ANA×SBドライブ 2020年以降の自動運転バス実用化を目指し、羽田空港新整備場地区で実証実験を実施! | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

ニュース

ANA×SBドライブ 2020年以降の自動運転バス実用化を目指し、羽田空港新整備場地区で実証実験を実施!

全日本空輸(ANA)と、ソフトバンクグループのSBドライブは、空港における自動運転バスの実用化に向けた取り組みの一環として、羽田空港新整備場地区で実証実験を実施した。

自動運転レベル3・4に相当する実験を実施

全日本空輸(ANA)と、ソフトバンクグループのSBドライブは、空港における自動運転バスの実用化に向けた取り組みの一環として、羽田空港新整備場地区で実証実験を実施した。

38540595980_8577ee0037_o.jpg
38540597360_55ca603753_o.jpg


実験が行なわれたのは、羽田空港新整備場地区の公道約2.3km。

実施内容は、自動運転レベル3・レベル4に相当するもので、正着制御(バス停への横付け停車)や、加減速制御の活用による車内転倒事故の減少、乗り心地改善、遠隔運行管理システム「Dispatcher(ディスパッチャー)」を使用した遠隔操作の検証など。

実験には、先進モビリティが市販の小型バスをベースに改造した専用車両が使用された。

ANAとSBドライブでは、2020年以降の空港における自動運転バスの実用化を目指し、今後も段階的に実証実験に取り組んでいくとのこと。

ニュースソース

SBドライブ 空港における自動運転バスの導入に向けた取り組みを開始


※本記事は、2018/03/08に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を読んだ人にオススメ

    この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    なかのひと 

    「高速バス・夜行バスのお役立ち情報メディア」を運営しています。 これまで高速バスを利用したことがある人にもそうでない人にも、高速バスでの移動がより便利で快適な旅になるように、役立つ情報を日々お届けしています。 最新情報は、Twitter、facebook、LINE@でも配信中!「フォロー」「いいね」「友だち登録」をすれば、更新情報をいち早くキャッチできます。ぜひ、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    注目PICK UP

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 11月 12月
    1,500円 1,800円
    1,900円 1,800円
    1,900円 1,700円
    1,900円 1,800円
    1,800円 2,370円
    2,350円 2,550円
    5,500円 5,500円
    8,000円 8,500円
    1,600円 1,800円
    3,000円 3,500円
    1,700円 1,800円
    1,450円 1,700円
    2,000円 2,000円
    1,600円 2,370円
    2,350円 2,550円
    6,400円 5,500円
    8,000円 8,500円
    2,900円 3,500円
    その他の路線を見る

    週間ランキング11/11~11/17のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    人気の記事まとめ

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ