ツアー内容が斬新すぎる! 入棺&遺影撮影体験…アルピコ交通の「終活バスツアー」を徹底調査 | 高速バス・夜行バスの旅行・観光メディア [バスとりっぷ]

by バス比較なび

トピックス

ツアー内容が斬新すぎる! 入棺&遺影撮影体験…アルピコ交通の「終活バスツアー」を徹底調査

地元食材がふんだんな下部ホテルの昼食
地元食材がふんだんな下部ホテルの昼食

22 / 25

< >
ツアーは朝7時に松本駅をスタート!
乗車後まずは添乗員の中嶋さんが旅程を案内
ツアー参加者用のバッジを配布
2席+2席のシート
ミニテーブル
アームレスト
松本駅を出て30分ほどで「すが野法祥苑」に到着
式場に並べられた棺桶に興味津々
棺桶に入るというなかなかできない体験
フタをかぶせてもらうと、視界は真っ暗に
この日並べられていた3点の中で最も高価なお棺
フタには顔を見せるための小窓がある
意外と中はふかふか
左右の肩の位置や細かな顔の向きをプロのカメラマンが指示
ビデオや庵谷さんの解説で終活について学ぶ
参加者には詳しい資料が配布された
行き帰りともに八ヶ岳PAで15分の休憩
富士川の渓流に沿って身延山へ
身延山久遠寺の本堂
絢爛な五重塔
しんとした空気が漂う本堂で法話を聞く
地元食材がふんだんな下部ホテルの昼食
湯気立ち上る温泉で体を温める
ホテルには足湯も♪
できあがった遺影は参加者の良きおみやげに

この写真の記事を読む

※本記事は、2017/12/30に公開されています。最新の情報とは異なる可能性があります。
※バス車両撮影時には、通行・運行の妨げにならないよう十分に配慮して撮影を行っています。

この記事を書いたライター

鈴木翔

編集者兼ライター 30代 / 男性

面白いことが大好きな編集者兼ライター。仕事やプライベートで世界各地を旅しているのでバスは常に欠かせない交通手段。これまで最高だったバス旅は、ペルーのチチカカ湖周辺からボリビアのラパスまでの「インカの聖地ルート」。最悪だったのはラオス北部の村から世界遺産のルアンパパーンまでの「12時間耐久・山岳酷道ルート」。最近、中野区から勝どきに引っ越して、なんちゃってセレブ生活を満喫中。

このライターの記事一覧

このライターの最新記事

注目PICK UP

最安値価格情報(高速バス片道)

区間 5月 6月
1,000円 1,300円
2,000円 2,000円
3,600円 3,500円
3,300円 3,300円
4,800円 4,200円
2,200円 2,200円
2,000円 2,000円
1,500円 1,300円
500円 500円
4,650円 4,650円
1,030円 1,030円
3,190円 3,190円
その他の路線を見る

週間ランキング5/13~5/19のアクセス数ランキング

さらに表示

さらに表示

さらに表示

最新記事

主要バスターミナル周辺ガイド

さらに表示

個室型夜行バスも! 豪華・高級バス!

さらに表示

最新情報をSNSでチェック!

バスとりっぷは、バス比較なびが運営する、あなたのバス旅行を応援するサイトです。

ページトップへ