ、車外に出るトイレ休憩がないことと、特に事故などなければ予定時刻より早く着く見込みだということが伝えられました。23時12分ごろには消灯していたと思います。


個室風シートでリラックスしてぐっすり

暗くなった車内。後ろの方からはいびきらしき音が聞こえてきますが、プレミアムシートでは周囲のカーテンや壁のおかげで音は気になりません。

ほぼ個室なので、消灯後でもメモを取るために電気を付けたり、スマホでメールを確認したりできます。好きなことをしていても周囲へ迷惑にならないのは非常にありがたいです。

コンセントでスマホの充電もばっちり
コンセントでスマホの充電もばっちり

そこまでまぶしくなければ、パソコン作業などもできそうです。作業中の光が周りへの迷惑にならないのはもちろん、パソコン画面を周りから覗かれる心配もありません。

そんなことを考えながら、まもなく眠りに落ちました。朝までの間にバスは何度か停車し、乗務員さんの交代休憩が行なわれていました。


休憩なしで約1時間近く早く東京に到着!

朝まだ暗い中、5時16分に車内の照明が点灯。5時22分には事前の案内通り、予定より50分も早く横浜駅(YCAT)に到着しました。

筆者も起きることにしましたが、体はかつてないほど快適。ゆっくり眠れたことと、足を上げていたのでほぼむくみがなかったことが大きかったようです。オットマンのおかげです。

50分も早く京成上野駅に到着。JR上野駅もすぐそこ
50分も早く京成上野駅に到着。JR上野駅もすぐそこ

6時11分には、筆者が下車する京成上野駅へ到着。定刻の7時より50分も早くつきました。背広のサラリーマンなど、8名ほどが一緒に下車します。

サウスウェーブは、これからTDS・TDLと海浜幕張方面へ向かいます。

予定よりも早い到着に驚きましたが、京成線もJR線も始発は過ぎているので移動に不自由することはありません。

拘束時間が長い長距離路線だけに、早めに到着したのはとてもありがたかったです。ただ、かつてないほど快適なシートだっただけに、もうちょっと乗っていたい気持ちもありました。

高速バスの個室風シートにはさまざまな選択肢がありますが、通常の3列シートにプラス1,000円するだけでほぼ個室になるサウスウェーブのプレミアムシートは筆者にとってちょうどよい選択でした。

足がむくみにくいオットマン、大きなお尻におばさん体形でも余裕あるシート、周囲を気にせずに済む個室風カーテン。サウスウェーブのプレミアムシートは、人の目が気になる人や体格のよい人にはぜひおすすめです。筆者も次回もまた利用しようと心に決めました。

※本記事は、2018/03/28に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    青葉みお

    編集者/ライター 女性

    ポイントやクーポンを愛用する、ホームセンターとスーパー、100円ショップが大好きな節約庶民派ライター。セールを活用した高速バス旅が得意で、旅先ではコミュニティバスを愛用。出先ではネットが手放せない体質なので、充電スポットと無料Wi-Fiにはうるさい。編集プロダクションnewsholic所属。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 3月 4月
    5,800円 4,000円
    5,800円 4,000円
    6,000円 4,500円
    8,160円 7,860円
    4,900円 4,400円
    4,900円 4,400円
    1,180円 1,180円
    6,900円 6,700円
    7,500円 5,500円
    7,500円 5,500円
    滋賀 → 上野
    --- 5,500円
    9,200円 6,400円
    8,500円 6,500円
    5,700円 5,700円
    その他の路線を見る

    週間ランキング3/11~3/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ