東京~成田空港間の高速バスを比較! ウィラー&京成バスの4列シートに乗ってみた | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

乗車体験記

東京~成田空港間の高速バスを比較! ウィラー&京成バスの4列シートに乗ってみた

東京から成田空港まで行く場合、高速バスを利用するのが便利でお得です。今回はウィラーの成田シャトルと京成バスの東京シャトルに乗車しました。行き帰りで乗り比べてみて、それぞれの特徴や違い、乗車してみた感想などをご紹介します!

東京から成田空港まで行く場合、高速バスを利用するのが便利でお得です。

現在、東京~成田空港の区間を運行しているバスは、主に以下の4便。

・京成バス  東京シャトル
・JRバス関東 THEアクセス成田
・ウィラー 成田シャトル
・東京空港交通 Airpot Limousine


今回はこの中から、往路はウィラーの「成田シャトル」、復路は京成バスの「東京シャトル」に乗車しました。

それぞれの特徴や違い、乗車してみた感想などをご紹介します!


出発は大崎バスターミナル。バス乗り場は大崎駅西口からすぐ

今回乗車するバスの発車時刻は朝の7:45。

大崎バスターミナルは大崎駅西口からすぐの場所にあり、駅の改札を出てから徒歩2~3分程度でたどり着けました。


ターミナルは思っていたよりも小さく、バスが3、4台停車できるぐらいのスペースです。

案内版を確認すると、7:45発のバスは1号車とのこと。

大崎駅西口バスターミナル
大崎駅西口バスターミナル
案内版
案内版


バス乗り場へ向かうと、既にバスが停車していました。
この車両は成田空港~大崎間を専門に走っているようで、車体に「成田空港~⇔大崎西口バスターミナル」の記載。

ウィラー「成田シャトル」
ウィラー「成田シャトル」
車体にも記載
車体にも記載


では、乗務員の方に名前を伝えてさっそく乗車します!


【ウィラー 成田シャトル】清潔感のあるシートに、USB&Wi-Fi付きで快適!

この日は平日の午前中ということもあり、利用人数は5、6名程度。
座席も自由に選ぶことができ、4列シートですが広々使えます。


車内は、木目の床に白色のシート。シートには、ウィラーのイメージカラーであるピンクのラインが入っています。とても綺麗で清潔感がありますね。

清潔感がある車内
清潔感がある車内
ピンクのラインが入ったシート
ピンクのラインが入ったシート


各座席にはUSBがついていたため、すぐにスマホを充電します。

USB
USB

降車用のボタンもピンク色。

降車ボタン
降車ボタン

また、車内にはフリーWii-Fiがあったので利用してみました。メールアドレス登録後、すぐに使うことができます。

Wi-Fiの表示


バスは定刻通り7:45に出発し、首都高環状線・湾岸線を経て、東関東自動車道へ。
全く渋滞しなかったため、20分前倒しで9:00に成田空港に到着しました。

成田第2ターミナルを経て、目的地の第1ターミナルで下車します。


【京成バス 東京シャトル】成田空港から東京へ1時間弱で到着

成田第1ターミナルで東京行きの高速バスチケットを購入

   
帰りの東京行きの高速バスチケットは、各ターミナルにある乗車券売り場で購入できます。

乗車券売り場
乗車券売り場
運賃は1,000円
運賃は1,000円

ここで京成バスのチケットを購入。行きのウィラーと同じく、成田空港から東京駅まで1,000円です。
(事前予約の場合は、900円になります)


USBの装備状況は車両によるので注意

   
乗り場へ向かうと、バスがやってきました。さっそく乗車。

京成バス「東京シャトル」
京成バス「東京シャトル」
4列シート
4列シート

行きと同じく、こちらも4列シート。オーソドックスな造りの車内だと思います。

USB・コンセントはなしで、フリーWi-Fiはあり。車内トイレ付きの車両でした。

ちなみに、もともとUSB付きとの記載があったのですが、装備状況は車両によって異なるようで、どの車両になるかは当日にならないとわからないとのこと。
スマホの充電が心配な人は、モバイルバッテリーを持参しておくほうが安心ですね。


乗車率は4割程度で、帰りも東京までゆったり。

16:10に成田空港を出発し、17:00には東京駅に到着と乗車時間は1時間弱。


まとめ 成田空港へのおすすめのアクセス方法

時間に余裕がある&第3ターミナルを利用する場合は高速バス

   
高速バスのメリットは、なんといっても料金が安いこと。多少時間が遅れる可能性があっても平気という場合は、バスがおすすめです。

また第3ターミナルへ行く場合、電車だと第2ターミナルから徒歩 or バスで移動が必要に。それがバスなら第3ターミナルまで直行できるため便利です。


東京⇔成田空港間の高速バス比較

では、高速バスはどの便が良いのか。
料金はどれも大差ないので、車内設備や乗降地で決めるのが良いと思います。

以下、各バス便の特徴や乗降地についてです。


○ウィラー  成田シャトル(大崎駅発)
・乗車時間が少し長い
・自宅が大崎付近に近くなければ積極的に選ぶ理由はない
・車内設備は充実で快適

○京成バス  東京シャトル(東京駅発)
・バス乗り場が東京駅から若干遠い
・USBが確実についてるのであれば一番おすすめ。しかし付いていない車両もある…

○JRバス関東 THEアクセス成田(東京駅発)
・乗り場が東京駅の八重洲口すぐなので、一番アクセスが便利
・コンセントは無いので、充電を気にしないのであればおすすめ

○東京空港交通  Airpot Limousine
・他のバス会社の運賃が片道1,000円程度なのに比べ、東京発着が3,100円と高め
・新宿、渋谷、池袋、吉祥寺、立川、八王子などなど、乗り場が豊富にあるため便利


以上、東京~成田空港間のアクセス比較についてでした。
成田空港を利用する際は、参考にしてみてください。


※本記事は、2018/01/22に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

  • この記事を書いたライター

    バスとりっぷ編集部

    中のひと 

    「高速バスの旅を応援するWebメディア」を運営しています。 これまでバスを利用したことがある人もそうでない人にも 「高速バス・夜行バスで、国内旅行を楽しもう!」をモットーに お楽しみいただける、役立つ情報をさまざま企画してお届けします。 最新情報は、facebook,twitterでも配信!「いいね」「フォロー」をすれば、 更新情報もいち早くキャッチできます。是非、ご利用ください。

    このライターの記事一覧

    このライターの最新記事

    関連キーワード

    今、あなたにオススメ

    最安値価格情報(高速バス片道)

    区間 10月 11月
    1,460円 1,460円
    5,890円 5,890円
    5,890円 5,890円
    2,800円 2,800円
    その他の路線を見る

    週間ランキング10/8~10/14のアクセス数ランキング

    さらに表示

    さらに表示

    最新記事

    主要バスターミナル周辺ガイド

    さらに表示

    個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

    さらに表示

    最新情報をSNSでチェック!

    バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

    ページトップへ